【FX基本知識】ロット(lot)とは?FXの通貨単位について

FX基本知識

 

 

 

ロットについて分かりやすく簡単に解説

副業でFXに挑戦中のタクトです。

 

今回の記事では

・ロット(lot)とは?

・1ロット(lot)でいくら利益や損が出るのか?

FXを始めるのには、いくら資金(元手)が必要なのか?

についてお伝えしていきます。

 

FX会社の広告などで『新規口座開設後〇〇lot(ロット)の取引で〇〇円のキャッシュバック』など目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、ロット(lot)て何?

 

といった方も多いと思います。

 

そこで今回の記事ではFXの基本知識であるロットやFXを始める際に必要な資金(元手)について解説していきます。

 

私自身もFXを始める前はロットて何?

 

と同じように疑問を持っていました。

 

しかし、一度学んでみるととても簡単なものなので、ご安心ください。

 

ロット(lot)やFXを始めるのに必要な資金、FXで得られる利益やリスクが分かるようになる

今回の記事で、ロットや通貨について学ぶことで、FXで使われる用語が分かるようになるだけでなく、

 

FXを始めるには「いくらの元手が必要」なのか、

 

また、1ロットの取引で「いくらの利益や損が出るのか」が分かるようになります。

しかし、ロットや通貨について分からないままFXを初めてしまうと、思わぬ損失を受けることになってしまいます。

 

また、始めから大きなロットでトレードして負けてしまうと、お金を失うだけでなく精神的にも大きなダメージを受けることになります。

 

そうならない為にも、FXの基本知識であるロット(lot)や通貨について学んでいきましょう。

 

ロットについて覚えるのは難しくないので、安心して最後まで読んでください。

 

ロット(lot)とは?

 

ロット(lotとは「売買単位」のことです。

 

「売買単位」はFXだけでなく、私たちの生活の中にもたくさんあります。

 

例えば、スーパーで売っている「たまご」は1パック6個入りや10個入りで売っています。

 

たまごを1個だけで売っているところは見たことがありません。

 

また、たこ焼きも1パック6個入りや8個入りで売っています。

 

たまごやたこ焼きなどは、1個づつ単品ではなく1パックづつ買いますよね。

 

たまごやたこ焼きに、1パック6個入りや10個入りがあるように、

FXも同じで、1ロット(lot1万通貨や「1000通貨」での取引となります。

 

「通貨?」何それ?

 

と思った方もこの後詳しく解説していくのでご安心ください。

 

ちなみにFXの会社により取引できる最小通貨が異なります

 

1000通貨から取引できるところもあれば、1万通貨からのところもあります。

 

中には「10通貨」から取引できる海外の会社もあったりします。

 

基本は『1ロット=1万通貨』の会社が多いです。

 

ロット(lot)と通貨はセットで覚えよう

 

1ロット=1万通貨1万通貨とは、

 

ドルの取引の場合「1万ドル」

ユーロの場合は「1万ユーロ」

 

取引をするということです。

 

1万円分のドル1万円分のユーロということではありません。

 

ということは

 

1ドル100円の場合

1ロット=1万通貨=1万ドル=100万円

 

1ユーロ130円の場合

1ロット=1万通貨=1万ユーロ=130万円

 

「そんなに金ねーよ」

FXは諦めよう」

 

と思った方も安心してください。

 

FXの取引をするのに100万円も130万円も必要だとハードルが高すぎて始めることができません。

 

1ロット(1万通貨)取引するのに必要な資金(元手)とは

 

FXを始めたいけど、100万円や130万円もの資金(元手)は無い

FXを諦める必要はありません。

 

私も100万円も資金がある訳ではありませんがFXで取引をしています。

 

実際に今までトータルで500ロット以上の取引を行っています。

 

FXの最大の魅力レバレッジを使うことで少ない資金で取引可能

 

FXでは「レバレッジ」を使うことで少ない資金からFXを始めることができます。

 

レバレッジとは「少ない資金で大きな金額を動かす力」のことです。

 

レバレッジを表す際によく説明されるのが「テコ」の原理です。

 

テコの原理を使うことで小さな力で大きなものを動かすことができますよね

 

レバレッジもそれと同じです。

 

そしてレバレッジの大きさを表す際には「5倍」「25倍」などの倍率で表現されます。

 

◯◯倍と◯に入る数字が大きくなればなるほど

小さな資金でより大きな金額を動かせると思ってください。

 

レバレッジは日本の会社では最大25倍となっています。

 

レバレッジが25倍というのは、資金(元手)に対して25倍までの取引ができるということです。

 

例えばレバレッジがない場合

ドル円の取引の場合1ドル100円だと

100円✖️10000通貨100万円 必要ですが、

レバレッジ25倍かける場合は

100円✖️10000通貨25(レバレッジ)4万円

 

1ロットの取引に必要な資金(元手)は4万円ということです。

 

1000通貨から取引できる取引所であれば、元手は4千円あれば1ロットの取引が可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

1ロットの取引ではどれくらいの利益が出せるのか?またリスクはどれくらいあるのか

 

ここでは、1ロットの取引をした際にいったいどれくらいの利益や損が出るのかについて解説していきます。

 

ドル円での取引の場合

1ドル100円で1ロット買って1ドルが110円まで上がった場合

  

1ドル100円で1ロット買った後に1ドルが90円に下がった場合

利益や損を計算する場合はこのようになります。

 

もちろんロット数を上げればその分損益も大きくなります。

「いちいち計算なんてめんどくさい」

「数字なんて苦手で嫌だ」

 

という方もご安心ください。

 

FXの取引画面に今いったいどれくらい利益や損が出ているのかリアルタイムで表示されます。

 

実際に取引する際はいちいち自分で計算する必要はありません。

FX会社によって取引できる単位が違う。自分の許容できるリスクの範囲でFXを始めることが大切

 

FX会社を選ぶ際には「何通貨から取引ができるか」も重要なポイントの1つです。

 

1000通貨から取引できるのか?

 

または1万通貨からなのか?

 

先ほどお伝えしたように、それにより必要な資金が変わってきます。

 

もし元手が1万円しか無いのに1万通貨からしか取引できないFX会社を選んでしまうと、1万円では取引ができません。

 

しかし、1000通貨単位でトレードできるFX会社だと元手が1万円からでもトレードが可能です。

 

また、通貨単位が大きくなれば、それだけ1回のトレードの損益も大きくなります。

 

ここで重要なのは、「資金(元手)はいくらから始めるのか」「1回のトレードで利益や損失のリスクをいくらまで許容できるか」をあなたの経済状況などを考え決めることが大切です。

 

FXはあなた自身が許容できるリスクの範囲で始めましょう。

 

 

初心者は1000通貨から始められるFX会社がオススメ

 

初心者の方やこれからFXを始めようと思っている方は1000通貨から取引ができる会社を選ぶことをオススメします。

 

元手も少なく始められ、利益は少なくなりますが、損失も低く抑えられる1000通貨から取引できるFX会社を選ぶと良いでしょう。

 

1万通貨分の取引をしようと思えば、1000通貨の取引所では10回もトレードができます。

 

1万通貨の取引を1回するのと、1000通貨の取引を10回するのでかかる資金は同じです。

 

しかし、1000通貨で10回トレードした方が経験値が積めるので成長もできるでしょう。

 

そのような点からもこれからFXを始めようと考えている初心者の方には1000通貨から始められる取引所がオススメになります。

ロット(lot)についてのまとめ

 

それでは本日のまとめです。

 

ロット(lot)とは通貨単位のことです。

 

「たまご」や「たこ焼き」も1パックごとに買うようにFXも1000通貨や1万通貨といった単位でトレードを行います。

 

「1ロット=1万通貨」FX会社が多く、FX会社によっては1000通貨やそれよりも低い通貨単位でトレードできる会社もあります。

 

そのため、FX会社を選ぶ1つのポイントとして何通貨からトレードできるのかがあります。

 

これからFXを始めようと考えている方は1000通貨からトレードできるFX会社を選ぶと良いでしょう。

 

また、レバレッジをかけることで少ない資金からFXを始めることができます。

 

FXは短時間で多くの利益を得ることもできますが、その逆に大きな損失を受けることもあります。

 

重要なのはあなたが「どれくらいのリスクを許容できるか」を考えることです。

 

自分で決めた範囲のリスクやロットを守りトレードするようにしましょう。

 

百聞は一見に如かず。実際にFXを始めることで成長スピードは格段に上がる

 

FXには難しい単語や知らない言葉がたくさん登場します。

 

そのため、本日お伝えしたことも数日たつと忘れてしまうでしょう。

 

それは、当然のことですので安心してください。

 

1回読んで理解できなくても当然です。

 

難しく考えずに何度も読み返してみてください。

 

また、一番良いのは実際にFXに挑戦することです。

 

「百聞は一見に如かず」というように

 

実際に挑戦することで理解は格段に早まります。

 

100回読むより1回の挑戦です。

 

そうすることで、本日お伝えしたことも自然と覚えていけるでしょう。

次の記事では、初心者の方にオススメの1000通貨単位でトレードできるFX会社について書いています。

初心者にオススメのFX口座!『みんなのFX』の特徴とオススメ理由

 

リスクを把握し実践、成長していくことで将来FXで安定して勝てるようになる

 

今回の記事で、ロットについては理解していただけたと思います。

 

FXをする際には自分の資金や許容できるリスクを考えトレードすることが大切です。

 

始めから大きなロットでトレードするのではなく、少ないロットから挑戦していき、徐々に手応えをつかんできて、はじめてロットを増やしていくと良いでしょう。

 

段階を踏み成長していければ、将来FXで大きく利益をあげられるようにもなって来るはずです。

しかし、本日学んだことも実践してみないことには、中々身につきません。

 

FXは急に勝てるようになるほど甘くはありません。

 

コツコツと実践して行き少しづづでも成長していくことで、数年後に大きな差が出て来るでしょう。

FXに興味があり、初めてみたいと考えているのならデモトレードからでもいいので、実際に挑戦してみてください。

 

このブログを通し一緒に頑張っていけたらと思います。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

少しでも、副業やFXに興味があり、また私の考えに共感できる部分などあれば是非このブログをブックマークし覗きに来て下さい。

 

また、ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらお問い合わせページからお願いいたします。

 

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

 

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント