【書評】話題のcis本『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んでみた

おすすめ本

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

今回の記事では話題の本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」を紹介したいと思います。

この本は、cis(しす)という伝説のトレーダーの初めての書籍となっています。

 

この本は帯にもあるように

『230億円稼いだ勝つ思考』

といったcis(しす)さん投資哲学が学べる本になっています。

 

cis(しす)さんがTwitterで発信する内容は多くの投資家に注目されていて、大きな影響力を持っている有名なトレーダーです。

 

また、この本は「投資哲学」とありますが、普段の生活やビジネスなどでも参考になる考えがたくさん詰まっています。

 

その為、投資を行っていない方でも参考になる部分は多くあるでしょう。

 

今回の記事では

この本がどのような本なのか

この本を読んで私が学んだこと

について書いていこうと思います。

本が気にはなっていたけどまだ買っていない方や、どんな内容なのか興味があるといった方は参考にしていただければと思います。

230億稼いだcis(しす)さんはどんな人?

cis(しす)さんは、2000年の21歳の時に300万円で株をはじめ、現在では230億円もの資産の持ち主です。

 

タイトルにある「一人の力で日経平均を動かせる男」というのは、誇張でもなんでもなく「ガチ」で、日経平均を動かすくらいの資金でトレードを行っている事も書かれていてます。

 

現在では230億円もの資産を持っているcis(しす)さんですが、投資をはじめた頃は、生活費を除きサラリーマンで得た収入は全て投資につぎ込んでいたそうです。

 

しかし、はじめから勝てていた訳ではなくトータルでの負け額は1000万円を超えていたそうです。

 

また、cis(しす)さんは、学生時代にはパチンコで200万円を稼ぎ、20歳の時には貯金が2000万円にもなっています。

 

その後2000万円のうち1000万円を競馬で失います。

 

学生時代からゲームギャンブルが大好きで、大好きなギャンブルやゲームを本気で取り組んだ結果、資産230億円というとてつもなく稼ぐ投資の哲学が作られたようです。

 

話題のcis本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」で書かれている内容

 

この本は以下の7章と付記で書かれています

 

第1章 本能に克てねば投資に勝てない

第2章 相場は仮説を生み出した人が勝つ

第3章 勝つための一歩は場と自分を冷静に見ること

第4章 職業・トレード職人

第5章 投資に必要なスキルはゲームで磨いた

第6章 億万長者になれたのは2ちゃんねるのおかげ

第7章 これから株を始めるなら

付記  ギャンブルを制すものは株を制す

 

第1章では投資での大切な考え方についてが書かれています。

 

投資では「順張り」が基本ということや、「損切り」について、なぜ「損切り」が難しいのかについて書かれています。

 

この章では、投資を行っていない方やはじめたばかりの方には少し難しいかもしれません。

 

第2章ではcis(しす)さんが株で大きな利益を得た経験を元に仮説を立てる大切さについて書かれています。

 

ここでは誰もが思いつかない仮説をどのように立てるかについて詳しく書かれています。

 

第3章では、cis(しす)さんが株で負け続けていた時に気づいた考え方についてが解説されています。

 

この後紹介しますが、私はこの章での考え方は投資を行う人にとって非常に参考になる考えだと思います。

 

第4章では、cis(しす)さんが投資の会社を立ち上げて感じた事、不動産投資を行って気づいた事などについて書かれています。

 

投資を人に教える難しさや、実際に教えても実行に移せない投資の難しさについて書かれていて、投資ではメンタル面が重要だということを再認識しました。

 

第5章では、cis(しす)さんの幼少期や学生時代などの過去についてが書かれてます。どのようにして、現在のcis(しす)さんの考え方が作られたのかが分かる章となっています。

 

この章では、ビジネスやギャンブルなど投資以外にも役立つ考え方が得られるでしょう。

 

私は、第3章とこの5章が非常に参考になり、今後大切にしたい考え方だと感じました。

 

第6章では、cis(しす)さんが投資で勝てるようになった出会いについてが書かれています。

230億円も稼げるようになったきっかけについて書かれています。

 

第7章では、「これから株を始めるなら」といったタイトルですが、株などの投資以外にも役立つ考え方を学べます。

 

ビジネスや商売または趣味をどうやって稼げるものにするかについての大切な考え方について書かれています。

 

cis本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」を読んで学んだこと

私がこの本を読んで特に参考になったのは第3章「勝つための一歩は場と自分を冷静に見ること」です。

 

第3章では、トレードで勝つ為の本質的な内容が書いてあります。

 

今や伝説のトレーダーのcis(しす)さんもはじめから稼いでいた訳ではありません。

 

トレードをしても負け続ける日々が続きます。

 

なぜ負け続けていたのかについて、第3章の中で「ぼくが負け続けていた理由」で詳しく書かれています。

 

一部抜粋すると

このころのやり方がダメだったのは、割安だという判断が主観に過ぎないのにそこに気づいていなかったこと

投資では自分の考えが正しいと思ってしまう事があります。

 

トレーダーとして難しいのは、自分の倫理を何度も否定していかなければならないこと

 

買った株が下がったら損切りするけど、そこから上がってきたらもう一度買うといった行為をどう取るか?

 

この部分は現在投資で勝てない人は非常に参考になる部分だと思います。

 

FXでも自分が損切りしたすぐ後に、価格が戻り「損切りしなければ、利益を上げれていたのに…」

 

などそのような場面に出会うことは多々あります。

 

しかし、そのような場面でどのような行動を起こすのか、どのようにするべきなのかについて自分の投資を考えさせられることになりました。

 

cis本は投資以外にも役立つ考えがたくさんある

この本には「投資哲学」とありますが、現在投資を行っていない方でも、ビジネスの参考になる考えがたくさんあります。

 

その為、現在投資をやっていないといった方にもオススメの本です。

 

また、ギャンブをされる方もcis(しす)さんの考えは参考になる部分も多いと思います。

 

この本に書いてある内容は、cis(しす)さんがギャンブルや投資を行う事で得た気づきや考え方について書かれています。

 

そのため、株式投資で解説されていますが投資以外に置き換えても重要な考え方が得られるでしょう。

 

「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」の書評まとめ

cis(しす)さんが、相場で、どのように考え、どう行動し、どう勝ってきたかについてがまとめられた本です。

 

投資で勝つ方法的なことは書いていないので、投資で勝つための手法が知りたい方はこの本は参考にならないでしょう。

 

しかし、投資に対する大切な考え方がたくさん書かれています。

 

そのため、現在投資を行っていて勝てていない方には参考になる部分もたくさんあるでしょう。

 

また、この本はcis(しす)さんについてプライベートなことや幼少期の事についても詳しく書かれています。

 

230億円もの資産を持つ人がどのような人なのか興味がある方も楽しめるのではないかと思います。

この本が気になった方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

現在、投資を行っていない方でも普段の生活や仕事に置き換えることで得られる考え方も多いでしょう。

 

投資以外についても役立つ考え方が得られる本なので気になった方は是非読んでみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

おすすめ本
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント