元手3万円からのFXトレード10週目

トレード日記

 

 

タクトです。

今週のトレード結果の報告です。

 

今週のトレード結果

➖40円/➖0.8pips

 

トレード回数 12回 2勝4敗

1/21 トレードなし

1/22 −215/−4.3pips(1勝2敗)

1/23 −270/−5.4pips(0勝2敗)

1/24 トレードなし

1/25 +445円/+8.9pips(1勝0敗)

 

今週のドル円チャート(1時間足)

 

総評

今週はトレードできない日もあり、トレード回数も少なかった。

 

1/23のトレードでは、買いのエントリータイミングはよかったものの、損切り幅が短く、損切り後に大きく価格が上がって行く事があった。

 

元手3万円と少ない資金の為、損切り幅を短く設定している事が裏目に出てしまった。

 

また、そのような損切り後に価格が戻り、再度同じようにエントリーポイントにきた時に何も考えずエントリーをできていれば、大きな利益を得る事ができていた。

 

しかし、一度自分のトレードが間違っていたと認めて損切りそした後に、再度同じポイントでのエントリーをする事ができなかった。

 

まだ、損切りやトレードに感情が入ってしまっているので、改善しないといけないと感じました。

 

今週のトレードの一部

1/23のトレード1回目 −120円/−2.4pips

5分足でレジスタンスラインを抜けて買いでエントリー。

エントリーの次の足で価格が上に上がろうとするも、上ヒゲを作り下げてローソク足が確定。

エントリーの根拠となったラインを割り下げ、−3pipsに到達したところで損切り。

しかし、損切り後に下ヒゲを作り再度ラインの上でローソク足確定。

次の足で大きく上昇していく…

 

 

このトレードでの反省点は2つ

①損切りのポイントがエントリーの根拠に対して浅すぎた事。

②損切り後に、エントリーポイントに入ったところで、エントリーすることを迷い見送ったこと。(損切りの感情があり迷いがでた。)

 

少額でのトレードで、損切りを早めに設定していることで、トータルで利益は残っているものの、損切り根拠自体が、エントリールールに対して決められたのではなく、損失のpipsで決めてしまっているので、このようなトレードになってしまった。

 

 

チャートに引いてある水平線はダウ理論を元に引いています。

また、今回出てきた、「レンジ相場」や「サポートライン」などについては、こちらのブログで解説していますので是非読んで見て下さい。

 

トータル損益

2018年トータル損益 

+368円

 

2019年1月トータル損益 

+2169円

 

2019年トータル損益

+2169円

 

目標まであと997,463

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント