FXチャート分析の基本『インジケーター」とは

チャート分析

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

FXで勝つには相場の分析が必要です。

 

FXでは相場の分析を行いこれから価格が上がるのか下がるのかを見極める必要があります。

 

相場の分析には、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析があります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析については以下の記事で詳しく解説しています。

『テクニカル分析』と『ファンダメンタルズ分析』を極めてFXで稼ぐ

 

今回の記事では、相場分析の中でもテクニカル分析で使われるインジケーターについて解説していきます。

チャートを見ただけでは「買い」と「売り」どっちに価格が動くか予測するのは難しいです。

 

どっちかに適当にかけても勝率は50%です。

 

これから価格が「上がる」のか「下がる」のかは誰にも分かりません。

 

しかし、ギャンブルのようなトレードをしていてはFXで勝ち続けることはできません。

未来の価格を予測するためのツール『インジケーター』

FXでは価格が上がるのか下がるのかを予測するために使われる「インジケーター」という便利なツールがあります。

 

便利なツールのインジケーターには様々な種類がありそれぞれ特徴も異なります。

 

今回の記事では

インジケーターの種類

インジケーターの特徴

インジケーターを使う際のポイント

について解説していきます。

 

FXで稼いでいくには、価格が「上がるか」「下がるか」のどちらに優位性があるか見極める必要があります。

 

インジケーターを使うことで、現在の相場はどっちに優位性があるのかを判断することができるようになります。

 

しかし、せっかくのインジケーターも特徴を知らないままでは使いこなすことはできません。

 

相場分析に便利なインジケーターは使い方や特徴を理解して初めて機能します。

 

今回の記事でテクニカル分析の基本である「インジケーター」についての特徴を学んでいきましょう。

 

FXでチャート分析に欠かせないインジケーターとは?

インジケーターは以下のようにチャート上に表示されているツールのことです。

 

インジケーターとは、価格の動きを様々な計算方法でデータ化し視覚的に分かりやすくチャートに表示したものです。

 

多くのトレーダーがチャート上に表示さえているインジケーターを判断材料に「買い」と「売り」のトレードを行っています。

 

インジケーターの種類には大きく分けてトレンド系オシレーター系の2つがあります。

 

インジケーター2つの種類『トレンド系』と『オシレーター系』とは

トレンド系オシレーター系にはそれぞれ得意とする相場環境使い方が異なります。

 

インジケーターのトレンド系とは

トレンド系とはその名の通り相場のトレンドを把握するために使われるインジケーターです。

 

トレンドについて分からない方はこちらの記事で詳しく解説していますので合わせて読んでみてください。

【FXチャートの基本】トレンドを見極める方法と機能するトレンドラインを引く方法

 

現在の相場で

トレンドが発生しているのか

トレンドの勢いはどのくらいあるのか

押し目や戻り目の反発ポイントはどこか

などをみる時に使われます。

 

トレンド系の代表的なツールとして

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・一目均衡表

といったツールがあります。

 

トレンド系の特徴としては

トレンド相場と相性が良い

レンジ相場に弱い

順張りのトレード向き

といった特徴があります。

 

順張りとは、トレンドの方向と同じ方向にトレードをすることです。

 

例えば、上昇トレンドの時は「買い」下降トレンドの時は「売り」のようにトレンドの方向に合わせてトレードを行うことを『順張り』と言います。

 

逆にトレンドに逆らったトレードを『逆張り』と言います。

 

トレンド系のインジケーター移動平均線を表示させたチャート⬆︎

 

インジケーターのオシレーター系とは

オシレーターとは振り子の意味です。

 

価格の動きには、行きすぎた価格の動きは戻ってくるといった振り子のような性質があります。

 

 

このように価格は上がりすぎたら下がり、下がりすぎたら上がるといった性質があります。

 

このように振り子のような値動きを予測するツールを「オシレーター系」と言います。

 

現在の相場で

価格が上がり過ぎ、下がり過ぎ

現在の価格が平均値からどれだけ離れているか

相場の転換点

をみる時に使われます。

 

オシレーター系の代表的なツールとして

MACD

RSI

・ストキャスティクス

といったツールがあります。

 

オシレーター系の特徴としては

レンジ相場と相性が良い

トレンド相場に弱い

逆張りのトレード向き

といった特徴があります。

 

インジケーターの使い方と注意点

FXでは、「買い」と「売り」どちらに優位性があるのかを分析し優位性のある方向にポジションを取ることが大切です。

 

そこで、インジケーターを使う事で、視覚的に分かりやすく分析をすることが可能になります。

 

しかし、だからと言って、あれもこれもインジケーターを表示させるのはよくありません。

 

次にインジケーターを使う際のポイントについて解説していきます。

 

インジケーターを使う際のポイントは以下の2つです。

たくさんのインジケーターを表示させない

インジケーターを使えば100%勝てるわけではない

 

ポイント1:たくさんのインジケーターを表示させない

インジケーターを使うことで売買のタイミングを計ることができます。

 

だからといって多くの種類のインジケーターを同時にチャートに表示させるのはよくありません。

 

上の画像のようにあれもこれもインジケーターを表示させていては、チャートが見づらいですし、何を判断基準にトレードするのかもブレてきます。

 

インジケーターには色々な種類があり、それぞれ異なるサインが出ることもあります。

 

このインジケーターでは「買い」なのにこのインジケーターでは「売り」など、「いったい何を信じればいいのか?」とたくさん表示させすぎると混乱してしまいます。

 

そのような状態で良いトレードが行えるはずもありません。

 

インジケーターを使う際は、トレンド系で1つオシレーター系で1つなど、使うインジケーターを絞って使うようにすると良いでしょう。

 

ポイント2:インジケーターを使えば100%勝てるわけではない

 

インジケーターを100%信じてトレードすれば絶対に勝てる訳ではありません

 

インジケーターはあくまで、過去の値動きから現在の状況判断や、今後の未来を予測するためのツールであり、100%当てるためのものではありません。

 

誰も分からない未来の相場の中でも、「買い」と「売り」どちらに優位性があるかを見つけるための1つの判断材料として使うものです。

 

優位性があると判断した方向にトレードすることで、1回1回のトレードで負けることはあってもトータルで勝つことができれば利益が出ます。

 

このように相場の中での優位性を見つけ勝率を上げることができれば、FXで稼げるようになるでしょう。

 

インジケーターについてのまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

 

インジケーターとは

・価格の動きを様々な計算方法でデータ化し視覚的に分かりやすくチャートに表示したもの

・インジケーターを使うことで、売買の判断を行うことができる

・大きく分けてトレンド系オシレーター系の2種類がある

 

トレンド系の特徴

・トレンド相場と相性が良い

・レンジ相場に弱い

・順張りのトレード向き

 

代表的なツール

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・一目均衡表

 

オシレーター系の特徴

・レンジ相場と相性が良い

・トレンド相場に弱い

・逆張りのトレード向き

 

代表的なツール

MACD

RSI

・ストキャスティクス

 

インジケーターを使う際のポイント

・たくさんのインジケーターを表示させない

・インジケーターを使えば100%勝てるわけではない

 

インジケーターの特徴を知らないままでは、どのように使っていいのか、どの場面で機能するのか分からないため、せっかくのツールも役に立ちません。

 

トレンド系はトレンド相場、オシレーター系はレンジ相場など、しっかりと活用方法を理解した上で相場分析に役立てるようにしましょう。

 

また、あれもこれもツールを使えば良いといったものでもありません。

 

自分のトレードにあったものを見つけ、実際に使ってみることで「別のツールの方が良いな」「自分にはこのツールは合わないな」といったものを見つけてください。

 

そうすることで、相場分析の精度が上がり、トレードの勝率も上がって行くでしょう。

 

次の記事では、「トレンド系」のインジケーターについて解説しています。

トレンド系の代表である

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・一目均衡表

などの特徴や活用方法も紹介しているので、次の記事も是非読んでください。

FXチャート分析に活用トレンド系のインジケーター

 

FXでは誰もわからない未来の価格を予想しなければなりません。

 

何も判断材料がないままでは、ただのギャンブルと同じです。

 

しかし、インジケーターといった便利なツールを活用する事で、価格が「上がるか」「下がるか」のどちらに優位性があるのかを見つける判断材料になります。

 

何も根拠のないトレードはギャンブルと同じですが、根拠を持って優位性の高いトレードができれば投資になります。

 

ギャンブルではなくお金を増やすための投資としてFXに取り組むためにも、ツールを使いこなせるようになりましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

 

コメント