FX口座の選び方と必要な3つの知識

FX基本知識

 

 

副業でFXに挑戦中のタクトです。

これからFXで稼いでいきたいと思った時に、FXの会社は沢山あり、どこのFX会社で始めようか迷う方も多いでしょう。

 

私自身どこのFX会社で始めようかと悩み色々と調べていました。

そこで今回の記事では、

FX口座を選ぶ際のポイント

FX会社の選び方

・口座を開設する時に必要なもの

など、実際に私自身が色々調べてみて大切だと感じたポイントについてお伝えしていきたいと思います。

数あるFX会社からどの口座でFXを始めたらいいのか

FXを始める際に

・たくさん会社があってどこで始めていいのか分からない

・いろんな会社があって何が違うのか分からない

・口座を開設する際に必要な書類は?

などの疑問があると思います。

FXを始める際の口座選びは重要なポイントです。

 

大切なお金でFXを始めるのに口座選びで失敗したくないですよね。

 

口座選びで失敗しないためにも、是非今回の記事を最後まで読んでください。

今回の記事がFXを始める際の口座選びの参考になるでしょう。

特に今回の記事では、

・口座を開設する際のポイントについて

・取引コストとなるスプレット

・スリッページ

・取引する際の通貨量

などについて1から解説していきます。

FXの口座選びを適当にしてしまうと、取引コストが多くかかってしまい利益が残らないといった事も起こります。

 

同じトレード内容でもFX口座が違うだけで、残る利益が違うなら、より多く利益が残る口座でFXを始めたいですよね。

 

また、トレードスタイルによっても口座の選び方は変わります。

トレードスタイルいついてはこちらの記事で解説しています。

FXの3つのトレードスタイル『スキャルピング・デイトレード・スイングトレード』について

今回の記事を読み終わった後には、口座の選び方やポイントが分かるので、あなたにぴったりの口座を選べるようになっているでしょう。

FX会社の特徴や口座を選ぶ際のポイントとは

たくさんのFX会社がある中でどのFX会社を選ぶと良いのでしょうか?

FXを始めようと思った際に、口座選びは悩むポイントだと思います。

 

せっかく始めるなら、安心して使える口座で始めたいと誰もが思うはずです。

 

FX会社によって様々な特徴があります。

例えば、FX会社により取引する際の手数料(スプレッド)が変わってきます。

手数料が高いFX口座を選んでしまうと、1回あたりのトレードで得られる利益はその分少なくなります。

 

また、FX口座によっては取引する際の最低取引量が変わります。

最低取引量が変わる事で、FXを始める際に必要な資金が変わってきます。

 

そこで、FX会社を選ぶ前段階として

・最低取引量

・スプレッド

・スリッページ

以上の基礎知識3つについて順番に解説して行きます。

FX口座を選ぶ為にまずは知っておきたい3つの知識

最低取引量とは

FX口座により最低取引量というのが決まっており、FXでは1万通貨からの取引が基本です。

1万通貨からの取引ということは、

ドル円なら「1万ドル」

ユーロなら「1万ユーロ」

を取引するということです。

 

1万円分のドルや、1万円分のユーロではありません。

 

1ドル100円の場合のドル円の取引だと

・1万通貨=1万ドル=100万円

 

1ユーロ130円の場合のユーロ円の取引では

・1万通貨=1万ユーロ=130万円

を取引するということです。

 

実際にFXではレバレッジが使えるので、100万円や130万円の資金が必要というわけではありません。

 

1ドル100円の場合のドル円の取引では4万円程度で始めることができます。

レバレッジってなに?という方はこちら(記事準備中)

 

この最低取引量はFX会社によって異なります。

1万通貨からのところが多いですが、1000通貨から始めれるところもあります。

 

1000通貨では1万通貨の10分の1なので、1万通貨単位から取引のFX口座と比べ10分の1の資金で始めることができます。

 

1ドル100円の場合、ドル円の取引なら4000円から始められます。

取引通貨単位が1万通貨なのか、1000通貨単位なのかも、FX口座を選ぶ際は重要なポイントになります。

 

スプレッドとは

スプレッドとは「売値と買値の差」です。

スプレッド=手数料(取引コスト)となります。

 

スプレッドが実質FX会社の利益となり、私たちトレーダーにとってはコストになります。

 

FXで取引する際は以下のように「売り」と「買い」が表示されます

「売り」「買い」で価格が違いますよね。

売り=『112.455』

買い=『112.458』

と表示されています。

 

この売りと買いの価格差がスプレッドです。

真ん中の0.3がスプレッドです。(0.pips=0.003円)

pipsて何?という方はこちらの記事で解説しています。(準備中)

 

この取引コストとなるスプレッドは取引する通貨ペアごとに異なります。

また、FX口座によっても変わってきます。

 

その為、FX会社を選ぶ際はなるべくスプレッドの低い会社を選ぶと良いでしょう。

 

スプレッドの『原則固定』とは

FX会社のホームページなどをみていると、スプレッドについて「原則固定」など書かれているのを見ると思います。

 

スプレッドは0.pipsと表示されていても、実際には相場の変化により変わることがあるのです。

 

相場の急変などの場合は0.pipsからいきなり7.pipsに広がることもあります。

この原則固定というのは、「スプレッドは基本的には動かないけど、相場の状況によって変わる事もあるよ」という事です。

 

スリページとは

スリッページとは、注文を出した時の価格と約定価格の差の事です。

(買いや売りで注文を出し、注文が通ったことを約定と言います)

 

例えば、1ドル113.00円の時に「買い」で注文をだしたのに実際には1ドル113.03円で約定することがあります。

 

この注文と実際の約定価格の差をスリッページと言います。

 

相場は常に動いているので、注文から約定までのわずかな時間でも、価格差が出ることがあるのです。

 

スリッページは流動性が低い(取引量が少ない)時に発生しやすく、また、注文が殺到する重要な経済指標の発表前などにも発生しやすくなります。

 

しかし、注文する際にスリッページの幅を設定できるのでどうしても気になる場合は設定を変えるなどしての対策が必要です。

 

スリッページが発生しないFX口座は存在しません。

 

また、スリッページはFX会社によって発生しやすい等があるようですが、数値化して公表されているものではないので、実際に取引をしてみないと分かりません。

 

なので、口座を開設する際にはそのような口コミを見てみると良いでしょう。

 

FX口座を選ぶポイントはトレードスタイルによって変わる

口座を選ぶ際に重要なトレードスタイルについて

トレードスタイルには大きく分けて3つあります。

・デイトレード

・スキャルピング

・スイングトレード

それぞれのトレードスタイルによりFX口座を選ぶ際の重要なポイントが変わってきます

 

デイトレードやスキャルピングなど、1日に何回もトレードを繰り返すスタイルでは、スプレッドを重視します。

 

また、スイング投資や長期の投資の場合はスワップポイントが大きい所を選ぶ事が良いとされています。

 

デイトレードやスキャルピングの口座選びのポイント

デイトレードやスキャルピングではトレード回数が多くなるのでスプレッドの低いFX口座を選ぶのは必須です。

 

「でもスプレッドて数銭とかだし気にしなくていいでしょ」

と思っている方もいると思います。

 

しかし、このスプレッドを甘くみてはいけません。

例えば、スプレッドが0.pips(0.003円)の場合

1万通貨でのトレードでは1回のトレードで30円の手数料です。

1日50回のトレードを毎日(平日5日)する場合

1日で,500円

1週間で,500円

1ヶ月で30,000円

1年で36万円

にもなります。

 

スプレッド0.pipsは低い方なので、

仮にスプレッドが1pips(0.01円)だと

1日50回のトレードを毎日した場合

1日で5,000円

1週間で25,000円

1ヶ月で10万円

1年で120万円

と手数料だけでこんなにかかってしまうのです。

 

スプレッドが0.pipsの会社と1pipsの会社ではなんと

年間で84万円もの差が出ます。

 

絶対にスプレッドが低い会社を選ぶべきですよね。

スプレッドは取引回数が増えれば増えるだけ負担も大きくなります。

 

1回のトレードの手数料は低くても、積もり積もると大きな金額になります。

デイトレードやスキャルピングなどのトレードスタイルは1日の取引回数が多くなるので、必ずスプレッド低いFX口座を選ぶようにしてください。

 

長期投資の場合の口座を選ぶポイントとは

通貨の金利差を狙った長期の投資スタイルではスワップポイントが大きいFX口座を選ぶと良いでしょう。

 

トレード回数が少なく長期でトレードをするスタイルの場合は、スプレッドはあまり重要ではありません。(低いに越したことはありませんが)

 

長期でトレードする場合はスワップポイントが多くもらえる口座を選ぶのも1つのポイントです。

 

スワップポイントとは、通貨の金利差により得られる利益のことです。

スワップポイントについてはこちらの記事で詳しく書いてあります。

FXでどうやって稼ぐのか?FXで得られる2種類の利益について

 

通貨ペアの金利差で得られるスワップポイントもFX会社により変わってきます。

そのため、長期での投資を考えている場合はスワップポイントがより多く貰える口座を選ぶと良いでしょう。

 

これからFXを始める初心者の方がFX口座を選ぶポイント

初心者の方は1000通貨から取引できるFX口座がオススメです。

 

1万通貨からのFX会社が多い中1000通貨で取引できるメリットは多くあります。

その一つに少額からFXを始めることで損失を低く抑える事ができるという事があります。

 

1000通貨でのトレードでは、得られる利益は少くなりますが損失も抑える事ができます。

1ロットの取引で価格が1円動くと

・1万通貨だと1万円

・1000通貨だと1000円

の利益や損失になります。

 

このように1万通貨と1000通貨では、利益や損失が10倍も変わってくるのです。

 

FXでは勝てることもあれば負ける事もあります。

しかし、いきなり1万通貨から始めてしまい、思った以上に損失を受けてしまうと、なかなか立ち直る事が出来なくなってしまいます。

 

そのような事にならないように、これからFXを始める初心者の方には、いきなり1万通貨から始めるよりも1000通貨から始めることをオススメします。

 

1000通貨と1万通貨では10倍の差があります。

1万通貨で1回トレードしようと思えば、1000通貨では10回トレードする事も可能です。

 

10回トレードできるという事は、それだけ経験値を得る事ができるという事です。

 

実際に利益をあげる感覚や損失を受ける感覚を体験することはこれからFXで稼いで行くためには大きな経験になります。

 

そのような経験を沢山する事で、今後FXでお金を稼いでいく感覚をつかむ事が出来ます。

 

初心者の方は、いきなり1万通貨で大きく儲けようとするのではなく、はじめは1000通貨で「勉強」するという気持ちで始めるのが良いでしょう。

 

FX口座を開設する際に必要な書類とは

FX口座を開設する際に必要となるものはFX会社により異りますが、多くの場合は以下の書類が必要になります。

・運転免許証

・マイナンバー

 

運転免許証がない場合は

・住民基本台帳

・パスポート

・住民票

・印鑑証明

 

また、登録から取引開始までの流れは、以下のようなステップです。

FX会社により異なる部分があります)

ステップ1:口座開設フォームに必要な情報を入力

・名前

・住所

・生年月日など

 

ステップ2:必要書類の提出

・運転免許証

・マイナンバー

提出方法は

・写真をアップロードする

・もしくは郵送で送る

 

ステップ3:審査

だいたい申し込んでから1週間から2週間くらいでFX会社からログインのパスワードやIDが書かれた書類が届きます。

 

届いたIDやパスワードでログインをして取引に必要な資金を入金したらトレードが開始できます。

FX口座の選び方についてのまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

FX口座を開設する前の知識として以下の3つについて解説しました。

・最低取引通貨量はFX会社により異なる

・最低取引通貨量によりはじめに必要な資金が変わってくる

・多くの場合1万通貨単位や1000通貨単位から

・スプレッドとは「売値と買値の差」

・スプレッド=手数料(コスト)

 

スリッページとは

・注文を出した時の価格と約定価格の差

スリッページが発生しやすい時とは

・流動性が低い(取引量が少ない)時

・注文が殺到する重要な経済指標の発表前

 

FX口座を選ぶ時はトレードスタイルにより選ぶポイントが異なる

スキャルピングやデイトレード

・スプレッドを重視

 

スイングトレードや長期投資

・スワップポイント重視

 

これからFXを始める初心者の方は、1000通貨単位から取引できる口座がオススメ。

1000通貨単位から始めるメリット

得られる利益は数ないが損失が抑えられる

同じ資金でも多くのトレード回数をこなすことも可能

トレード回数を積むことで経験値を積むことができる

FX口座を作ってチャートを見ながら勉強しよう

これからFXを始めようと考えていてまだ口座を持っていないなら、今回の記事を参考にあなたにあった口座を探し登録してみてください。

 

FX口座を作る際にお金はかかりません。

また、すぐに入金する必要もありません。

 

FX口座を作ることで、チャートを見る事ができるようになる事で、チャートを見ながら勉強し、勉強したことを、実際に動くチャートを見ながら振り返る事ができます

そうする事で、FXの勉強の理解がより深まるでしょう。

 

⬆︎チャート画像(みんなのFX)

 

次の記事では実際に私が使っている『みんなのFXについて解説しています。

これからFXを初めて見たい方や、少ない資金からトレードを始めたい方にはオススメの口座です。

是非こちらの記事を参考にしてみてください。

記事準備中

FXで稼ぐのは簡単なことではありません。

しかし、しっかりと学び実践を繰り返すことで、今の収入を短時間で稼ぐことができる魅力がFXにはあります。

稼げるようになるまでには、大切なお金を失うこともあるでしょう。

 

できる限りリスクを抑えるためにも少ない資金から始める事が大切です。

そして、実戦を繰り返し、徐々に成長していきましょう。

いきなり大きく稼いでやろうなどと思わず、少しずつでも前進していくことが大切です。

まずは、今できる小さな行動を起こしていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント