FX取引で使われる『MT4(メタトレーダー4)』とは?MT4の特徴とメリット・デメリット

FX基本知識

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

今回の記事ではFXをする際に多くのトレーダーが使用しているMT』と言われる「メタトレーダー4」について解説していきます。

 

MT4とはトレードをする際のプラットフォームで、チャートを好きなようにカスタマイズしてトレードをすることができる高機能なプラットフォームです。

 

国内業者を利用してFXトレードを行う際は、各FX業者ごとに独自のプラットフォームを採用しているのでMT4を使う機会はありません。

 

しかし、海外FXをする際には、多くの海外FX業者が「MT4」を採用しています。

 

そのため、海外業者でFXをする際はMT4を使うことになります。

MT4では国内業者が作っている独自のプラットフォームと異なり、カスタマイズなどの自由度が高い反面、初めて使う際は戸惑うこともあるかと思います。

 

私自身も海外FXに挑戦する際に初めてMT4を利用しましたが、戸惑うことが多くありました。

 

またMT4が気になっているけど、MT4ってどんなツール?

といった疑問を持っている方も多いでしょう。

 

そこで、今回の記事では

MT4とは何か?

MT4でできること

MT4のメリット・デメリット

などについて解説していきます。

これから国内の業者だけでなく海外FXに挑戦したい方は、MT4を使いトレードをすることになるでしょう。

 

また、少ないですが国内の業者でもMT4を採用している業者もあります。

 

今回の記事でMT4がどのような取引プラットフォームなのかについてお伝えしていきます。

FX取引で最も使われているプラットフォーム『MT4』とは?

MT4とは世界で最もメジャーで高機能FX取引プラットフォームです。

 

MT4は誰でも無料で使うことができます。

 

MT4は、ロシアのMetaQuotes社が開発したプラットフォームで、無数のテクニカルツールを使用することができます。

 

そのほかにも、世界中の開発者が作ったオリジナルのテクニカルツールもインストールすることで使用することができます。

 

また自動トレードシステム(自動売買)も行うことができ、世界中の開発者が作ったシステムもインストールすることで使用できます。

 

日本の国内業社では各社がオリジナルのプラットフォームを採用しているため、国内のFX業者でトレードをする際はMT4を使う機会は少ないでしょう。

 

しかし、世界的に最も使われているプラットフォームは「MT4」なのです。

FX取引で大人気のMT4でできることとは

次にMT4でできることについて解説していきます。

 

MT4では50種類以上のテクニカルツールが標準搭載

MT4では50種類以上のテクニカルツールが標準搭載されており、それらをチャート上に無数に表示させることが可能です。

 

MT4ではプログラミングすることでオリジナルのテクニカルツール作成可能

 

MT4では標準に搭載されているテクニカルツールの他にも、MQLという専用のプログラミング言語でプログラミングされているツールをインストールして使用することもできます。

 

プログラミングスキルがある人であれば、独自のテクニカルツールを作り使用することや販売をすることも可能です。

 

また、プログラミングのスキルがない人でも、世界中で多くの企業やトレーダーが作成した多くのテクニカルツールをダウンロードして使用することもできます。

 

システムトレード(自動売買)ができる

MT4では「MQL4」といった専用の言語によってプログラミングされたEAと呼ばれる自動売買ロジックを起動させ、システムトレード(自動売買)を行うことができます。

 

また、この自動売買システムは、バックテスト機能を使うことで、過去のチャートを使用して成績を事前にテストすることもできるようです。

 

そのため、より良い成績が出ているシステムを選ぶことができます。

 

EAと呼ばれる自動売買システムも自身で作成し販売することも可能です。

 

また、すでにマーケットで販売されているものをダウンロードし使用することもできます。

 

FX取引プラットフォーム『MT4』のメリットデメリット

以下にMT4のメリット、デメリットについてまとめました。

 

メリット

・無料で使える

・自由度が高い

・高機能なツールを使用できる

 

デメリット

MT4に対応している国内業社が少ない

・慣れないと使いづらい

Macのパソコンでは文字化けされることもある

 

MT4は無料で使用でき、先にお伝えしたように、無数のテクニカルツールを表示させ使用することが可能です。

 

また、オリジナルのテクニカルツールを作成して使用したり、他の誰かが作ったものをダウンロードして使用するこもできます。

 

そのため、国内業社が独自で作っているプラットフォームよりも自由度が高く、様々なカスタマイズをすることができます。

 

MT4のデメリットとしては国内業社ではMT4に対応している業者が少なく、MT4を使ってトレードがしたくてもできないといったこともあります。

 

また、高機能で様々なカスタマイズができる反面、操作には慣れが必要です。

 

国内業社が独自に作っているプラットフォームでは、初心者向けに簡単に作られているため、国内業社のプラットフォームに慣れている方は戸惑いがあるかもしれません。

 

Macのパソコンでは文字化けすることも

MT4はパソコンにダウンロードをして使用するのですが、Macのパソコンでは文字化けすることがあります。

 

Macでログインする際に文字が□□のように文字化けすることも⬇︎

そのような時は、MacのパソコンにWindowsOSを入れることで対処できるようです。

FX取引でMT4を使う方法

MT4を使う際には、まずはパソコンにMTダウンロードする必要があります。

 

ダウンロードの仕方は以下の2つです。

.MT4対応のFX業者に登録しMT4をダウンロードする

.MT4公式サイトからダウンロードする

 

多くの方がMT4対応のFX業社に登録した際にMT4をダウンロードし使用していると思います。

 

MT4対応のFX業者に登録すると、MT4へログインするためのサーバーIDパスワード、などがメールで送られてきます。

 

MT4をダウンロードして送られてきたサーバーID、パスワード、を入力することでMT4でトレードを行うことができます。

FX取引プラットフォーム『MT4』を使用するまでの簡単なステップ

MT4を使うステップ

ステップ1:MT4対応業社に登録する

ステップ2:MT4のダウンロード

ステップ3:ログインする

 

 

ステップ1:MT4対応業社に登録

まずMT4を使うためにはMT4対応業社に登録しましょう。

 

オススメのMT4対応の業者はXMです。

 

以下に「XM」についての記事を張っていますので、興味がある方は是非読んで見てください

初心者でも簡単!XMに登録し元手0円からFXを始める方法

 

ステップ2:MT4のダウンロード

MT4対応業社に登録した場合、各FX業者のホームページまたは登録業社からきたメールからMT4のダウンロードページへ行けるのでそこからダウンロードをしましょう。

 

ステップ3:ログインをする

MT4対応のFX業者に登録した際には、MT4にログインするためのサーバーIDやパスワードがメールで送られてきます。

 

そこに記載ある通りに入力することでログインしトレードを行うことができます。

1度MT4をダウンロードしてしまえば、違うFX業者でトレードする際にも、パスワードとサーバーIDを選ぶだけでアカウントを切り替えることができます

 

そのため、再度ダウンロードしなおす必要はありません。

FX取引プラットフォーム『MT4』のまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

MT4とは世界中で多くのトレーダーに使われているFXトレードのプラットフォーム

・50種類以上のテクニカルツールが使え画面上に何個も表示可能

・オリジナルのテクニカルツールの作成、販売が可能

・世界中のトレーダーや企業が作成したテクニカルツールもダウンロードし使用可能

・自動売買を行うことができる

・独自の自動売買ツールの作成、販売が可能

・世界中のトレーダーや企業が作成した自動売買ツールもダウンロードし使用可能

 

MT4のメリット

・無料で使える

・自由度が高い

・高機能なツールを使用できる

MT4のデメリット

MT4に対応している国内業社が少ない

・慣れないと使いづらい

Macのパソコンでは文字化けされることもある

 

MT4のダウンロードの仕方

ステップ1:MT4対応業社に登録する

ステップ2:MT4のダウンロード

ステップ3:ログインする

今回は、MT4について解説していきました。

 

これから海外FXに挑戦したい方はMT4を使いトレードすることになるでしょう。

 

MT4はカスタマイズができ高機能なプラットフォームです。

 

そのため、使いこなすには慣れが必要です。

 

また、MT4にはスマートフォンで使用できるアプリもあります。

 

パソコン版のMT4とアプリ版の違いや使い方について解説していますので是非こちらの記事も読んで頂きたいと思います。

【記事準備中】

私自身のトレードは非常にシンプルなものなので、高機能なテクニカル分析は行っていません。

そのため、実際のトレードはアプリ版で行うことが多いです。

 

スマートフォンをメインにトレードする方は是非参考にしてみてください。

 

高いレバレッジをかけてトレードができる海外FXでは少ない資金からでも大きなお金を作ることが可能です。

 

海外FXには少ない資金からでも大きなトレードができる魅力があります。

 

海外FXでトレードする際はMT4を使ったトレードになるでしょう。

 

国内業社のプラットフォームと違い、慣れが必要ですが高機能なチャート分析やツールが使える便利なプラットフォームです。

 

今回の記事でMT4について少しでも理解していただければ嬉しく思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント