FXで必須の損切りの考え方と損切りの重要性

FX基本知識

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

FXや株などの投資について学ぶと必ず損切りが大切ですと教えられます。

 

損切りとは、損をしている状態でそのトレードを終わらせる事です。

 

この『損切り』FXではとっても大切な事です。

 

『損切り』をに身につけないままFXでトレードしてしまうと身を滅ぼす事になるでしょう。

 

そのような事にならない為にも、今回の記事では

・そもそも『損切り』とは何か

・なぜ損切りが大切なのか

・損切りの必要性

損切りについてお伝えしていきます。

FXや投資で必ず出てくる『損切り』の必要性とは

損切りについて大切だと言われているけど、

・そもそも損切りってなに?

・損切りする必要なんてあるの

・損切りなんてしない方がいいのでは

・損しているなら、利益になるまで待てばいいではないか

 

などなど

『損切りってなに?』

と言った方や、

中には、

損切りなんて必要ない

と思う方も多いと思います。

 

しかし、そのような考えではすぐに資金が底を尽き大切なお金を失う事になります。

『損切り』はとても重要な事なのです。

FXで稼ぐためには損切りは絶対に身につけてください。

 

今は、『損切り』なんて必要ないと思っている方も、今回の記事で『損切り』に対する考え方が変わる事でしょう。

今回の記事で

・損切りをする事で得られるメリット

・損切りの必要性

についてを学ぶことで、FXで稼いでいくために必要な損切りの重要性について知る事ができます。

 

『損切り』の大切さを知らないままでは、FXで稼いでいくことはできないと断言できます。

 

そして稼ぐ事ができないだけでなく、借金を抱えるなど最悪の事態になりかねません。

今回の記事を読み損切りの大切さについて学んでいきましょう。

読み終わった頃には『損切り』の重要性についてが分かるでしょう。

 

損切りとは?なぜFXでは損切りが重要なのか

損切りとは損失を抱えている状態で決済をする事です。

 

FXでは新規注文(エントリー)決済をする事で、損益が確定します。

 

例えば、ドル円の取引をする場合

1ドル100円の時に今後価格があがていくと予想し「1ドル100円」で「買い」の新規注文(エントリー)をしました。

 

そして、その注文が通り1ドル100円の通貨を保有している状態となりました。

(新規注文が通った事を「約定」通貨を保有している状態をポジションを持つといいます)

今回の場合だと、1ドル100円の買いポジションを持つといいます。

 

そのまま予想どおり、価格が上がっていけば良いですが、予想とは逆に1ドル90円まで下がっていきました。

 

しかし、まだ決済をしていないので損失は確定していません

この状態を『含み損』を抱えた状態といいます。(利益が出ている場合は含み益と言う)

 

FXでは決済またはロスカットにならない限り損失は確定しません。

ロスカットについてはこちらの記事で解説しています⬇︎

FXで借金にならない仕組み『強制ロスカット』についてとロスカットに合わない為の回避方法

 

100円で買った1ドルが現在90円まで下がっているので、あなたは今10円の含み損を抱えている状態です。

 

今後価格は上がっていくかもしれませんし、更に下がるかもしれません。

価格が今後どうなるかは誰にもわからないのです。

 

そこで問われるのが以下の2択です。

.価格が上がるのを待つ

.決済をし10円の損失を確定させる

 

この時に、2の決済をし10円の損失を確定させることを『損切り』といいます。

1ドル100円で買った通貨を1ドル90円で決済し、10円の損失が確定します。

損切りする事で得られる2つの利点

中には損切りなんて必要ないと思う方もいるかもしれません。

しかし、損切りは非常に重要な事です。

 

損切りをする事で次のような利点があります

それ以上の損失を未然に防ぐ事ができる

次に来るチャンスに備える事ができる

 

『それ以上の損失を未然に防ぐ事ができる』とは

先の例でいうと、1ドル90円までの下落で済めばいいですが、1ドル70円までさらに下がった場合10円の損失が30円の損失に拡大してしまいます。

 

そうなった時に「あの時に90円で損切りしておけば」と後悔をしても遅いのです。

未来の価格など誰にも分かりません。

 

FXでは損失を最小限に抑える事を意識してトレードする事が大切です。

 

もう1つの利点『次に来るチャンスに備える事ができる(機会損失をなくす)』という事です。

 

機会損失とは、「稼ぎ損ない」の事です。

 

簡単に言えば利益を得る機会を逃すという事です。

 

損切りをせずに、ポジションを抱えている状態というのは投資で使える資金を拘束されている状態です。

含み損を抱えている状態で価格が上がるのを待ってるとしたら、次のポジションを持てずに、トレードをする機会を逃してしまいます

 

しかし、早めに見切りをつけ、『損切り』をしていれば、新たなチャンスを逃す事なくエントリーができます。

 

もし、損切りをせずにただ、価格が上がることを祈り待っている状態では、せっかくのチャンスが来てもエントリーが出来ずに利益を得る機会を逃すことになります。

 

 

FXでは『損切り』ができないと大切な資金を失うことに

損切りができなかったが為に資金や元手を失うトレーダーは多くいます。

 

本来なら少額で抑えられていた損失が、損切りができない為に拡大して、手がつけられなくなり、ヤケになるトレーダーも多くいます。

 

また、損切りができずに価格が戻るのを待っているその間にも、稼げるチャンスは来ています。

 

予想が外れ、損失を抱えているのなら、まだ損失が少ないうちにさっさと損切りして、次のチャンスを狙った方が断然良いでしょう。

 

FXで稼ぐ為には損切りはとても重要な要素です。

 

FXで何億と稼ぐプロのトレーダーだって100%勝てる訳ではありません。

 

プロのトレーダーは、予想が外れたら華麗にあっさりと瞬時に『損切り』をします。

 

予想が外れた時にすっぱりと『損切り』ができるかどうかで稼げるトレーダーとそうでないトレーダーの差が出るのです。

 

FXトレードで『損切り』をするタイミングと考え方について

損切りの大切さが分かったところで、どのタイミングで『損切り』をしたら良いのかについてお伝えしていきます。

 

私が思う損切りをする際のポイントは次の2つです。

.損失額を決めての損切りはしない

.ポジションを持った根拠が崩れたら損切りをする

それぞれについて解説していきます。

 

損失額を決めての損切りはしない

損切りのタイミングとして「1000円損失になったら損切りしよう」など、『〇〇円の損をしたら損切りする』といった決め方をしている方が多くいます。

 

自分が許容できる損失を設定することは大切だと思うのでが、実際に損切りをする際は損失額で決めるのはオススメではありません。

 

その理由としては損失額を決めての損切りというのは、相場の状況に対応した損切りではないからです。

 

例えば、損失が1000円になったら損切りすると決めたトレーダーがいたとします。

 

相場が上昇トレンドで、価格が上がっていくだろうと予想し「買い」でポジションを持ちました。(トレンドについてはこちらで解説しています)

 

しかし、価格は下がり、あらかじめ決めていた損切りポイントの1000円の損失で損切りをしました。

 

しかし、その後価格は大きく上がっていく事になりました。

なぜなら、一度価格は下げたものの、まだ上昇トレンドは継続していたのです。

 

金額を指定しての損切りは、その時の相場状況を見ていない為に、本来なら利益を得れていたトレードでも、結果が損失のトレードになってしまう事があります。

 

ではどのポイントで損切りを設定すれば良いのかというと、

『ポジションを持った根拠が崩れた時に損切りをする』ことが大切だと私は思います。

 

ポジションを持った根拠が崩れたら損切りをするとは、

先の例で言えば、「買い」で入ると決めた根拠が「上昇トレンド」なら、損切りは「上昇トレンド」が終わった時に設定すると決めます。

 

相場状況を見てエントリー、しかし決済は、含み損や含み益で決めるといったトレードは正しいトレードとは言えません。

 

そのようなトレードでは一時的に利益を上げる事もあるかもしれませんが、FXで長く稼いでいくことは出来ないでしょう。

 

相場の状況を見てエントリーを決めたのなら、決済も相場の状況で決める事が大切です。

 

しかし、

「いやいや、金額で決めないとすぐに資金がなくなってしまうよ」

「エントリーの根拠が崩れるまで持っていたら資金がなくなるよ」

「そんなに損失に耐えれない」

と思った方もいるでしょう。

 

確かに資金によっては1回の損切りが大きな額になると「キツイ」といった方もいるでしょう。

 

そのような場合は、トレードを見送る事で簡単に解決できます。

 

エントリーする際はエントリーの根拠から、あらかじめ損切りをするポイントを決めて、損切りの額が許容できる額でない場合はトレードを見送るようにしましょう。

 

無理してトレードをする必要はありません。

時には我慢をしてトレードを見送ることもFXでは大切なのです。

FXでトレードする前には必ず損切りポイントを決めて損失を受け入れられる場合のみトレードをする

損切りは決して気持ちがいいものではありません。

 

決済しなければ含み損のまま損失を確定させなくて済むので、多くの人が損切りができずに損失をさらに増やしていきます。

 

そうならない為に大切なのは、根拠を持ってトレードする事が大切なのはもちろん、エントリーと同時に、損切りポイントも設定する事が大切です。

トレードをする際は、エントリーと同時に決済の注文も同時に入れておきましょう。

 

FXには様々な注文方法があり、エントリーと同時に損切りも同時に入れられる方法があります。

注文方法についてはこちらの記事で読めます。

FXの注文方法の種類と実際のトレードで活用事例

 

トレードする際は以下の流れで行う事で損切りを行うようにしてください。

 

ステップ1:エントリーの根拠を見つける

チャートからエントリーできるポイントを見つけます。

エントリーの根拠となるチャートの見方はこのブログでも色々紹介しているので、是非色々な記事を読み学んで頂ければと思います。

 

ステップ2:利確目標と損切りポイントを考える

チャートからエントリーポイントを見つけたら次に損切りポイントを考えます。

 

FXでは絶対に勝てるポイントはありません。

 

いくら自信のあるトレードでも予想と外れる事は多々あるでしょう。

 

予想と外れてしまった際に損失を拡大させないためにもあらかじめ損切りポイントを決めておきましょう。

 

損切りポイントを決める際は、エントリーの根拠が崩れた時です。

 

例えば、上昇トレンドのトレンドラインを抜けたら価格はさらに下がっていくだろうと予想し売りでエントリーと場合

損切りラインはトレンドラインをローソク足が再度戻し上昇た時

など、自分が決めた根拠が崩れた時に損切りをするようにしましょう。

 

初めは損切りのポイントを正確に見極めることは難しいと思います。

 

しかし、実際にトレードを重ねることで精度を上げていけれるようになれば大丈夫です。

 

いきなり完璧なトレードシナリオを立てるのはできなくても大丈夫ので、しっかりと考えた上でトレードを繰り返すことが大切です。

そうする事で徐々に予想の精度を上げていけるようになるはずです。

 

ステップ3:エントリーするかを決める

エントリーをする前に損切りポイントを決めたら、次にその損切りに耐えられるかによりエントリーをするかどうか決めます。

 

例えば、損切りになったら1000円のマイナスになるなと事前に損切りにあった時の損失を考えます。

その時に

・耐えられるならエントリー

・耐えられないならトレードを見送る

こんなに損失が出てはもう立ち直れない損失額が大きすぎる」と感じるのならトレードを見送りましょう。

これくらいの損失なら受けられるといった場合の時だけトレードをする事が大切です。

 

損切りについてのまとめ

損切りとは

・損失を抱えている状態で決済をする事

 

損切りをすることの利点

・それ以上の損失を未然に防ぐ事ができる

・次に来るチャンスに備える事ができる

 

損切りのタイミングを決めるポイントは次の2つ

・損失額を決めて損切りはしない

・ポジションを持った根拠が崩れた時に損切り

 

トレードする際の3ステップ

ステップ1:エントリーの根拠を見つける

ステップ2:利確目標と損切りポイントを考える

ステップ3:エントリーするかを決める

 

FXでは損切りができないと生き残っていけません。

FXをしていると必ず損失を抱える事があるでしょう。

 

何億と稼いでいるプロのトレーダーでも負ける事はあるのです。

稼いでいるトレーダーは必ず損切りをしています。

 

稼いでいるトレーダーとそうでないトレーダーでは損切りの考え方が大きく事なります。

 

また、稼いでいるトレーダーはその時(損切りのタイミング)が来たら即実行にうつします。

 

自分の資金の許容を超える前に必ず損切りができるようになってください。

 

損切りしただけでは終わらせない。毎回のトレードを振り返る

実際にトレードしている方でエントリーをする時に損切りポイントを決めていない方は、必ず損切りポイントを決めてからトレードをするようにしてください。

 

また、トレードが終わった後に損切りポイントは正しかったのかを、振り返る事で、トレードの精度はどんどん上がっていくでしょう。

 

次の記事では『バルサラの破産確率』について解説しています。

 

バルサラの破産確率とは数学者の方が考えた破産する確率についての理論です。

この理論を学ぶ事でどのようなトレードなら利益が残せて、破産を回避できるかわかるようになります。

是非こちらの記事も読んでみてください。

あなたがFXで破産する確率は何%?バルサラの破産確率を活用しFXで期待値の高いトレードを行う方法

 

FXを始める目的は「お金」を増やす事です。

FXでは短時間でお金を増やす事ができる魅力があります。

しかし、多くの人がFXでお金を失っています。

 

FXでお金を増やす事を目的として始めるにも関わらず、実際にはお金を失っている方の方が多いのが事実です。

 

お金を失っているトレーダーの多くが、損切りについて正しく理解ができていません

 

FXでは、損切り以外にも多くの知識を身につけ、実際にその知識を活用できるようになって始めて稼げるようになるでしょう。

これから、FXで稼いで行けるようになる為に知識を取り入れ、活用できるように取り組んでいきましょう。

 

このブログが少しでもあなたの役に立てれば嬉しく思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント