FXでは「損小利大」のトレードが重要。多くの人が「損切り」ができない原因と対処法

FX基本知識

 

 

損小利大のトレードは難しい

FXに挑戦中のタクトです。

 

FXでは、損失は少なく抑え、利益を大きく伸ばす、「損小利大が大事」と言われています。

 

しかし、実際に損小利大のトレードを実践するのは非常に難しいです。

 

今回はなぜ「損小利大」のトレードが難しいのかについて解説していきたいと思います。

 

「損切りが大切」

 

FXの本やサイトでは必ず書いています。

 

しかし、すでにFXをしている人ならわかると思うのですが、FXでは感情的になり冷静に判断できない場面が多くあります。

 

これからFXを始めようと考えている人は「損切り」なんて簡単だよ

 

と思っている方が中にはいるかもしれません。

 

私もFXを始める前はそのように考えていました。

 

しかし、実際には損小利大ではなくその逆の損大利小のようなトレードをしてしまいます。

 

いわゆるコツコツドカンってやつです。

 

コツコツドカンとは、小さな利益を(コツコツ)積み重ねて稼ぐも、1回のトレードで大きな(ドカン)損失を受けて、これまで積み重ねた利益を吹き飛ばしてしまうことです。

 

それには、人間の行動心理に原因があり、あなたや私がFXに向いていない訳ではありません。

 

FXでは損切りが大切。頭では分かっていても中々できない

実際にトレードをしていると

・損切りしないといけないと頭ではわかっていてもできない

・少し利益が出たところですぐに利確してしまい利益を伸ばすことができない

といった悩みを抱えている方は多いと思います。

 

その悩みを解決するためには、

 

まずは、人間の行動心理学を知り、なぜそのような行動(早い利確や、損切りできない)を起こしてしまうのか理解することです。

 

そこで、今回の記事でお伝えする対象法を行うことで、早い利確や損切りできないと言った悩みを解決することができます。

 

損切りできない原因が分かれば対処できる

今回の記事を読む事で

・「損切りができない」また「利確が早くなってしまう」原因

・損失を認め、さらなる傷口の拡大を防ぐ

・すぐに利確することをやめ利益を伸ばす

・損小利大のトレード

 

以上のような知識や行動が取れるようになります。

 

しかし、このまま何も学ばない状態だと、

・すぐに利確をしてしまい利益を伸ばせない

・損失を受け入れることができずに更に損が膨れ上がる

・コツコツドカンと損大利小のトレードになる

 

いつまでたってもFXで利益を出すことができないままです。

 

しっかりと人間の心理を理解することで、対処法が見えてきます。

 

これからFXに始めようと思っている人にも読んで頂きたい記事なので、是非最後まで読んで下さい。

 

 

コツコツドカン!損切りできない原因は行動経済学で証明されている

FXでは損失を抑え、利益を伸ばす「損小利大」が大切だ!

 

そんなことは分かっていてもなぜ、コツコツドカンをやってしまうのか。

 

そのような行動の原因は人間の感情や行動経済学により証明されています。

 

簡単な例として、

あなたが1万円をもらったとします。

すごく嬉しいですよね。

 

しかし、そのもらった1万円を落としてなくしていまったらどうでしょうか?

 

実際にはもらった1万円を失っただけなので±0であなたは損をしていませんよね。

 

しかし、実際には凄く嫌な気持ちになり損をした気分になってしまいますよね。

 

それは、1万円をもらった時の幸福度よりも、1万円を失った時の負の感情の方が大きいからなのです。

 

このように人は、

「利益を得た時の感情よりも損失を受けた時の方が感情が大きい」

のです。

 

1万円をもらった時の「喜びの感情」よりも、1万円を失った時の「負の感情」の方が大きくなるそうです。

 

損小利大のトレードができない原因のプロスペクト理論とは

また、多くのトレーダーがコツコツドカンと損大利小のトレードをしてしまうのは、人間の本能的な部分が関係しています。

 

それは、ノーベル経済学賞を受賞したプロスペクト理論で説明ができます。

 

プロスペクト理論とは、

行動経済学における最も代表的な理論の一つとして知られており、個人が損失と利得をどのように評価するのかを、実験などで観察された経験的事実から出発して記述する理論

のことです。

 

損切りできない原因プロスペクト理論の有名な質問

プロスペクト理論では以下のような有名な質問があります。

 

実際にあなたならどんな答えになるか是非一緒に考えてみてください。

 

質問1 

100万円がもらえる権利があるとします。

そして、じゃんけんに勝ったら200万円もらえるが、負けると0円と1円ももらえない挑戦にチャレンジできるとしたら?

 

A)ジャンケンぜずに100万円をそのままもらう。

B)ジャンケンに挑戦する

 

あなたならどちらを選びますか?

 

では2つ目の質問です。

 

質問2

あなたには今、借金が100万円あるとします。

じゃんけんで勝ったら借金が帳消しになり、じゃんけんで負けたら借金が200万円に増える挑戦にチャレンジしますか?

 

A)じゃんけんをせずにそのまま100万円の借金を返す。

B)ジャンケンに挑戦する

 

あなたならどうしますか?

 

 

多くの人が質問1では(A)を選ぶのに質問2では(B)を選択するそうです。

 

あなたはどっちでしたか?

この質問から分かることは、

 

人間は「自分に利益が出ることにはリスクを避け、自分に不利益なことにはリスクを取る」行動を好むと言うことです。

 

このプロスペクト理論を投資に置き換えて考えてみると、

 

トレードをしていて含み益(確定はしていないが利益が出ている状態)が出ていると、すぐに利確(利益の確定)をしたくなり、

 

逆に含み損(確定はしていないが損失が出ている状態)の時は、いつかあがるだろうと考え損切り(損失を確定)することができなくなる。

 

ということです。

 

このような人間の本能の結果「コツコツドカンと損大利小のトレードになってしまうのです。

 

損小利大のトレードをするための第一歩は人間の性質を理解しトレードにのぞむこと

それでは、コツコツドカンは人間の性質だから仕方ないと諦めたら良いでしょうか?

 

人間の本能の部分を変えるのは非常にむずかしです。

 

しかし、そういった心理が働いているという事実を知ることが大切です。

 

まずは、プロスペクト理論を理解して、人間の性質上コツコツドカンをやりがちだと言うことを心に刻む事です。

 

そして、トレードをする際は意識して、感情的になっていないか確認することが大切です。

 

含み益が出て利確したくなったり、含み損が出て損切りできなくなった時には

今の自分の感情を理解し、冷静に対処することがFXでは求められます。

 

とはいっても、実際にトレードしていると頭ではわかっていても行動に移せない事は多くあります。

 

私自身そのような経験は何度もありますし、今だに「損切り」できないことや「利確が早くなってしまう」事があります。

 

そこで、そのようなコツコツドカンのトレードを少しでも減らすための対象法について解説して行きます。

 

損切りや利確を適切なタイミングで行い損小利大のトレードをするための方法

コツコツドカンというトレードをしてしまう原因の1つに自分のトレードに「自信が持てていない」ということがあります。

 

そこで、「期待値の高いトレードルールを作る」ことが大切になります。

 

期待値の高いトレードとは、回数を重ねることで、必ずプラスになるというトレードのことです。

 

例えば、トレードの勝率が50%の手法があるとします。

 

勝率50%とは、10回トレードを行うと「10回中5回は勝ち、5回は負け」と行ったトレードです。

 

1回のトレードで利益が20円損失が10円とルールを決める事で、回数を重ねることで必ずプラスになります。

 

例え、10連続で負けて損失が出たとしても100回繰り返すとプラスになります。

期待値が高いので回数を重ねれば重ねるほど利益は上がるのです。

 

そのような期待値の高いトレードルールを作ることで自身を持ったトレードができます

そうすることで、利確や損切りがしっかりと行えるようになります。

 

なぜなら、「損切りと利確」を行う事でトータルして負けることがないと分かっているからです。

 

ルール通りにするだけでプラスになると自信があれば、損失を受け入れ、利益は伸ばすことができますよね。

 

しかし、期待値の高いルールをすぐに作ることはできません。

 

FXを始めたばかりの人がいきなり期待値の高いルールを作れと言われても

 

「はい分かりました」といってすぐにできるものではありません。

 

何回ものトレードを重ねることで期待値の高いトレードルールは作られて行くからです。

 

そこで誰でも簡単にできる方法を2つご紹介します。

 

1つ目は「決済注文を入れておく」

2つ目は「損益を見ない」

 

という2つの方法で、コツコツドカンのトレードを少しでも減らすことができるようになります。

 

決済注文を入れておく

決済注文を入れておくとは、エントリー(買いや売り)を行ったら同時に決済の注文も入れておくという事です。

 

「利確の注文」「損切りの注文」を同時に入れるのです。

 

FXには様々な注文方法があります。

 

その中に、「利確」「損切り」入れておける注文方法があるのです。

 

詳しくは以下の記事で書いています。

FXの注文方法の種類と実際のトレードで活用事例

 

そうすることで、初めに指定した場所(価格)まで価格が行くと自動で決済がされます。

 

あらかじめ注文を入れておく事で、その場で、自分でボタンを押して「損失や利益」を確定するという決断をしなくて済みます。

 

決断をするときに自分の意思が入らないので感情で判断する事がなくなります。

 

損益を見ない

FXでの取引の際は多くの場合、現在の損益がどれくらいか一目で分かるようになっています。

 

この損益が目に入ってくることで、感情が揺らぐことが多々あります。

 

含み益が出ているときは

 

「今確定したらこれだけ利益が得られる」

「この利益を逃したくない」

 

という考えが頭をよぎり利確が早くなります。

 

また、含み損を抱えているときは

 

「これだけ損をしてしまった。こんなので確定できない」

「また、上がって行くはずだ」

 

と考えてしまい、なかなか損切りできなくなります。

 

そのような考えが頭をよぎる事で、せっかく決済注文を入れていても、損益の金額を見てしまったがために決済注文を取り消しをしてしまうことがあります。

 

そうなってしまっては意味がありません。

 

損益額は気になると思いますが、冷静な判断ができなくなってしまうので、見ないように心がけましょう。

 

損小利大のトレードについてまとめ

それでは、今回の記事のまとめです。

 

FXでは損小利大のトレードが大切と言われています。

 

しかし実際には「損小利大」とは逆の「損大利小」のトレードになってしまうといったトレーダーが多いのが事実です。

 

行動経済学の「プロスペクト理論」から

 

人間は「自分に利益が出ることにはリスクを避け、自分に不利益なことにはリスクを取る」行動を好む

 

ということが分かります。

 

そこで対処法は、

・期待値の高いルールを作り上げ自信を持ってトレードする

・決済の注文をあらかじめ入れておく

・損益を見ないようにする

 

以上のような対処をする事でコツコツドカンのトレードを少しでも減らすことができます。

 

人間の性質や感情の部分を知らないと、実際にFXで利益を上げて行く事は難しいのでしょう。

 

お金を増やすためにFXを始めたはずが、気づいたら大切なお金が減っていた。

 

といったことが起きないようしっかりと今回の記事から学んで欲しいと思います。

 

損小利大のトレードを行う為には、本やブログを読むのも大事だが何より経験する事が大切

FXをやっているとどうしても損切りができなかったり利確が早くなってしまうことがあります。

 

そして、後々、後悔し自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

 

しかし、「プロスペクト理論」を理解し対処する事でそのようなトレードを減らすことができます。

 

FXを始める前は、損切りなんて簡単にできると思っていても実際には難しいものです。

 

このような感情的な部分や人間の本能的な部分「本読んでの勉強」「デモトレード」では得られない経験です。

 

実際にFXを初めてリアルなトレードすることでしか得られない経験です。

 

リアルな経験を得るためにも、余剰資金で少額から実際にトレードすることをオススメします。

 

次の記事では、少額からできるFX会社について紹介しています。

初心者にオススメのFX口座!『みんなのFX』の特徴とオススメ理由

 

まだFXを始めていない人は是非口座を開設しトレードすることで、「損切りや利確の難しさ」を実感して見てください。

 

その経験が今後のFXに活きてくるはずです。

 

FXではより多くの経験を積むことで稼げるようになる

実際にFXを始めてみることで、損切りができなかったり利確が早くなってしまう事を経験することがあると思います。

 

その際に、自己嫌悪に陥ってしまい自分にはFXは向いていないのかもと思ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、そのような経験はFXを始めないと得られなかった経験です。

 

その経験を生かし良い教訓とする事で、少しずつ成長していけます。

 

経験値を重ね、少しづつでも成長して行く事で、今後のFXで大きな額を稼げるようになって行くでしょう。

 

このような経験は「本」や「デモトレード」では味わうことのできない経験です。

 

本やデモトレードで学べることも多くありますが、実際のトレードではその100倍ぐらい学ぶことができます。

 

「本」や「デモトレード」でも、もちろん勉強になりますし、実際のトレードに活かせる知識も身につくでしょう。

 

しかし、「本」や「デモトレード」でいくら勉強しても稼げるようにはなりません。

実際のトレードを経験することで、損失や利益を出しながらでも学んで行くことが、FXで稼ぐ一番の近道だと思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

少しでも、副業やFXに興味があり、また私の考えに共感できる部分などあれば是非このブログをブックマークし覗きに来て下さい。

 

また、ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

 

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

 

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント