国内FX口座と海外FX口座の違いとは?それぞれのメリット・デメリット

FX基本知識

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

FX取引では国内だけでなく海外の口座FXをはじめる事もできます。

 

FXを始める際に国内口座と海外口座ではそれぞれメリット・デメリットが存在します。

 

本日の記事では、

国内口座と海外口座の違い

海外口座での注意点

などについて書いていこうと思います。

海外FXに興味はあるけど実際どうなの?

・これからFXをはじめようと検討している方

・現在国内口座で取引している方で海外口座を検討中の方

・国内と海外口座で迷っている方

・海外口座に興味がある方

そのような方の中には海外FXに不安を持っている方も多いと思います。

特に海外口座と聞くと

「英語ができないけど大丈夫?」

といった心配もあるでしょう。

 

有名な海外口座の多くは日本語対応しているので、英語ができなくても問題はありません。

 

しかし、国内口座と海外口座では取引する際に、異なる特徴があります。

あなたに合ったFX口座で取引する為にも、今回の記事を読み、国内口座と海外口座、それぞれの違いや特徴、また、メリット・デメリットを理解し、口座開設する際の参考にしてもらえればと思います。

国内のFX口座と海外のFX口座の違いと特徴メリット・デメリット

海外FXと国内FXにはそれぞれ以下のような違いや特徴があります。

・レバレッジの違い

・ロスカットの違い

・スプレッドの違い

・取引プラットフォームの違い

・信託保全の有無

・ボーナスの違い

・登録方法の違い

それぞれについて解説していきます。

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:レバレッジの違い

国内口座と海外口座の大きな違いがレバレッジです。

レバレッジってなに?と言った方はこちらの記事を確認ください。

FXの魅力レバレッジとは?ハイレバレッジ=ハイリスクは本当なのか

 

国内FXではレバレッジが25倍と決められていますが、海外FXではレバレッジの規制がありません。

 

そのため、海外FXではレバレッジ500倍1000倍などのハイレバレッジが当たり前のようにあります。

 

FX取引ではレバレッジをかける事で元手に対して何倍もの取引が可能になります。

 

海外FXでは高いレバレッジをかける事で、少ない元手からでも大きな金額を稼ぐチャンスがあります。

 

例えば、10万円の元手で取引をする場合

・国内FXでは250万円分の取引(10万円✖️25倍)

・海外FXでは1億円分の取引が可能(10万円✖️1000倍)

 

このように、国内FXと海外FXではレバレッジに差があるので、取引できる量が大きく異なります。

 

海外FXと国内FXではかけれるレバレッジに10倍以上もの差があるのです。

 

もちろん大きなレバレッジは勝てれば大きな利益を得ることができますが、負ければ、同じだけ損失も大きくなるので注意が必要です。

 

しかし、レバレッジ1000倍だからと言って必ず1000倍のレバレッジをかけて取引しないといけ事はありません。

 

そのため、あなたの許容できる範囲でレバレッジをかけて取引をする様にすると良いでしょう。

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:ロスカットの違い

FXのようにレバレッジをかけた取引では借金になるリスクがあるのではないか?と疑問に思われる方もいるでしょう。

 

確かにレバレッジをかけた取引では、1回の取引での利益が大きくなる反面、損失も大きくなるといったことがあります。

 

しかし、FXではロスカットがあるので、基本的には借金になることはありません

ロスカットについてはこちらの記事で解説しています⬇︎

FXで借金にならない仕組み『強制ロスカット』についてとロスカットに合わない為の回避方法

 

損失額がFX会社が指定する水準に達した時点で強制的に決済がされ損失の拡大を防いでくれるのが『ロスカット』です。

 

しかし、相場があまりにも急変した場合に稀にロスカットが発動せずに預けた資金以上にマイナスになる場合があります。

 

そのような場合は、国内のFX会社ではマイナス分を口座に入金しなくてはいけません

 

しかし、海外の口座の多くがゼロカットシステムを採用している為、預けたお金以上にマイナス(借金)にならない仕組みになっています。

 

どれだけ損失を受けても、預けたお金の範囲の損失です。

 

10万円を口座に預けた場合は最大で10万円しか損失を受けることはありません

 

預けた10万円が0円になることがあっても、マイナス10万円などになることはないので安心です。

 

海外のFX会社では、高いレバレッジをかけて取引ができる為、マイナスになると大きな損失に繋がります。

 

その為、『ゼロカットシステム』を採用している会社が多いようです。

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:スプレッドの違い

スプレッドとは、取引手数料のようなものです。

 

このスプレッドが国内FXでは低く設定されているのに対し、海外FXではスプレッドが高く設定されています。

 

例えば、ドル円の取引の場合、国内業者の多くが『0.pips~』に対し海外業者では『1.2~2.pips』と大きく差があります。

 

この違いは、国内業者と海外業者のFX取引の仕組みの違いによりスプレッドに差があるようです。

 

スプレッドは取引するたびにかかるコストになるので、低いに越したことはありません。

 

海外口座では高いレバレッジをかけて取引ができる反面スプレッドは高く設定されています。

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:取引プラットフォームの違い

国内FXでは多くの場合が各業者ごとに専用に作られたプラットフォームで取引を行います。

 

そのため、初心者の方でも使いやすく簡単に取引ができます。

 

しかし、海外FXでは、独自のプラットフォームを作っている所は少なく、多くの場合がMT4』と言われる全世界で共通のプラットフォームを採用しています。

 

そのため、海外FXを始める際は、各業者からログインIDPWをもらいMT4にログインして取引を行うことになります。

MT4については以下の記事で解説しています⬇︎

FX取引で使われる『MT4(メタトレーダー4)』とは?MT4の特徴とメリット・デメリット

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:信託保全の有無

FXでは、FX会社が倒産した場合、口座に預けたお金が帰ってこないと言ったリスクがあります。

 

しかし、日本のFX会社では『信託保全』というのがあり、万が一FX会社が倒産した場合でも、預けた資金が全額返還されます。

 

その為、FX会社が倒産してもお金が戻ってくるので安心です。

 

しかし、海外のFX会社では「信託保全」というのがない為、預けたお金が戻ってこないと言ったリスクがあります。

 

その為、海外のFX会社で取引する際は、その会社が信頼できる会社かどうかを見極めることが重要です。

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:ボーナスの違い。海外FXはボーナスが熱い

海外のFX会社では、口座開設時にボーナスとしてトレード資金がもらえることがあります。

 

ボーナスは、入金する前から受け取れることもあるので、そのボーナスでトレードすれば元手0円からはじめることができます。

 

海外FXではさらに、入金額の100%などをボーナスとしてもらえる所もあります。

 

例えば、10万円を入金した場合は、入金ボーナスの100%の10万円がもらえ20万円の元手でFXをスタートすることができる所もあるのです。

 

10万円の元手が倍の20万円になるのは、資金の少ないトレーダーにはありがたいですよね。

 

このように海外FXではボーナスが多いと言ったメリットがあります。

 

国内FXでも口座開設でキャッシュバック5000円~1万円などもらえる事もありますが、〇〇円の入金、〇〇ロットの取引などの条件があります。

 

はじめに入金が必要なことや、取引を実際に行わないともらえない事が多いです。

 

そのため、口座開設ボーナス2万円をもらうために、指定のロット数を取引したら2万円以上損をしたといった様なことも起こります。

 

口座開設時のボーナスの条件はしっかりと確認する様にしましょう。

 

海外FXでは、国内口座のボーナスに比べ、手厚く条件も簡単なものが多いです。

 

国内口座と海外口座の違いと特徴:登録方法の違い。海外FXは登録が簡単

国内FXをはじめる際は、『個人情報を入力』『本人確認書類を提出』『審査』『入金』をすることではじめて取引が開始できます。

 

登録から約1~2週間ほど取引開始まで時間がかかります。

 

しかし、海外FXでは、名前とメールアドレスの登録だけで口座開設ができ、その日からすぐに取引が開始できます。

 

FX会社によっては、本人確認の提出は口座からお金を出金する時に登録すれば大丈夫なので、本人確認を後回しにしてすぐに取引ができるのです。

 

海外FXでは口座開設がとても簡単ですぐにFXをはじめることができます。

 

 

海外のFX口座で取引する際の注意点

次に海外口座での注意点について以下の2つについて解説していきます。

・ロット数の違い

・税金の違い

 

海外口座での注意点:ロット数の違い

ロット(lot)とは売買単位のことです。

ロットについて分からない方は以下の記事を読んでください。

【FX基本知識】ロット(lot)とは?FXの通貨単位について

 

国内のFXでは1ロット=1万通貨ですが、海外では1ロット=10万通貨で表されるので注意が必要です。

 

国内FX

・1ロット=1万通貨

・0.1ロット=1000通貨

 

海外FX

・1ロット=10万通貨

・0.1ロット=1万通貨

・0.01ロット=1000通貨

 

国内FXで慣れている方は海外FXを使う際には注意をしてください。

 

1ロット=1万通貨と思ってポジションを持ったつもりが、10万通貨も取引してしまうことになります。

 

海外FXでは高いレバレッジで取引できるため、単位を間違えてもポジションを持ててしまうことがあるので、間違えのないように注意しましょう。

 

海外口座での注意点:税金の違い

FXで勝てるようになり、利益が出ると税金を納めなくてはいけません。

 

一般的には1年間の利益が20万円を超えると国に税金を納める義務があります。

 

その際、国内FXと海外FXでは同じFXの収益でも納める税金が異なります。

 

国内FXで得た利益は『申告分離課税』で得た利益の額にかかわらず一律約20%になります。

 

海外FXで得た利益は『総合課税(雑所得)』で得た利益の額により納める税金の額が変わってきます。

表のように330万円までの税金は海外FXの方がお得ですが、それ以上になると国内FXの方がお得になります。

 

海外FXにはその他にも「損益通算」「損失の繰越」などができないと言ったデメリットがあります。

 

詳しいFXの税金に関しては他の記事で書いていこうと思います。

国内FX口座と海外FX口座の違いについてまとめ

国内口座と海外口座の違い

国内FX口座に向いてる人と海外FX口座に向いてる人

ある程度まとまった資金があり、コツコツ資金を増やしていいきたい人国内FXがオススメです。

 

海外FXは、資金が少なくこれから大きく資金を増やしたいといった人にオススメです。

 

また、FXを試しにやってみたいと言った人は、海外FXの口座開設でもらえるボーナスでFXを試してみるのも良いでしょう。

次の記事では、海外FXのオススメ業者『XM』について解説しています。

 

今回の記事を読み海外FXに挑戦してみたいと少しでも思った方は是非読んでみてください。

 

XMでは、口座開設するだけで入金しなくても3000円もらえるので、その3000円を使いすぐに取引を開始することができます。

 

レバレッジも888倍とハイレバレッジで取引できるので、うまくいけば、3000円からでも大きな資金を作れる可能性があります。

FXでは国内だけでなく海外にも魅力的なFX会社は多くあります。

 

今回の記事を参考にあなたにあった口座を開設してFXのスタートを切って頂けたらと思います。

 

FXで稼ぐのは簡単ではありませんが、このブログを通して一緒に成長していけたらと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント