FXで使われる『pips(ピップス)』とは?1pips動くといくら儲かる?

FX基本知識

 

 

副業でFXに挑戦中のタクトです。

 

今回の記事では、FXで使われるpips(ピップス)についてお伝えしていこうと思います。

pips(ピップス)とはFXで使われる最小単位のことです。

 

今回の記事では

pips(ピップス)とは

・なぜFXではpips(ピップス)が使われるのか

・1pipsでどれだけ利益や損失になるのか

などについてお伝えしていきます。

 

FXではpips(ピップス)という言葉をよく見かけるけどなんだか分からない

FXのブログや本を読んでいると

「今日は100pips取れた」

「1日10pipsの利益が目標」

などと聞く事があると思います。

 

しかし、なぜ

「1万円儲かった」

「1日1万円が目標」

 

など円で表すのではなくpips(ピップス)』で表すのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

 

私は、FXを始めたばかりの頃にはそのような疑問を持っていました。

 

しかし、pips(ピップス)について学ぶ事で、何故FXではpipsが使われるのかが、わかるようになりました。

pipsについて学ぶ事で

・そもそもpipsとは何か?

・なぜFXでは損益などを円で表すのではなくpipsと表すのか

・1pips動くといくら損益が出るのか

がわかるようになるでしょう。

FXではpipsというものがよく使われます。

pipsが一体いくらなのか計算できない

pipsについて理解できていない

 

そのような方は是非、今回の記事でpipsについて学んでいきましょう。

pips(ピップス)とは?1pipsは何円?

pips(ピップス)とはFXでの最小単位のことです。

 

pipsは『ピップス』や『ピプス』とも言われています。

 

日本円でpipsといえば1銭のことです。

 

pips=1銭=0.01円

 

また、FXではスプレッドが0.pipsと表される事があります。

スプレッドとは、売り値と買い値の差のことで、FXでの手数料のようなものです。

 

この0.pipsとは円で表すと

.pips=0.3銭=0.003円

 

なぜ、FXでは円で表した方が分かりやすいのに「10pips儲かった」や「100pipsの利益」が出たと表現するのでしょうか?

「〇〇円儲かった」

「毎日〇〇円の利益が目標」

と表した方が分かりやすいですよね。

 

FXpipsが使われる理由は、『共通の単位』で表すためです。

 

FXでは色々な通貨ペアとの取引をするため統一の単位として『pips』を使った方が分かりやすいからです。

 

日本だと円の最小単位は「銭」で表されますが、他の国の通貨では「銭」で表すのが難しいのです。

ドルでの最小単位は「セント」

ポンドでの最小単位は「ペニー」

などなど、

このように各通貨により最小単位は異なります。

 

FXではこのように様々な国の通貨の取引が行われているので、pipsで統一し表されているのです。

対円は小数点第二位と覚えよう『pips』の簡単な覚え方

ここでは簡単なpipsの覚え方についてお伝えしていきます。

pips対円のトレードでは少数第2位で覚えるようにしましょう。

 

対円とは、ユーロ円やドル円、ポンド円などの『円』がつく取引のことです。

 

対円のpipsは少数第2位で覚えると覚えやすいです。

 

例えば、ドル円のトレードの場合

113.円で買い、113.円で決済(売った)場合、pipsの利益となります

113.円で売って、112.95円で決済(買った)場合は、10pipsの利益です。

このように対円のトレードでは少数第二位に注目してみるようにしましょう。

 

円がらみ以外の通貨の場合は少数第4位に注目

円がらみ以外の通貨とは、「ユーロドル」「ポンドドル」など円が絡まない通貨ペアのことです。

 

そのような円がからまない通貨の場合は、少数第4位で覚えると覚えやすいです。

 

例えば、ユーロドルの取引の場合

.130ドルの時に買い、1.130ドルで決済(売った)場合、pipsの利益となります。

.1350ドルの時に売り、1.1340ドルで決済(買った)場合は10pipsの利益です。

このように対円以外のトレードでは少数第4位に注目してみるようにしましょう。

 

1pips動くといくら儲かるのか?

次に1pips動く事でいくらの損益が出るのかの計算方法についてお伝えしていきます。

 

pips動く事でいくら損益が出るのか計算をするには、まずは「取引量(ロット)」について知る必要があります。

 

取引量(ロット)とは簡単にいうと取引単位のことです。

 

FXで取引する際は1000通貨単位や1万通貨単位での取引が基本となります。

この取引単位によりいくら損益が出るのかが変わります。

 

ロットについては以下の記事で詳しく解説していますので、ロットが分からないといった方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【FX基本知識】ロット(lot)とは?FXの通貨単位について

 

獲得pipsによる利益の計算方法は以下のような式で表されます。

取引量✖️獲得pips=損益

獲得pipsが+なら利益、なら損失

 

例えば、ドル円の取引で1pips動いた場合

1000通貨の取引では

1000通貨✖️.01(1pips)=10円

 

1万通貨の取引では

10000万通貨✖️.01(1pips)=100円

 

1000通貨pips動くと10円

1万通貨pips動くと100円

の損益となります。

 

100pips動いた場合は

1000通貨の場合

1000(通貨)✖️.00(100pips)=1000円

 

1万通貨の場合

10000(通貨)✖️.00(100pips)=10000円

といったようになります。

 

このように損益は取引量により変わってきます

 

同じ100pipsの利益でも、ロット数によりいくら儲かったのかが変わります。

 

そのため、単純に〇〇円儲かったというよりも、どれくらいのpips(ピップス)を獲得できたのかに注目するかで、見方が変わってきます。

 

FXは本当に危険なのか?取引量に気をつければ危険ではない

FXでは1回のトレードで数万円から数十万円などの損益がでるので「危ない」「恐い」といった方もいると思います。

 

しかし、実際に少額でトレードをしてみると、1回のトレードで得られる利益は小さい事が分かります。

 

例えば1000通貨で取引する場合

pipsの動きで10円の損益です。

計算式

取引量✖️獲得pips=損益

 

初心者の方やFXを始めたばかりの方は1日10pips安定して取れれば十分だと思います。

10pips=100円(1000通貨の場合)

1000通貨で10pipsの値動きの場合、損益は100円です。

 

あれFXて大した事なくね?

と思いますよね。

 

実際にFXでは

取引量さえ大きくしなければ、少額からでもリスクが低く始める事ができます。

もちろん利益も少ないですが。

 

小さな取引量から始めて練習を重ねる事で、FXで利益や損失抱える感覚を学ぶ事ができます。

 

練習を繰り返し、安定して勝てるようになったら取引量を増やし大きな利益を狙っていくのも良いでしょう。

 

初めから、大きな取引量でトレードするのではなく、少ない取引量でトレードを始める事がオススメです。

FXを実践し『pips』を身につけるステップ

まだ、FX口座を開設していない方は、デモトレードの口座でも良いので開設してみると良いでしょう。

 

そして実際にデモトレードでトレードをしてみる事で、今は頭で計算している損益の計算が自然と1pips動くといくら儲かるのかなどが体に身についていくと思います。

ステップ1 デモトレード口座でもいいので実際にFX口座を開設する

ステップ2 実際にトレードをしてみる

ステップ3 繰り返しトレードする事で体に身につけていく

pips(ピップス)についてのまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

pipsとは

FXでの取引の最小単位のこと

・日本円の場合1pips=1銭=0.01円

 

pipsが使われる理由は

・様々な通貨ペアの最小単位をpipsで統一する事で分かりやすくするため

 

pips動いた際の利益の計算式は

・取引量×獲得pips=利益

 

FXは、取引量さえ大きくしなければ、少額からでもリスクが低く始める事ができます

少額からはじめ、稼げる感覚がつかめてから、取引量を増やしていくと良いでしょう。

今回はpipsにつついて解説していきました。

pipsFXでは多くの場面で使われているので是非覚えてください。

次の記事ではFXで目標金額を稼ぐ為の計画の立て方について書いています。

FXを始めて100万円を稼ぎたいや、毎月5万円を稼ぎたいと思っている方も多いと思います。

 

実際に5万円や100万円を稼ぐに1日に何pipsとっていけばいいのか、また資金はいくらあると良いのかわかりますか?

 

何かを達成させるには計画を立てる事が重要です。

漠然と稼ぎたいと思っていても中々難しいでしょう。

是非、次の記事も読み、FXで稼いでいくための具体的な計画を立ててください。

【記事準備中】

FXで勝ち組トレーダーになるために

FXは短時間で大きな金額を稼げるという夢があります。

 

アルバイトや仕事で一生懸命働いた1時間で得られるお金を、FXでは数分で稼げる事もあります。

 

FXには少額から始めて大きな金額を稼げるという可能性を秘めている魅力的があります。

しかし、実際にFXで稼げているのは1割の人だけです。

残りの9割の人は損をしているのが現実です。

 

FXで勝てる1割に入るには日々勉強をして実践を繰り返す事で成長していく必要があります。

日々勉強する事を怠る事なく成長していければ、今は9割の負け組トレーダーでも、いずれ1割の勝ち組トレーダーになる事も夢ではありません。

 

FXでは簡単に稼げるほど甘いものではありませんが、やればやっただけ結果はついてくるでしょう。

 

是非このブログを通じ一緒に成長していければと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント