FXで借金にならない仕組み『強制ロスカット』についてとロスカットに合わない為の回避方法

FX基本知識

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

FXではレバレッジがある事で少ない資金で大きな取引をする事が可能です。

 

そのため、短時間で大きく稼げると言った魅力があります。

しかし、大きな取引をして自分の思った方向と逆に価格が動いた場合は大きな損失になることもあります。

 

よくFXについての評判として

FXは借金する事になるから危ない

FXで負けて大きな借金を抱えてしまった

FXで借金100万円

FXには手を出したらダメだ

などを聞いたり、FXは危険だと忠告をうける事があるかもしれません。

しかし、基本的にはFXでは借金にならない仕組みがあります。

 

それが『強制ロスカット』という仕組みです。

 

強制ロスカットという仕組みがFXにはあるので、基本的にはFXで借金を背負う心配はありません。

 

『基本的には』とお伝えしたのは、「100%借金をしない」と言ったわけではないからです。

借金にならない仕組み強制ロスカットについて理解しよう

そこで今回の記事では

ロスカットとは

ロスカットと強制ロスカットの違い

FXで借金にならにロスカットの仕組みとは

ロスカットを回避する方法

についてお伝えしていきたいと思います。

 

これからFXを始めようと考えている方は「ロスカット」についての仕組みを理解した上で、FXを始めるようにしてください。

 

また、FXを始めたばかりで、まだ、「ロスカット」について理解していない方は、今回の記事を読み仕組みを理解して頂ければと思います。

 

強制ロスカットは投資家の資産を守る為にある

FXでは、私たち投資家の資産(お金)を守るための仕組みとして『強制ロスカット』という仕組みがあります。

 

『強制ロスカット』されて人生終わった

あー価格が下落しすぎて『ロスカット』される~

と言った事を聞いた事あるのではないでしょうか?

 

私たちの資産(お金)を守るはずのロスカットのはずなのにと思いますよね。

 

確かに、強制ロスカットは合わない事に越したことはありません。

その理由をこれからお伝えしていきたいと思います。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは、保有しているポジションがある一定の損益に達したときに、さらなる損失の拡大を防ぐために強制的に決済される仕組みのことです。

 

ポジションとは、ある通貨を注文して保有している状態のことです。

 

例えば、1ドル100円の時にドル円を買った場合はドル円の買いポジションを持つと言います。(売りから入った場合は売りポジションを持つと言います)

 

ポジションを持った場合は、決済の注文を行わない限り、常に通貨を保有している状態になります。

 

このとき100円で買ったドル円が110円になった場合は10円の利益ですが、決済をしていないので、利益は確定していません。

 

この状態を含み益といいます。

 

逆に1ドルが90円に下がった場合でまだ決済をしていない場合は10円の含み損です。

 

しかし、1ドル90円よりさらに下がり、一定以上の含み損を抱えてしまうと「強制ロスカット」が発動し、強制的にポジションを決済をされてしまいます。

 

そのため、強制ロスカットの後にたとえドル円が120円まで上がってもすでにポジションを持っていないので、利益を得る事ができません。

 

もし、強制ロスカットがなければ、20円の利益を得れていたのに

 

しかし、FXでは価格がその後120円に上る保証はどこにもありません。

 

もし、価格が50円など下がった場合は、さらに損失は拡大していきます。

 

100円で買ったドルが50円まで下がると資産が半分にまで減ってしまうことになります。

 

このように損失が拡大して資産が0円にならないために、FX会社では「強制ロスカット」という仕組みがあるのです。

ロスカットとは?強制ロスカットとの違いは?

ロスカットとは、損失の拡大を防ぐために自発的に決済をする事です。

 

いわゆる『損切り』のことです。

 

この『損切り』のことを英語で『ロスカット』と言います。

 

また、自分の意思とは別に、FX会社がここまでの損失額を出したら自動で決済する仕組みのことを『強制ロスカット』と言います。

 

自分の意思で損失を確定させる事を『ロスカット』

自分の意思に反しFX会社が強制的に損失を確定させる仕組みの事を『強制ロスカット』

 

しかし、ロスカット=強制ロスカットの意味で使われる事が多いです。

どうなったら強制ロスカットが発動するのか?証拠金や必要証拠金、証拠金維持率について

強制ロスカットとは、一定以上の損失を抱えると発動するとお伝えしました。

 

その一定以上の損失がどの程度なのかはFX会社によって変わってきます。

 

多くのFX会社が『証拠金』の100%50%下回ると強制ロスカットが発動する設定になっているようです。

 

証拠金とは、取引をするためにFX会社に預ける資金のことです。

 

私たちがFXで取引をする際は、FX口座にお金を預けて取引を始めます。

 

このときにFX会社に預けたお金を証拠金と言います。

 

例えば、FX会社に5万円を預けてFXを始めたとします。

 

このときFX口座に入金した5万円を「証拠金」と言います。

 

そして、1ドル100円のときにドル円の取引をする場合に必要なお金(資金)は、最低4万円です。(レバレッジ25倍で1万通貨の取引をする場合)

レバレッジについては以下の記事で詳しく解説しています。⬇︎

FXの魅力レバレッジとは?ハイレバレッジ=ハイリスクは本当なのか

 

この取引に必要な最低金額4万円必要証拠金と言います。

 

FX会社に預けたお金5万円が『証拠金』

・取引をするために必要な最低限必要な金額4万円が『必要証拠金』

強制ロスカットは、この『証拠金』に対する『必要証拠金』の割合(証拠金維持率)で決まります。

 

この割合のことを『証拠金維持率』と言います。

 

例えば、証拠金維持率100%を割ると強制ロスカットにあうFX会社の場合

この時の証拠金維持率125%です。

 

この証拠金維持率は、含み損を抱えると下がっていきます

 

そして証拠金維持率100%を割ると強制ロスカットが発動しポジションは決済されます。

 

今回の場合は1ドル99円まで下がると1万円の含み損です(1万通貨の取引の場合)

 

そのため1円以上ドルが下落すると、証拠金維持率が100%を割るため、強制ロスカットが発動されます。

 

このように、強制ロスカットが発動されるかどうかは、『証拠金』と『必要証拠金』の割合=『証拠金維持率』で決まります。

 

証拠金維持率が100%を割る事で強制ロスカットが発動されるので、資金が一気に0円になる事や、預けた証拠金以上の損失にならずに済みます。

 

強制ロスカットが発動せず預けたお金以上の資金を失うことも

私たちの資産(お金)がなくなる前に、強制ロスカットが発動する事によってさらなる損失の拡大を防いでくれます。

 

そのため、基本的にはFXで借金になることはありません。

 

しかし、『基本的には』ということは例外もあります。

 

相場が急変した場合は、強制ロスカットの仕組みが発動しないこともあるのです。

 

FX会社の強制ロスカットが間に合わず預けた証拠金以上に損失を受けてしま場合もあります。

 

その為、強制ロスカットがあるからといって油断していてはいけません。

 

そもそも、FX取引をする際は『強制ロスカット』にあう前に損切りの設定をするなどの対処を行わないといけません。

損切りについては以下の記事でも詳しく解説しています。⬇︎

FXで必須の損切りの考え方と損切りの重要性

 

FXで損失方向へ価格が動いた場合に毎回『強制ロスカット』されているようでは、FXで稼いで行くことは出来ないでしょう。

 

毎回、強制ロスカットになるまで含み損を抱えていてはFXで稼ぐどころか、大切なお金を失ってしまいます。

 

そのようにならない為にも、強制ロスカットに合わないための対象法について解説していきます。

強制ロスカットを回避するための3つの方法

強制ロスカットは私たち投資家の資産を守るために、それ以上の損失の拡大を防ぐために一定以上の損失に達すると強制的に決済をしてくれる仕組みです。

 

その為、基本的には元手以上の損失を出すことはありません。

 

しかし、強制ロスカットはあくまで緊急措置のようなものです。

 

もし、毎回の強制ロスカットにあっているようではFXは辞めた方が良いでしょう。

 

そのようなトレードをしていたのではFXで稼ぐどころか、大切なお金を無駄に失ってしまいます。

 

強制ロスカットにあう前にきっちりと対応する必要があります。

 

そこで強制ロスカットを回避する3つのポイントについてお伝えしていきます

・損切りの徹底

・ポジション量を減らす

・証拠金を増やす

 

損切りの徹底

強制ロスカットになるより前に、余裕を持って損切りをする事で強制ロスカットを回避する方法です。

 

トレードする前には、どの程度の損失なら許容できるのかを決めてトレードする事が大切です。

 

どんなにすごいトレーダーでも価格が今後どのように動くか100%当てることはできません。

 

自分の予想とは反対方向に動くことも当然あります。

 

そのような事も想定し、ここのラインまで価格が来たら、損切りするとあらかじめ決めてトレードするようにしましょう。

 

ポジション量を減らす

ポジションの量を減らす事で、証拠金に余裕ができ、強制ロスカットを回避する方法です。

 

含み損を抱えている状態で、どうしても損切りしたくない場合でも、持っているポジションの半分を損切りするなどしてポジションの量を減らすと良いでしょう。

 

また、初めから大きな取引をするのではなく、証拠金に余裕を持ったポジション量にすると良いでしょう。

 

持てるポジションをギリギリまで持ってしまうと、少しの価格の動きですぐに強制ロスカットになってしまいます。

 

そのようなことにならない為にも、どれくらいのポジションでのトレードが適切なのかを考えた上でトレードするようにしましょう。

 

証拠金を増やす

証拠金を増やすことで、証拠金維持率をあげる事ができ、強制ロスカットを回避する方法です。

 

少ない証拠金では、持てるポジションに限りがあります。

 

また、証拠金ギリギリのポジション量では、少しの値動きですぐに強制ロスカットにあってしまうので、証拠金は多い方が良いでしょう。

 

FXを始める際は、元手(証拠金)は多ければ多いに越したことはありません。

強制ロスカットとはについてのまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

 

強制ロスカットとは

・保有しているポジションがある一定の損益に達したときに、さらなる損失の拡大を防ぐために強制的に決済される仕組みのこと

・強制ロスカットがあることで、基本的には預けたお金以上の損失を受けることはない

・例外として相場の急変時には強制ロスカットが発動せずに預けたお金以上の損失を受ける事もある

 

ロスカットと強制ロスカットの違い

・ロスカット=自分で決済する(損切り)

・強制ロスカット=一定以上の損失で自動的に決済

・ロスカット=強制ロスカットの意味で使われる事が多い

 

強制ロスカットの発動条件

・『証拠金』と『必要証拠金』の割合=『証拠金維持率』によって発動される

・証拠金維持率が100%や50%を割った時に強制ロスカットが発動されるFX会社が多い

・証拠金とはFX会社に預けているお金(資金)のこと

・必要証拠金とは、取引をする為に最低限必要な資金のこと

・証拠金維持率とは『証拠金』と『必要証拠金』の割合

・『証拠金』÷『必要証拠金』のパーセンテージで表される

 

強制ロスカットを回避する方法

・損切りの徹底

・ポジション量を減らす

・証拠金を増やす

FXを始める際は今回解説した強制ロスカットについての仕組みをしっかりと理解した上で初めて欲しいと思います。

 

また、これからFX口座を開設する際は、強制ロスカットがどの水準で発動するのか調べる事も大切です。

 

取引しようとしている口座が証拠金維持率50%でロスカットされるのか100%でロスカットされるのか調べてみてください。

次の記事では海外のFX会社「XM」について解説しています。

 

XM』では強制ロスカットが間に合わなかった場合でも、借金になる心配のないFX会社です。

 

まだ、XMで口座を持っていない方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

初心者でも簡単!XMに登録し元手0円からFXを始める方法

 

FXでは稼げる人の方が少ないと言われています。

 

FXで稼げているトレーダーは、能力がずば抜けて高いと言った事もあるかもしれませんが、当たり前の事を当たり前にこなせるトレーダーなのだと思います。

 

FXでは損切りやトレードルールを守ることはできて当たり前の事です。

 

そのような当たり前の事を当然のことのようにできるようになる事がFXで稼ぐことの第一歩なのではないかと思います。

FXを始めたばかりの方や、これから挑戦しようと思っている方の中には、勝てる手法を探している方もいるかもしれません。

 

そのような手法を見つけるのも良いとは思いますが、まずは、基本的な知識をつけ、少しずつでも良いので、実行してみて欲しいと思います。

私も、FXを始めたまだ浅いですが、読者の方のお役に立てるような情報を発信していきたいと思いますので、是非一緒に成長していきたいと考えています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント