世界の3大市場について理解し時間による値動きの特徴を掴み勝率をあげたトレードを行う方法

FX基本知識

 

 

24時間取引できるFXでは時間帯により値動きに特徴がある

副業でFXに挑戦中のタクトです。

 

今回は「3大市場の時間帯と値動きの関係性」について話していきます。

1日の間の何時頃にトレードするのがベストなのか

・時間帯別オススメのトレード通過ペア銘柄紹介

・テクニカル分析の効果が発揮されやすい時間帯

 

FXでは平日の24時間いつでも取引ができます。

 

24時間取引できるので、好きな時間帯にトレードができるメリットがあります。

 

その為、サラリーマンの方なら仕事終わりに、夜から仕事の人でも午前中や、お昼からでもFXトレードができるので副業にぴったりです。

 

24時間取引できるので稼ぐチャンスはたくさんあります。

 

しかし24時間の中でも、時間帯により値動きが異なります

 

FXで稼ぐには時間帯による値動きも意識しトレードする必要があるのです。

 

時間帯による値動きが変わるので、それに合わせて戦略を変える必要があります。

 

しかし、時間帯による値動きの特徴を知らないままでは、正しい戦略は取れません。

3つの市場について知る事で時間帯ごとの値動きの特徴を掴む

時間帯による値動きは3つの市場が大きく影響しています。

 

3つの市場とは「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の3つです。

 

この3つ市場について理解する事で時間帯による値動きの特徴を知ることができます。

「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の3つの市場の特徴を知ることで、

・市場ごとに合わせたトレードができる

・自分のライフスタイルに合わせた戦略を作ることができる

ようになります。

しかし、3つの市場を理解していないと思わぬ損失を受けてしまうかもしれません。

 

例えば、

現在、含み益(利益)のポジションが、ある時間を境に、急に損失方向に動き、マイナスの負けトレードになってしまった。

 

このようにFXでは、ある時間を境にそれまでの動きとは全くの反対の動きをすることがあるのです。

このようなことは、3つの市場について知ることで避けることができます。

まずは、3つの市場を理解し、時間帯による値動きの特徴について身につけましょう.

 

24時間取引できるFXでは時間帯ごとの値動きの特徴をつかむことで勝率をあげたトレードができるようになる

先に述べたようにFXは24時間取引できるメリットがあります。

そして、24時間の中でも時間帯により値動きの特徴が異なります。

 

FXでは世界中で多くのトレーダーが取引を行っています。     

 

FXでは世界各国が24時間繋がっているネットワークで構成されています。

 

FXでは世界各国でトレードが行われており、私たちが寝ている時間帯でも活発に為替市場は動いているのです。

 

世界の3大市場

世界中の為替市場の中でも、「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」「東京市場」は「世界の3大市場」と呼ばれています。

 

「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」「東京市場」はそれぞれオープン時間(取引開始時間)とクローズ時間(取引終了時間)が異なります。

 

国ごとに時差があるので、当然ですよね。

 

それぞれの市場により価格の値動きに特徴やクセのようなものがあります。

 

その為、3つの市場の特徴やクセを知りトレードすることがFXで稼いで行く上で重要になります。

時間ごとの値動きの特徴は3大市場を知ることから始まる

それでは、世界の3大市場「東京」「ロンドン」「ニューヨーク」各市場の特徴について解説して行きます。

 

1日の市場は「東京市場」から始まり「ロンドン市場」「ニューヨク市場」へと流れて行きます。

 

各市場の時間帯は以下の図の通りです。

東京市場の特徴

東京市場では主にドル円がメインに動くと行った特徴があります。

 

また、東京市場は、前日のロンドン市場ニューヨーク市場で付けた値幅のレンジになりやすいと言われています。

 

レンジについて分からないといった方はこちらの記事で解説していまうす。

【FXチャートの基本】トレンドを見極める方法と機能するトレンドラインを引く方法

 

東京市場では、値動きが狭く、テクニカル分析通りに動きやすいと言った特徴があります。

 

ロンドン市場の特徴

ロンドン市場では、ユーロポンドなどの取引が活発になり、中でも一番取引されるのはユーロドルです。

そのためユーロドルの値動きが活発になる時間帯です。

 

ロンドン時間では投機筋と呼ばれるディラーやヘッジファンドなどの動きが活発になるため値動きが大きくなる特徴があります。

 

その為、急な値動きがありテクニカル分析ファンダメンタルズ分析効かない事もあります。

 

投機筋とは、短期的なトレードを行うトレーダーのことです。

主に金融機関のディーラーやヘッジファンドなどのプロの投資家の介入が大きく影響する時間帯です。

 

ニューヨーク市場の特徴

東京市場の参加者に加えロンドン市場の参加者も加わるため、ニューヨク市場では1日の中で一番値動きが激しくなります。

 

特にニューヨーク市場開始22:30~00:30(夏時間、冬時間は1時間遅れ)ではロンドン市場も動いており、2大市場がかぶっている時間帯です。

 

その為、最も値動きが大きくなりやすい時間帯です。

 

また、23時ごろからは為替に影響を及ぼすニュースや指標の発表が多く行われます。

指標の発表やニュースの影響により、通貨は大きく動きます。

 

ニューヨーク市場では、日本では仕事が終わりすでに帰宅している人が多いので副業でFXをするにはぴったりの時間帯です。

 

また価格が大きく動くのでそれだけ多くのチャンスがあります。

 

しかし、大きく利益を上げるチャンスであるということは、損失も大きくなりやすいということです。

 

指標発表前などの時間帯はトレードを見送ることをお勧めします。

 

FXでは時間が経つごとに市場参加者の心理がどのように変化するのかを考えることが大切

FXで稼いで行くにはチャートの奥にいる他のトレーダーの考えを読むことが大切です。

なぜなら値動きはトレーダーの心理状況が大きく影響されるからです。

 

中でも市場を大きく動かすのはプロの投機筋のトレーダーです。

 

プロの投機筋がどのように考え行動するかを予測する事で今後価格がどのように動くか予想ができます。

 

プロの投機筋であるヘッジファンドや金融機関のディラーなどは、運用成績によりお給料が変わってきます。

そのため、含み益を抱えていたら早めに決済し1日の収益をプラスにしたいと考えます。

 

含み損を抱えている場合でも、それ以上の損失を抱えないように早めに決済をしたいと考えるでしょう。

なぜなら、その日の仕事が終わっても、為替市場は24時間開いているので、ポジションを持ったまま相場が急変するリスクを避けたいからです。

 

例えば、東京で働くプロの投機筋なら東京市場が終わる15時にはポジションを決済したいと考えるはずです。

 

そのようなことから、各市場が終了する時間帯には、現在のポジションを決済するという流れがあると予測できます。

 

以下は東京市場が終わり、ロンドン市場が始まる時間帯の実際のチャート図です

 

徐々に上げていた価格も取引終了近くになると、そろそろ決済をしようと考えることでそれまで続いていたトレンドが終わることがあります。

 

また、そう言った投機筋の動きを見越した個人トレーダーも一斉にポジションを決済することで、大きく価格が動くこともあります。

 

このように、取引終了まじかの時間帯にはこれまでのトレンドが終了することが多くあることを頭に入れトレードを行いましょう。

 

時間帯でのトレードを身につける簡単なステップ

時間帯ごとの値動きの特徴を掴むには実際のチャートを見る事が大切です。

 

チャートを毎日見ていく事で何となくでもチャートの動きの特徴が掴めてきます。

チャートの動きを完璧に把握などできません。

まずは、なんとなくでいいのです。

 

チャートの特徴を掴むためのステップとして以下のことを実践して見てください。

・トレードする時間帯を決める

・トレードする通貨ペアを決める

・1週間~1ヶ月分のチャートを見る

 

各ステップについて解説していきます。

ステップ1:トレードする時間帯を決める

FXは平日の24時間好きな時にトレードできます。

 

しかし、仕事や日々の生活の中でトレードできる時間帯は人によって異なるでしょう。

そこで、あなたが1日の中でトレードする時間をまずは決めてください。

 

例えば、

仕事が終わって家に帰り、お風呂に入り、ご飯を食べ、落ち着いてからの21時から23時まではトレードの時間に当てよう。

 

と言った場合や

朝早く起きて、仕事に行く前の6時から7時まではトレードの時間が取れる

などなど、あなたの生活の中でトレードできる時間帯を決めてください。

 

トレードする時間帯を決める事で、自分がどの時間帯の値動きを把握しておかなくてはいけないかが見えてきます。

 

21時から23時までトレードできる時間帯があるのに、朝の時間帯での値動きしか把握できていなければ、トレードに活かせないですよね。

 

また、トレードする時間帯を決める際は、集中して望める時間帯が良いでしょう。

 

トレードで勝つにはメンタルが非常に重要になります。

 

朝が苦手な方が無理して朝早く起きても、良いパフォーマンスができるとは思えません。

また、仕事から帰ってきて疲れたまま、トレードを行うことも同じです。

 

トレードは自分がリラックスして集中できる時間帯に行うと良いでしょう。

 

もし、そんな時間ないよ。

という方は、FXを始める前に生活習慣を見直した方が良いかもしれません。

 

ステップ2:トレードする通貨ペアを決める

トレードをする通貨ペアを決める事も重要なポイントです。

 

FXでは多くの通貨ペアがあります。

 

そして通貨ペアによっても値動きの特徴が異なります。

こちらの記事に通貨ペアの特徴について書いていますので合わせて読んでください。

通貨ペアの基本を学びトレードに最適な通貨を選ぶ

 

通貨ペアを選ぶ際は何種類も選ぶのではなく、多くても2種類くらいが良いでしょう。

始めは1種類でもいいくらいです。

 

因みに私は「ドル円」1択です。

 

あまり多く選び過ぎても、それぞれのチャートを見るのは大変ですし、値動きの特徴もドル円だけを覚えれば良いので、私は「ドル円」のみのトレードをしています。

 

また、どれか1つに絞った方が、特徴を掴むにしても一点集中できるので効率も良いと思います。

 

ステップ3:1週間~1ヶ月分のチャートを見る

トレードする時間帯と通貨ペアを決めたら、実際にチャートを見てみましょう。

 

あなたが選んだ時間帯通貨ペアの過去のチャートを1週間から1ヶ月分遡ってみてください。

 

たくさん過去のチャートを見ていると値動きの特徴が見えてくると思います。

 

ここは、あまり完璧を求めず何となくや、こうなりやすいのかな?仮説を立てながら見て行くといいでしょう。

 

また、上がったり下がったりしていたら、その時間帯に他のトレーダーがどのように考えているのかまで、考えれるとなお良いでしょう。

 

例えば、

この時間帯から、アメリカに住む人達が参加してきたのかな?

この時間帯からヨーロッパの人たちが参加してきて、価格の動きが大きくなってきているのかな?

など、考えながらチャートを見る事で特徴が掴めてくるでしょう。

 

 

3大市場による時間帯での値動きについてのまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

 

FXでは24時間取引できるメリットがあります。

24時間の中でも「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」3大市場の影響を受けることで時間帯による値動きの特徴があります。

 

東京市場の特徴

・ドル円がメインに動く

・前日のロンドン市場とニューヨーク市場で付けた値幅のレンジになりやすい

・テクニカル分析通りに動きやすい

 

ロンドン市場の特徴

・ユーロやポンドなどの取引が活発になり、中でも一番取引されるのはユーロドル

・投機筋の動きが活発になるため値動きが大きくなりやすい

・急な値動きでテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が効かない事も

 

ニューヨーク市場の特徴

・東京市場の参加者に加えロンドン市場の参加者も加わるため、ニューヨク市場では1日の中で一番値動きが激しくなりやすい

・特にロンドン市場とかぶる22:30~00:30(冬時間は1時間遅れ)では最も大きく動きやすい

・23時ごろからは為替に影響を及ぼすニュースや指標の発表が多く行われることで値動が急に大きく動くことも

 

投機筋の考えを読む

FXで稼ぐためにはチャートの向こう側にいる他のトレダーの考えを読むことが大切

・相場を動かすのは主にプロの投機筋と呼ばれるトレーダー達

・プロのトレーダーは市場が閉まる時には現在持っているポジションを決済しようと考える

・その為、それまで続いていたトレンドも各市場が終わる時間帯にトレンドが終わることも多くある

 

時間帯ごとの値動きの特徴を掴むステップは以下の3つ

ステップ1 トレードする時間帯を決める

ステップ2 トレードする通貨ペアを決める

ステップ3 1週間~1ヶ月分のチャートを見る

 

FXでは24時間取引できるので副業に向いていると言えます。

あなたのライフスタイルにあった戦略を取るためにも、3大市場による値動きの特徴を理解することが大切です。

 

時間帯での値動きを身につけてFXで稼ぐ為の戦略を練る

FXで稼ぐには、基本的な知識知識を応用した自分なりの戦略を作ることが大事になります。

しかし、基本的な知識がないとできないと戦略を作ることができません。

 

FXでは無料で多くのことを学ぶ環境があります。

 

FXに絶対はありません。

「こうなりやすい」ということはあっても、「絶対にこうなる」と言ったものはありません。

FXで勝つには、自分自身で判断できるように力をつける必要があります。

次の記事では、私のオススメの「みんなのFX」について解説しています。

まだ、見れるチャートがない方は、とりあえずチャートを見るためだけに開設するのも良いでしょう。

初心者にオススメのFX口座!『みんなのFX』の特徴とオススメ理由

 

FXに限らず、何かを身につけるには、学んだ知識を実践することが一番早く身につける為の近道です。

 

今回学んだこともブログを読むだけでなく実際にチャートを見ることでより知識が深まるでしょう。

その小さな積み重ねが、FXで稼げるようになる近道だと私は思います。

しかし、小さな積み重ねすら行うことができないようでは、いくらFXで稼ぎたいと思っても難しいでしょう。

少しずつでいいので一歩一歩前に進むことで、稼げるようになる様に、是非一緒に勉強して行きましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント