【FXチャート分析】サポートラインとレジスタンスラインでみる売買ポイント

チャート分析

 

副業でFXに挑戦中のタクトです。

 

今回の記事ではサポートラインとレジスタンスラインについて解説していきます。

・サポートラインとレジスタンスラインとは

・なぜサポートラインとレジスタンスラインが機能するのか

・サポートラインとレジスタンスラインの引き方

・サポートラインとレジスタンスラインを使った実際のトレード解説

についてお伝えしていきます。

 

FXのチャートを見ていても、価格がどこまで上がるのか、または下がるのかは分からないですよね。

 

実際に数秒先数時間先の価格なんて誰にも分かりません

 

そこで、チャートにサポートラインレジスタンスラインという線を引く事で、今後の価格の値動きの予測が立てやすくなります。

サポートラインとレジスタンスラインでチャートから値動きの予想をする

FXで稼ぐにはある程度の価格の動きを予測できるようにならないといけません。

そこで、サポートラインレジスタンスラインを使う事で大体の予測を立てることができるようになります。

 

ここまで下がったら、『上がっていきそうだな』や、ここまで上がったら『下がっていきそうだな』と言った予測が立てられるようになります。

 

そのような予測を立てる事で、

このポイントで『買い』を入れようや、このポイントで『売り』から入ろうなど売買のポイントを判断する事ができます。

 

また、エントリーをするポイントだけでなく『決済』をするポイントの参考にの使う事ができます。

FXで勝つにはチャートを見る目が必要です。

 

チャートを見てある程度の価格の予測を立てられなければFXで勝つことはできません。

予測を立てれないトレードはギャンブルと同じです。

 

ギャンブルのようなトレードをしていてはいつまでたっても、FXで稼ぐことはできません。

 

今回の記事で、サポートラインとレジスタンスラインについて学び、サポートラインとレジスタンスラインを使いこなせるようになりましょう。

 

FXチャート分析『サポートライン』と『レジスタンスライン』とは

サポートラインとは、以下の図ようなラインです。

 

サポートラインは図のようなローソク足の安値と安値を結んだ一本の線です。

また、サポートラインは『支持線』とも呼ばれています。

 

サポートラインまで価格が下がってくると、ラインに跳ね返され価格が上がっていっている事が分かります。

このように、サポートラインで価格が支えられている事が分かります。(サポートされている)

 

レジスタンスラインとは以下の図ようなラインです。

 

レジスタンスラインは、ローソク足の高値と高値を結んだ1本の線です。

レジスタンスラインは『抵抗線』とも呼ばれています。

 

レジスタンスラインまで価格が上がっても、ラインに跳ね返され価格が下がっていっている事が分かります。

 

このように、レジスタンスラインまで価格が来ると、押し返されている事がわかります。

 

サポートラインとレジスタンスラインが機能するのは何故?

多くの人がサポートラインとレジスタンスラインを意識することで、サポートラインとレジスアンスラインが機能します。

 

例えば、サポートラインが機能すると知っているトレーダーは次のように考えるでしょう。

・売買のタイミングを狙っているトレーダー「買い」で入ろう

サポートラインまで価格が来ると、次は価格が上がるだろうと予測し「買い」で入るトレーダーです。

 

・すでに「売り」でポジションを持っていたトレーダーそろそろ決済させよう

サポートラインまで来ると反発する事があるので、ここで一度、決済をして利益を確定させようと考え「買い」の決済をするトレーダーです

このように考えるトレーダーが多くいます。

 

売買のタイミングを狙って「買い」で入るトレーダーと、決済をするトレーダーの「買い」が入る事で、価格はライン付近で上がっていくのです。

 

レジスタンスラインも同じです。

レジスタンスラインまで価格が上がってくると、そろそろ下がるだろうと「売り」を狙うトレーダーがいます。

また、すでに買いから入って含み益を抱えているトレーダー決済をして利益を確定しようとするでしょう。

 

そうすることで、新たに新規でポジションを持つトレーダーと、決済をするトレーダーの「売り」が重なることで、価格はレジスタンスライン付近にくると下がる傾向にあります。

サポートラインとレジスタンスラインの特徴

サポートラインとレジスタンスラインの特徴として次のような特徴があります。

 

『レジスタンスラインを抜けると、それまでのレジスタンスラインがサポートラインに変わる』

 

以下の図ではそれまでレジスタンスラインとして機能していた線がサポートラインに変わった事がわかる図です。

このように一度レジスタンスラインを抜ける(ブレイクする)と、それまで『レジスタンスライン』として機能していた線が『サポートライン』に切り変わる事があるのです。

また、一度ラインを抜けた(ブレイクした)場合、大きく価格が動く事があります。

 

それまで、「売り」と「買い」がはライン付近で均衡していたのに、ラインを抜けた(ブレイク)事で「買いが優勢」だと判断するトレーダーが多くいます。

 

ラインを抜けた事で、これから価格はもっと上がっていくだろうと予測し新たに「買い」で入るトレーダーがトレーダーが多く出ててきます。

 

サポートラインとレジスタンスラインを意識してトレードする事で大きな利益を上げることもできます。

 

次にサポートラインをレジスタンスラインを使った具体的なトレード例について解説していきます。

一つは、

『サポートラインとレジスタンスライン』の間で利益を狙うトレード

もう一つは、

『ラインのブレイクを狙った』トレード方法です。

 

サポートラインとレジスタンスラインを意識した実際のトレード例1

以下の図を見てください。

このチャートでは、

・113.44円でサポートライン

・113.65円のところでレジスタンスライン

を引く事ができます。

そこで、

・113.44円付近まで下がったら買い

・113.65円付近まで来たら決済

もしくは、

・113.65円付近まで下がったら売り

・113.44円付近まで来たら決済

というトレードのシナリオを立てトレードする事ができます。

図のような場所でエントリーをした場合、113.44円と113.65円の幅の利益を狙ったトレードができます。

 

サポートラインとレジスタンスラインを意識した実際のトレード例2

次の図のようなチャートでは

・113.50円でサポートラインが引けます。

113.50円のラインを価格が抜けていった(ブレイクした)ところでエントリーを狙います。

それまでサポート・レジスタンスされたラインを抜けた(ブレイク)事で大きく利益を残す事ができます。

 

このようにサポートラインとレジスタンスラインを使って売買ポイントを見つける事ができます。

 

しかし、サポートラインとレジスタンスラインだけで勝ち続けることはできません

トレードする際は、サポートラインとレジスタンスラインだけで判断するのは危険です。

 

1つの売買サインだけでは「だまし」も多く見られるからです。

(だましとは売買サインが出たにも関わらずそれとは逆に動くことです)

 

他の手法と組み合わせて使う事でより、勝てる確率を上げたトレードを行う事ができるでしょう。

FXチャート分析でサポートラインとレジスタンスラインを引く方法

次にサポートラインとレジスタンスラインの引き方と意識するポイントについて解説していきます。

 

サポートラインとレジスタンスラインを引く際は以下のことを意識してラインを引いてみてください。

・サポートラインは安値同士、レジスタンスラインは高値同士に線を引く

・サポートラインとレジスタンスラインは片方だけでなく両方引く

・複数の時間足でラインを引く

・完璧を求めない

 

それではポイントを押さえ実際にラインを引いていきます。

 

ラインを引く際は以下のようなステップで引きます。

ステップ1:直近の高値と安値を見つけラインを引く

ステップ2:直近の高値と安値以外の場所にも引いてみる

ステップ3:他の時間足にも引いてみる

 

ステップ1:直近の高値と安値を見つけラインを引く

まずは、直近の高値と安値を見つけて線を引いてみましょう

の高値と安値に合わせてラインを引く事ができる。

 

ラインを引く際は、ローソク足のヒゲと実体のどの部分に引くか悩むと思います。

しかし、正解はありません

まずどちらかに引いてみて、その後のローソク足の動きをみて線が意識されていると思った方を残し、意識されていない線を消すと良いでしょう。

 

意識されているかどうかは、ローソク足の動きを見て判断ができます。

ライン付近に来た際のローソク足の動きを見てみてください。

 

ラインを超えたり戻ってきたりと、迷っている動きが見えると、そのラインは意識されているということが分かります。

 

ステップ2:直近の高値と安値以外の場所にも引いてみる

次に直近の高値と安値以外の場所にもラインを引いてみましょう。

そうする事で現在のラインを抜けた(ブレイクした)際に、次に意識されるラインを知ることができます。

この図のように、次に意識されるラインを知る事で、

『このラインを抜けると、ここまで下がりそうだな(または上がりそうだな)』

など値動きの予測を立てる事ができます。

 

ステップ3:他の時間足にも引いてみる

ラインを引く際は、自分が常にみている時間足だけに引くのではなく、他の時間足にも引くようにしましょう。

 

例えば、5分足を見てトレードしている方は、5分足だけでなく日足1分足でも引くようにします。

 

5分足だけで見たチャートと日足で見たチャートでは印象が大きく変わります。

このように他の時間足も見る事で現在の相場状況をより正確に知る事ができます。

実際に勝てるトレーダーは、他の時間足でのチャートの動きも意識してトレードを行っています。

 

他の時間足でラインを引く際は、週足日足4時間足1時間足5分足1分足

など、大きい時間帯から引いていく事で、より相場状況を正確に見る事ができます。

 

FXチャート分析『サポートライン』と『レジスタンスライン』についてのまとめ

今回の記事のまとめです。

・サポートラインとは『下値を支えるライン』

・レジスタンスラインとは『上値を抑えるライン』

・レジスタンスラインを抜けると、それまでのレジスタンスラインがサポートラインに変わる

・サポートラインとレジスタンスラインを活用する事で、相場の動きのヒントを得る事ができる

 

サポートラインとレジスタンスラインを引く際のポイント

・サポートラインは安値同士、レジスタンスラインは高値同士に線を引く

・サポートラインとレジスタンスラインは片方だけでなく両方引く

・複数の時間足でラインを引く

・完璧を求めない

 

トレードする際はサポートラインとレジスタンスラインだけで判断するのではなく、他の手法と組み合わせて使う事が大切。

そうする事で勝てる確率を上げたトレードを行う事ができるでしょう。

 

今回はサポートラインとレジスタンスラインについて解説してきました。

 

特に相場ではレジスタンスラインをブレイク後にサポートラインとして機能するというポイントが多く見られます。

そのようなポイントを見つけエントリーをする事がFXでは大切です。

 

また他の手法と合わせて使う事でより精度の高いエントリーポイントを見つける事ができるでしょう。

次の記事では、レジスタンスラインとサポートラインを使った売買ポイントについて、今回紹介したトレード例とは別のパターンについて書いています。

【記事準備中】

 

是非こちらの記事も読んでいただき相場を見る目をつトレードをしてみてください。

多くのトレーダーが意識する『サポートライン』『レジスタンスライン』

実際にチャートを見ていると、レジスタンスラインとサポートラインを多くのトレーダーが意識していることが分かると思います。

 

そのようなラインを見つけ、実際にトレードしてみる事で、相場を見る目や力が自然とついていくでしょう。

 

FXには多くの手法や分析方法があります。

多くの分析方法を身につけ、最終的に自分にあった手法を見つけていく事ができればFXで稼げるようになる日も近づくでしょう。

 

FXでは覚える事が沢山あります。

繰り返しチャートを見ていく事で、気づきや新たな発見をする事があるでしょう。

そうする事でチャートをみる目が身につきトレーダーとして成長していけるでしょう。

 

少しずつでも学んでいき、FXで稼げるようになる為に一緒に成長していけたらと思います。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント