FXは危ない?FXでどうやったら借金になるのか?借金にならないための対処法

大切な考え方

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

これからFXをはじめようと思っている方やFXに興味がある方の中には、

FXは危ない

FXでは借金を抱えてしまう

などのイメージがあると思います。

 

そこで、今回の記事では

FXで借金になってしまう原因

FXで借金を作らないための対処法

などについてを書いていきます。

FX=借金で危険という負のイメージ

FXを始めたいけど

FXには借金のイメージがあって怖い

・何千万円も借金をしている人の話を聞いた

FXで人生終わったとよく聞く

など

 

FX=借金が怖い

といったイメージを持てっている方に是非読んで頂きたい記事です。

 

FX=借金といったイメージがついていますが、FXには借金にならないような仕組みがあります。

 

そのため、基本的にはFXで借金をしてしまうことはありません

 

しかし、基本的には借金になることはなくても、絶対に借金にはならないとは言い切れない理由があります。

 

FXで借金を抱えてしまわないためにも、今回の記事で、

FXで借金にならない仕組み

FXで借金になるパターン

FXで借金を背負わないための方法

についてしっかりと学んいきましょう。

FXでは基本的に借金になることはない!FXで借金にならない仕組みとは

FXでは借金にならない仕組みとして『強制ロスカット』があります。

 

強制ロスカットについてはこちらの記事でも詳しく解説しています⬇︎

FXで借金にならない仕組み『強制ロスカット』についてとロスカットに合わない為の回避方法

 

強制ロスカットとは、損失がある一定以上になるとそれ以上の損失を防ぐために、強制的にポジションを決済する仕組みの事です。

 

ポジションとは、ある通貨を保有している状態のことです。

 

例えば、1ドル100円の時にドル円を買った場合、ドル円の買いポジションを持つと言います。(売りから入った場合は売りポジションを持つと言います)

 

ポジションを持った場合は、決済の注文を行わない限り、常に通貨を保有している状態になります。

 

FXでは預けたお金にレバレッジをかけて取引を行います、この時預けたお金のことを証拠金と言います。

 

FXトレードでは、これから価格が上がると思ったら、「買い」これから価格が下がると思ったら「売り」の注文を行います。

 

もし予想と外れて反対方向に価格が動くと損失になります。

 

その際、ポジションを持っている状態で、予想と反対方向に価格がどんどん動いていくと、損失も拡大していきます。

 

損失が増えていった際に、一定以上の損失が出た時点で「強制ロスカット」が発動し、強制的にポジションが決済されます。

 

そのため預けたお金以上に損をすることは基本的ありません

 

追証とは

FXでは「追証(おいしょう)」といって追加でお金を入金しなくてはいけない仕組みがあります。

 

追加で証拠金を入金するので『追証』と言います。

 

どのような時に発生するかというと、

例えば、ある通貨を保有している状態で損失方向にどんどん価格が動いていったとします。

 

そして一定以上まで損失が膨らむと、強制ロスカットが発動すると先ほどお伝えしました。

 

この『強制ロスカット』の水準に達した場合、すぐに決済される場合と、強制ロスカットされるまでに時間の猶予がある場合があります。

 

FX会社により、一定以上の損失を抱えた際に、マージンコールといって注意喚起が起こり『追証』を求められることがあります。

 

追証を求められた場合、指定された期間内にFX口座に追加で入金する事で、強制ロスカットを回避することができます。

 

追証があるかないか、また、強制ロスカットまでの時間の猶予はFX会社によって異なります。

FXで借金になる4つのパターン

FXでは強制ロスカットがあるので、預けたお金(元本)以上の損はしない仕組みになっています。

 

しかし、FXで借金をしてしまった人の話を聞くことは多いですよね。

 

そこで、どうやったら借金になるのかについて解説していきます。

 

FXで借金を抱えてしまうパターンとしては以下の4つです。

・ロスカットが間に合わない場合

・ポジションを持ったまま週末を迎える

FX会社のシステムトラブル

・自ら借金を作る場合

それぞれについて解説していきます。

 

借金になるパターン1:ロスカットが間に合わない場合

強制ロスカットがあるので、預けたお金以上に損をしてしまうことは基本的にはありません。

 

しかし、例外もあります。

 

相場の急変により値動きが激しくなる事で強制ロスカットが間に合わない場合があるのです。

 

そのような場合、預けていたお金以上の損失を受けてしまうことがあります。

 

例えば、口座に10万円を預けている人が、強制ロスカットが間に合わずに、マイナス20万円の損失を受けてしまったとします。

 

そのような損失を受けた場合、

口座のお金10万円ー20万円=10万円

FX口座に10万円が不足している状態になります。

 

そのような場合は不足分を補うためにFX口座に10万円を入金しなければいけません。

 

実際に、強制ロスカットが間に合わない程の値動きは数年に1度くらいのペースで起こっています。

 

借金になるパターン2:ポジションを持ったまま週末を過ごす

FXでは、平日の24時間取引ができますが、土日はお休みになります。

 

しかし、為替が動く要因は平日だけに起こる訳ではありません

 

大統領選などの選挙やテロなどの事件、また地震などの自然災害などは為替の価格に大きく影響してきます。

 

そのような、ニュースが土日の間に起こった場合、月曜日の始めの価格は、金曜日の終わりの価格と大きく離れてはじまることがあります。

 

もし金曜日に持ち越したポジションがある場合、元本を超えてしまうくらいの損失が起こる可能性も0ではありません。

そのような場面に合わないためにも、週末にポジションを持ち越すのは極力避けた方が良いでしょう。

 

借金になるパターン3:FX会社のシステムトラブル

FX会社のシステムトラブルが起こった場合にも、元本を超えて損失になる可能性があります

 

FX会社のシステムトラブルにより取引ができない時に、相場が急変して元本を超えるほどの損失を受ける可能性もあります。

 

しかし、FX会社のシステムの不具合の場合は、FX会社が補填してくれる場合があります。

 

借金になるパターン4:自ら借金を作る場合

FXで借金を背負うパターンで1番多いのがこの『自ら借金を作る』パターンです。

 

これまでに3つ、FXで借金を背負ってしまうパターンについてお伝えしてきましたがどれも、可能性はすごく少ない稀なパターンです。

 

FXで借金を背負うパターンの多くが、消費者金融やクレジットカードなどに手を出して自ら借金を作ってしまうパターンです。

 

FXでは元手が多ければ、それだけ得られる利益も大きくなります。

 

そのため、借金をしてまでトレード資金を作る方が多くいます。

 

FXで絶対に勝てると過信をしてしまい、借金をしてまで元手を作る方です。

 

そのような人が、FXで勝てる訳もなく、負けたら、次に勝てば良いとまた借金を作ってしまい、どんどん借金は膨らむばかりです。

 

中にはFXで何千万円の借金をしてしまう人もいるようです。

 

FXで借金を背負わないためのポイントと対象法とは

ここまで読み、自分はFXで借金になる心配はないなと思った方も注意が必要です。

 

FXで借金を背負った人も、まさか自分がFXで借金を背負うことになると思って始める人はいません。

 

しかし、気づくとお金を稼ぐどころか借金を背負っていた

まさか自分がこんなことになるとは

といったことにもなりかねません。

 

FXでは誰もがお金を稼ぎたいと思って始めます。

 

FXで借金を背負うことにならないためにも、FXで借金をしないためのポイントについてをお伝えしていきます。

 

ポイント1:レバレッジをかけすぎない

FXではレバレッジをかけることで、大きな取引を行うことができます。

 

そうすることで少ない資金からでも、大きな利益を得ることができます。

 

しかし、その反面、自分の予想が外れた場合は大きな損失を受けることもあります。

 

自分の資金に対して大きな取引をしすぎてしまうと少しの値動きで、すぐに強制ロスカットになってしまいます。

 

また、そのような時に急な値動きが起こってしまうと、強制ロスカットが間に合わずに、預けた金額以上の損失を受けてしまうリスクもあります。

 

FXの取引をする際は、自分の用意した資金に見合った額の取引を行うようにしましょう。

 

自分の用意した資金に対してどのくらいの量の取引がいいのかは、人により考え方が異るためどれが正解というのはありません。

 

自分の許容できる損失額や、狙うリターンにより変わってきます。

 

よく言われているのは資金に対して損失額は2~3%抑えると良いと言われています。

 

例えば、10万円の資金の場合、2~3%損失額は2000円~3000円です。

 

損失を少なく抑えれる取引量を心がけるなどし、リスクを限定するようにしましょう。

 

ポイント2:ゼロカットシステムのある口座でトレードをはじめる

ゼロカットシステムの口座とは、強制ロスカットが発動し万が一、預けたお金以上の損失を受けた場合でも、FX会社が不足分を負担してくれる仕組みのことです。

 

本来なら、強制ロスカットが間に合わなく、口座に預けた以上のマイナスになってしまった場合は、マイナス分を口座に入金しなくてはないません。

 

しかし、ゼロカット口座では不足分を入金する必要がないので安心です。

 

ゼロカット口座では預けた資金が0円になることはあっても、マイナスになることはありません。

 

そのため、ゼロカットシステムがある口座を選ぶのもFXで借金をしないための1つのポイントです。

 

ポイント3:余剰資金でトレードを行う

FXをはじめる際は必ず余剰資金でトレードを行うようにしましょう。

 

生活資金の一部や生活に支障が出るお金を使ってFXをすることは絶対にやめましょう。

 

FXに限らず投資では、お金を失うリスクは必ずついてきます。

 

どんなにすごいトレーダーでも負けることはあるのです。

・自分は絶対に大丈夫

・勝って返せばいい

といった根拠のない自信や考えは危険です。

 

もし、余剰資金がないのなら無理してFXなどせずに、まずはお金を貯めて余剰資金を作ることからはじめましょう。

 

ポイント4:損切りを徹底する

FXでは自分が予想した反対方向に価格が動いた際には、早めに損失を確定させる『損切り』が非常に重要です。

 

損切りとは、それ以上の損失の拡大を防ぐために今持っているポジションを決済することです。

損切りについてこちらの記事でも詳しく解説しています⬇︎

FXで必須の損切りの考え方と損切りの重要性

 

FXでは予想が外れ損失方向に価格が動くことは多々あります。

 

その際、いかに損失を低く抑えられるかが大切です。

 

もし、自分の予想が外れたと分かったのなら即座に『損切り』を行い最小限の損失で抑えるようにしましょう。

 

ポイント5:ポジションを持ち越さない

FXでは平日の24時間いつでも取引ができますが土日はお休みです。

 

ポジションを持ったまま、土日を過ごしてしまうのは危険です。

 

土日に大きなニュースや事件・自然災害などが起こった場合、月曜日の取引開始時には大きく価格が開いた状態でスタートする可能性があります。

 

そのため、金曜日にはポジションを決済するなどしてリスクを避けるようにしましょう。

 

また、FXは24時間取引ができます。

 

そのため、あなたが寝ている間にも価格は動いています。

 

その間に価格が大きく動き大きな損失を受ける可能性も十分あります。

 

朝起きた時に口座残高が0やマイナスになっていたら最悪です。

 

よくいう「おはぎゃー」ってやつです。

 

朝起きて、FX口座をみた時に『ぎゃー』とならないためにも、寝る前にはポジションを決済するか、損切りの注文を入れておくようにしましょう。

 

FXでどうやったら借金になるのか?借金にならないための対象法についてまとめ

それでは本日の記事のまとめです。

 

FXでは強制ロスカットという仕組みがあるので預けた資金がマイナスになることはありません。

 

そのため、FXでは基本的に借金になることはありません。

 

FXでは「追証(おいしょう)」といって追加でお金を入金しなくてはいけない仕組みがあります。

 

追証が求めれる時とは

・強制ロスカットされる前

・強制ロスカットが間に合わず口座資金がマイナスになった場合

また、追証はFX会社によりルールが異なります。

 

FXで借金を抱えてしまうパターンとしては以下の4つです。

・強制ロスカットが間に合わない場合

・ポジションを持ったまま週末を過ごす

FX会社のシステムトラブル

・自ら借金を作る場合

 

FXで借金を背負わないためのポイントは

・レバレッジをかけすぎない

・ゼロカットシステムのある口座でトレードを始める

・損切りの徹底

・余剰資金でトレードを行う

・ポジションを持ち越さない

以上のようなリスク管理を行いFXで借金を背負わないように気をつけましょう。

 

次の記事では、借金になることがないゼロカットシステムを採用している『XM』という海外のFX口座について解説しています。

初心者でも簡単!XMに登録し元手0円からFXを始める方法

 

海外の口座はなんだか心配といった方も、この記事を読むことで『XM』の魅力について知っていただけるでしょう。

 

また、『XM』では口座を作っただけで3000円のボーナスがもらえます。

 

そのボーナスだけでトレードすることも可能ですので、是非次の記事を読み「XM」の魅力を知ってほしいと思います。

FXには、短時間で大きな利益を得られるといった魅力があります。

 

しかし、リターンの裏には必ずリスクがついてきます。

 

大きな利益を狙えるということは、それと同じだけ損をする可能性もあるのです。

 

お金を稼ぐために始めたFXで逆に借金をすることのないよう、本日お伝えした内容を実践して頂ければと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント