FXチャート分析で使えるオシレーター系のインジケーターとは

チャート分析

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

チャート分析をする際にはインジケーターがとても便利です。

 

インジケーターの中でも『テクニカル系』と『オシレーター系』のツールがあるのはご存知ですか?

 

今回の記事ではオシレーター系のインジケーターについて勉強したので紹介していきたいとます。

 

インジケーターてなに?という方は、以下の記事で詳しく解説していますのでこちらの記事も一緒に読んでください。

FXチャート分析の基本『インジケーター」とは

 

今回の記事では、

オシレーター系とは?

オシレーター系の中での代表的なツール

についてなど学んだことをお伝えしていきたいと思います。

 

『オシレーター系』のツールを使えるようになると、トレードの幅が広がり、売買のタイミングを見つける事ができるようになります。

 

私と同じように『オシレーター系』て何?と疑問に思っている方や、売買のタイミングがわからないといった方は是非今回の記事で一緒に勉強していきましょう。

FXのインジケーター『オシレーター系』で売買タイミングを見つける

以下の画像のようなチャートだけを見て売買のタイミングわかりますか?

 

トレードをする際に、チャートを見ただけでは、どのタイミングで売買していいのかわかりませんよね。

 

カンで「買い」や「売り」を入れても、たまには勝てる事もあるかもしれませんが、長期的にFXで稼いでいくことはできません。

しかし、FXで長期的に稼いでいくには、チャートを分析し自分なりの根拠を持って「買い」や「売り」を行う必要があります。

 

そこで、「オシレーター系」のツールがチャート分析をする際に役立ちます。

『オシレーター系』のツールを活用できるようになれば、チャートを見て、「そろそろ価格が上がりそうだな」「価格はそろそろ下がるかな」などを読み取る事ができるようになります。

価格の動きを読み取る事ができるようになれば、『売買サイン』を見つける事ができるようになります。

 

しかし、『オシレーター系』のツールも万能ではありません。

 

オシレーターが苦手とする部分もあるので、活用する際は注意も必要です。

今回の記事で、『オシレーター系』のツールについてしっかり学んでいきましょう。

 

オシレーター系のFXインジケーターとは

「オシレーター」とは振り子の意味があります。

 

相場の動きには、価格が『上がりすぎると下がり、下がりすぎると上がる』といた性質があります。

 

振り子のような『上がりぎると下がり、下がりすぎると上がる』といった相場の性質を利用して売買する事でFXでは利益を得る事ができます。

 

価格が上がりすぎていたら「売りを入れて、価格が下がった時に「買い戻すことでその差が利益になります。

 

逆に、価格が下がりすぎていたら「買いを入れ、価格が上がっていった時に「売ることで利益を得る事もできます。

 

このような売買を逆張りと言います。

しかし、チャートを見ただけでは、価格がどの水準まで行けば「上がりすぎなのか?下がりすぎなのか?」わかりません。

 

下の図のようなチャートを見ても価格が上がりすぎなのか、下がりすぎなのか分からないですよね?

 

そこで、『オシレーター系』のインジケーターを活用する事で、価格が上がりすぎなのか、下がりすぎなのかを判断する事ができるようになります。

 

(オシレーター「RSI」※使い方は後ほど解説します。)

 

このように『オシレーター系』のインジケーターを活用する事で、現在の価格が平均値よりどれくらい離れているのかが視覚的に分かりやすくなります。

【FXチャート分析】インジケーター「オシレーター系」の特徴

オシレーター系のインジケーターでは、価格が上がりすぎ下がりすぎ?を判断して売買のタイミングを見つける事ができます。

 

そのため、オシレーター系のインジケーターでは、価格がもみ合う「レンジ相場」で効果を発揮します。

 

レンジ相場って何?といった方は以下の記事で解説しているので読んでみてください。

【FXチャートの基本】トレンドを見極める方法と機能するトレンドラインを引く方法

 

レンジ相場では一定の幅で価格が上下し、もみ合っているので、そのような時には「オシレーター系」のサイン通りに価格が動く事が多くあります。

 

しかし、トレンドが出ている状態の時は常に価格が「上がりすぎ(上昇トレンド時)」「下がりすぎ(下降トレンド時)」のサインが出ることになります。

 

上昇トレンド時に、オシレーターが示すサインにしたがい、『売り』を入れてしまうと、価格が中々下がっていかないといった事もあります。

 

また、価格が下がるどころか、どんどん上がっていき大きな損失を受ける事もあります。

 

トレンドが出ている時に、『オシレーター系』のインジケーターが示すサイン通りにトレードすると、大きな損失を受けてしまうので注意が必要です。

 

このように「オシレーター系」のインジケーターの特徴として

レンジ相場と相性が良い

トレンド相場に弱い

逆張りのトレード向き

といった特徴があります。

オシレーター系のFXで使えるインジケーターを3つ紹介

次に代表的な「オシレーター系」のツールを3つ紹介していきます。

 

ここでは「オシレーター系」にどのようなツールがあるかについてや、それぞれの売買のサインなどを簡単に紹介していきます。

 

MACD(マックディー)

MACDは移動平均線をさらに進化させ、売買のタイミングを簡単に判断できるようにしたインジケーターです。

 

移動平均線については以下の記事で詳しく書いています。

FXトレード移動平均線の種類と見方『ゴールデンクロスとデッドクロス』について

 

MACDは多くの人に使われている人気のツールです。

MACDは「MACDとシグナル」の2つの線の動きで売買の判断を行う事ができます。

 

MACDの売買サイン

MACDがシグナルを下から上に突き抜けたら「買い」

MACDがシグナルを上から下に突き抜けたら「売り」

 

RSI(アールエスアイ)

RSIは現在の価格が「上がりすぎ(買われすぎ)」なのか「下がりすぎ(売られすぎ)」なのかが分かるインジケーターです。

トレーダーは、売られすぎと判断すると、「そろそろ買いが入り価格が上がる」と考え、買われすぎと判断すると「そろそろ売りが入り価格が下がる」と考えます。

 

RSIではそのようなトレーダーの考えを利用して売買タイミングを見つける事ができます。

 

RSIは一本のラインの動きを見て、現在の相場が「買われすぎ(上がりすぎ)なのか?」「売られすぎ(下がりすぎ)なのか?」を判断します。

 

ラインが70%を超えると「買われすぎ」30%を下回ると「売られすぎ」と見ます。

 

RSIの売買のサイン

・70%を上回ったら「売り」

・30%を下回ったら「買い」

 

ストキャスティクス

ストキャスティクスはRSIと似ているインジケーターです。

 

RSIが70%と30%で買われすぎ、売られすぎの判断をするのに対し、ストキャスティクスでは、80%20%が買われすぎ、売られすぎの判断目安になります。

ストキャスティクスでは2本の線の動きと、位置関係で売買の判断を行うインジケーターです。

 

2本の線はそれぞれ「%K(パーセントK)」「%D(パーセントD)」と呼びます。

 

ストキャスティクスの売買サイン

・80%より上のゾーンで%Kが%Dを下に抜けた時に「売り」

・20%より下のゾーンで%Kが%Dを上に抜けた時に「買い」

FXトレードでインジケーターを使う際の注意点

インジケーターを使って取引する際の注意点についてお伝えしていきます。

 

インジケーターを使う事で売買のサインを読み取り、トレードする事ができます。

 

しかし、インジケーターを使えば100%勝てるわけではありません

 

インジケーターのサイン通りにトレードすれば必ず利益が出るわけではないので注意が必要です。

 

トレードをする際は、1つのインジケーターのサインだけを根拠にトレードするのではなく、他のツールと組み合わせて判断する事も大切です。

 

例えば、トレンド系のインジケーターオシレーター系のインジケーターつを根拠にトレードするなど、他のツールと組み合わせて使うと良いでしょう。

 

トレンド系のインジケーターについてはい以下の記事で解説していますので、是非こちらの記事も読んで見てください⬇︎

FXチャート分析に活用トレンド系のインジケーター

勝率の高いインジケーターの組み合わせを見つける手順

勝率の高いトレードをするために、自分なりにインジケーターの組み合わせを見つけてみてください。

 

より勝率を上げるためのインジケーターの組み合わせを見つける手順としては

ステップ1:トレンド系で1つインジケーターを決める

ステップ2:オシレーター系で1つインジケーターを決める

ステップ3:それぞれをチャートに表示させ過去の値動きを検証する

ステップ4:インジケーターの組み合わせを変えステップ3を繰り返す

 

以上のようなステップを行い、過去の値動きとインジケーターの示すサインを見て、より機能する組み合わせを見つけてみると良いでしょう。

 

各インジケーターの勉強やチャートを見る勉強にもなります。

 

また、自分なりのオリジナルのトレードルールが見つかるかもしれませんので是非行ってみてください。

 

FXインジケーターの「オシレーター」についてまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

 

今回はテクニカル分析で使えるインジケーターの中でも『オシレーター系』のツールについて学んでいきました。

・相場の動きには、価格が『上がりすぎると下がり、下がりすぎると上がる』といた性質があること

・『オシレーター系』のインジケーターを活用する事で、価格が上がりすぎなのか、下がりすぎなのかを判断する事ができること

 

オシレーター系の特徴として

・レンジ相場と相性が良い

・トレンド相場に弱い

・逆張りのトレード向き

といった事を学びました。

 

また、オシレーター系の代表的な種類として

MACD

RSI

・ストキャスティクス

を紹介していきました。

 

インジケーターはトレードする際の売買タイミングを計る上でとても便利なツールです。

 

しかし、インジケーターのサインを通りにトレードしても100%勝てるわけではありません。

 

トレードをする際は、1つのインジケーターのサインだけを根拠にトレードするのではなく、他のツールと組み合わせて判断する事が大切です。

 

より勝率を上げるためのインジケーターの組み合わせを見つける手順として

ステップ1:トレンド系で1つインジケーターを決める

ステップ2:オシレーター系で1つインジケーターを決める

ステップ3:それぞれをチャートに表示させ過去の値動きを見てみる

ステップ4:インジケーターの組み合わせを変えステップ3を繰り返す

以上のことを今回の記事では学んでいきました。

次の記事では、トレードの検証方法について解説しています。

 

FXで稼げるようになるには、検証作業は欠かすことのできない作業です。

 

また、今回お伝えした、「勝率を上げるためのインジケーターの組み合わせを見つける手順」でも使う事で、より効果の出る検証をする事ができるようになります。

 

是非次の記事も読んでみてください。

【記事準備中】

FXで利益を上げる為には特にテクニカル分析が非常に重要です。

 

ファンダメンタルズ分析も大切だと思いますが、短期的なトレードではテクニカル分析だけを根拠にしたトレードで利益を上げる事ができると思います。

 

テクニカル分析を行う事ができるようになれば、FXで利益を上げて稼ぎ続ける事ができると思っています

 

FXでは、サラリーマン以上の収入を上げる事ができる可能性が十分にあります。

 

これから、FXで稼いで行くためにもしっかりとトレードについて勉強する事が大切です。

 

これから「FXで稼げるようになりたい」といった方とこのブログを通じて一緒に勉強し成長していければと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント