【FXチャート分析】ダウ理論で目線の概念を理解しトレンドを見極める方法

FX基本知識

 

 

ダウ理論は多くのトレーダーが知っている基本

副業でFXに挑戦中のタクトです。

今回の記事ではトレンドの見極め方について『ダウ理論』を元に解説して行きます。

 

そもそもトレンドて何?とトレンドについて分からない方はこちらの記事を読んでください。

【FXチャートの基本】トレンドを見極める方法と機能するトレンドラインを引く方法

 

FXで稼ぐ為には様々な知識を身につける事が大切です。

 

FXは、勝つ人の裏には必ず負ける人がいるという『ゼロサムゲーム』です。

 

多くのトレーダーが共通して知っている知識をあなただけ持っていないとしたら、FXで勝つ事は難しいですよね。

 

ダウ理論とは多くのトレーダーが常識として知っている知識です。

 

これから解説していくダウ理論を元にしたトレンドの見極めは、FXで勝者側に立つには身に付けておきたい知識の一つです。

 

トレンドの見極めはFXで勝てるようになるためにはとても大切な知識なので、是非最後まで読み進めてください。

現在のトレンドの方向性が分かりますか?ダウ理論を学べばトレンドの方向性が見えてくる

以下の図を見て現在のトレンドが「上昇トレンド」なのか「下降トレンド」なのかが分かりますか?

答えは「上昇トレンド」です。

これは簡単ですね。

 

では、この図ならどうでしょうか?

一気にレベルが上がり難しくなりましたね。

上の図を見て上昇トレンドなのか下降トレンドなのか分からなかった方も安心してください。

 

今回の記事で、ダウ理論を身につける事で、「上昇トレンド」なのか「下降トレンド」なのか判断できるようになります。

現在のトレンドが「上昇トレンド」なのかそれとも「下降トレンド」なのかを、把握する事ができるようになれば、FXで勝率の高いトレードをする事ができます。

 

トレンドの状況により「買い」から入るのか「売り」から入るのかの判断基準にもなるので、トレンドの方向性を認識することはとても重要な事なのです。

 

しかし、現在のトレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかが判断できていないままでは、FXで勝ち続けることは難しいでしょう。

 

トレンドがどちらなのか分からないままでは、FXのようなゼロサムゲームでは「敗者」側に立つことになります。

 

今回の記事を読むことで、トレンドがどっちなのかわからない方でも、この記事を読み終わった後には、トレンドの見極めができるようになるでしょう。

 

多くのトレーダーが意識するダウ理論とは

ダウ理論とは、チャールズダウが提唱した市場の動きについての理論です。

 

ダウ理論は株価の動きについての理論ですが、FXでもしっかりと機能する理論なので安心してください。

 

ダウ理論は以下の6つの基本法則でできています。

・平均は全ての事象を織り込む

・トレンドには3種類ある

・主にトレンドは3段階からなる

・平均は相互に確認されなければならない

・トレンドは出来高でも確認されなければならない

・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

なんだか難しい言葉ばかりで頭が痛くなりそうですね。

 

以下にウィキペディアより抜粋した解説も載せておきます。

①平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

②トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。

主要トレンド:1年~数年のサイクル。

二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。

小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

③主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる底値買いをする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

④平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。

例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。

⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

頭の良い人が考える理論は難しいですよね。

ここまでで読んでダウ理論は難しいと挫折しそうになったと思います。

しかし、完璧に全てを覚える必要はないのでご安心ください。

 

ダウ理論の中でも、重要なのは6番目『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』という部分です。

 

『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』について理解できれば、現在が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか判断できるようになります。

ダウ理論で目線の概念について理解する

トレンドには『上昇トレンド』と『下降トレンド』の2種類しかありません。

 

また、

上昇トレンドを『上目線』

下降トレンドを『下目線』

と呼ぶこともあります。

 

FXでは現在の目線が「上」なのか「下」なのかを見極めてトレードする事が大切です。

 

ダウ理論でのトレンドの定義では、

「高値の切り上げ底値のきり上げ」が続く状態を「上昇トレンド(上目線)」

「高値の切り下げ底値の切り下げ」が続く状態を「下降トレンド(下目線)」

とダウ理論で定義されます。

 

なんだか言葉では難しいですが、こちらの図で簡単に解説しています。

 

もう一度トレンドの定義について確認しましょう。

「高値の切り上げ底値のきり上げ」が続く状態を「上昇トレンド(上目線)」

「高値の切り下げ底値の切り下げ」が続く状態を「下降トレンド(下目線)」

ここは重要なので覚えてください。

 

ダウ理論を身に付け目線の切り替わる転換ポイント見つける

ダウ理論のトレンドの定義については理解していただけたと思います。

FXで勝ち続けるには現在の相場が上目線なのか下目線なのかを判断する事が重要です。

 

現在のトレンドが続くのかそれとも転換しそうなのかという事を判断する事で、

買い」で入るのか、それとも「売り」で入るのか、それともトレードを「見送る」のか

という判断基準になるからです。

 

目線の見極め方

それでは目線の見極め方について解説して行きます。

 

目線を見極める事で現在の相場が「上目線」「下目線」なのかの判断できるだけでなく、「目線の転換」を見つけるとができるようになります。

 

目線の転換とは、「上目線から下目線」や逆の「下目線から上目線」切り替わるポイントのことです。

 

以下の図のようなトレンドでは上目線なのか下目線なのか簡単に判断できると思います。

ダウ理論では

「高値の切り上げ底値のきり上げ」が続く状態を「上昇トレンド(上目線)」

「高値の切り下げ底値の切り下げ」が続く状態を「下降トレンド(下目線)」

でしたね。

 

しかし、次の図ではどうでしょうか?

上のような図では目線の転換を見極める事ができなければ、現在が「上目線」なのか「下目線」なのかを判断する事ができません。

 

ここでもう一度ダウ理論についておさらいして見ましょう。

 

ダウ理論では

『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』とあります。

 

この転換シグナルとは『直近の最高値と押し安値』『直近の最安値と戻り高値』位置関係が重要になります。

上の図のチャートの場合、次に目線が変わるとしたら、

最安値を作った戻り高値を上に抜ける

新たに最安値を作った戻り高値を超えるか

になります。

つまり図で表すと以下のようになります。

 

最安値を作った戻り高値を上に抜ける

 

新たに最安値を作った戻り高値を超えるか

 

目線の転換ポイントは

・上昇トレンド中なら「直近の最高値をつけた押し安値

・下降トレンド中なら「直近の最安値をつけた戻り高値

 

など、直近の最高値と最安値の『押し安値や戻り高値』の位置が目線の転換ポイントとなります。

以上のことを踏まえて先ほどの図をもう一度見て見ましょう。

 

上目線か下目線か分かりましたか?

 

 

 

 

 

 

答えは「下目線」です。

③で作った最高値の押し安値②のラインを下ぬけた事で④で目線は下に切り替わっています。

ダウ理論で目線の概念が理解できたか確認テストで試してみよう

それでは目線の見極めについてのおさらいです。

以下の図を見て①~③が「上目線」か「下目線」なのか考えて見てください。

分かりましたか?

 

 

答えは

①「上目線」

②「上目線」

③「上目線」

高値切り上げ底値切り上げ「上目線」

緑○最安値を作った戻り高値緑のライン上に抜けた事で「上目線」

最高値も最安値も更新していないので、目線の転換はないままなので、まだ「上目線」

と言った感じです。

 

ダウ理論についてのまとめ

今回の記事のまとめです。

・ダウ理論は6つの基本法則でできている

・6つの中でも『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』が重要

 

ダウ理論のトレンドの定義

・「高値の切り上げ底値のきり上げ」が続く状態を「上昇トレンド(上目線)」

・「高値の切り下げ底値の切り下げ」が続く状態を「下降トレンド(下目線)」

また、目線の転換は

・『直近の高値と安値』の位置関係で判断できる

・上昇トレンド中なら「直近の高値をつけた押し安値」

・下降トレンド中なら「直近の安値をつけた戻り高値」

で現在が「上目線」なのか「下目線」なのかを判断する。

 

FXでは勝つ人がいればその裏には必ず負ける人がいる「ゼロサムゲーム」です。

FXで稼ぎ続けるには勝者側に立てるよう知識を付けてのぞむ事が大切です。

 

ダウ理論は多くの相場参加者が意識しいる理論なので是非身につけて、目線の概念を理解した上でトレードに望むようにしてください。

 

ダウ理論で目線の見極め方について学んだら、次に実際のチャートをみて復習をしてください。

 

実際のチャートで学ぶ事で新たな疑問や発見が出てくると思います。

そのよう疑問や発見を見つけて行く事で成長して行く事ができるでしょう。

 

以下のブログでは、私がダウ理論を元に実際にトレードしているブログです。

これからFXを始めようと考えている方や初心者の方に参考になる部分もあると思いますので、是非読んでみてください。

 

 

ダウ理論の他にも学ぶべきことは沢山ある

FXは年齢や学歴など関係なく始める事ができ、誰でも稼ぐチャンスがあります。

 

しかし、実際にFXで稼げる人は少数と多くの人がFXで負けて大切なお金を失っています。

それは、FXは簡単に稼げるとギャンブルのようなトレードをしている人が多くいるからだと思います。

 

私は、FXもスポーツと同じように、正しい知識をつけ実践を繰り返す事で、稼ぐ力を付けて行く事ができると考えています。

 

しかし、正しい知識を身に付けずにFXをしていては、いつまでたってもFXで稼ぐことはできないでしょう。

 

そうならないためにも、このブログを通じて学んでいき、FXで稼げるように成長していけたらと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント