期待値の高いトレードルールを作りFXで稼ぐには

大切な考え方

 

FXに挑戦中のタクトです。

FXで稼いでいくにはトレードルールを作ることは重要です。

 

実際にFXで稼いでいるトレーダーは必ずオリジナルのトレードルールがあり、そのトレードルールを守ってトレードをしています。

 

今回の記事では

トレードルールとは何か

トレードルールがなぜ必要なのか

トレードルールの簡単な作り方

についてお伝えしていきたいと思います。

トレードルールを作る事でFXで勝ち組トレーダーを目指す

トレードルールもなく、その場その場でなんとなくのトレードを繰り返してもFXで勝てるようにはなりません。

 

トレードルールもなく行き当たりばったりのトレードはギャンブルと変わりません

 

ギャンブルのようなトレードではいつまでたっても稼げるようにはならないでしょう。

 

私自身、FXを初めたばかりのころは、『上がりそうだな、なんとなく下がりそうだな』『なんとなく』でトレードをしていました。

 

もちろんそのようなトレードを繰り返しても勝てるようにはなりません。

しかし、自分なりに勝てるようになるには何が必要なのかを考えるようになりました。

そこで、出た答えがトレードルールを作る事でした。

 

トレードルールを作る事で、なぜ今回のトレードは勝てたのか、または負けたのかの原因を見つけ、次のトレードに活かす事ができるようになります。

 

今までの行き当たりばたりのトレードでは、負けた原因や勝てた要因がばくぜんとしていましたが、トレードルールを作る事でトレードの振り返るようになりました。

トレードルールを作り自信を持ってトレードにのぞむ

トレードルールを作る事ができれば、自信を持って取引をする事ができるようになります。

これまでのなんとなくのトレードではなく根拠を持ったトレードができるようになります。

また、トレードルールの精度を上げる事でFXで稼げるようになっていくでしょう。

しかし、トレードルールがないと

場当たり的なトレードとなってしまう

自信を持ってトレードを行う事ができない

勝ち負けの原因が分からない

勝ち負けの原因が分からないので次のトレードに活かせない

いつまでたっても勝てるようにならない

など、いいことはありません。

今回の記事では『トレードルール』の重要性や作り方について解説していきたいと思います。

トレードルールを作る際に今回の記事が参考になればと思います。

なぜトレードルールが必要なのか?トレードルールを作る事で得られる2つのメリット

トレードルールを作るメリットとしては2つあります。

自信を持ったトレードができるようになる

勝ち負けの原因を分析する事ができる

自信を持ったトレードができるとは

FXでは勝つ事もあれば負ける事もあります。適当にトレードしていても勝てる確率は50%です。

 

FXで稼ぐには

・勝率を上げて利益が出るトレードをする

・勝率は悪くてもトータルで利益が残るトレードをする

 

以上のような期待値の高いトレードルールを作る事ができれば稼ぐ事ができます。

 

期待値の高いトレードルールとは、そのトレードを繰り返す事で利益が残ると分かっているトレードルールの事です。

 

期待値の高いトレードルール:勝率を上げて利益が出るトレード

例えば、1回のトレードで狙う利益が10円損失が10円勝率が60%のトレードルールで100回トレードした場合

 

勝率60%なので勝ちが60回・負けは40回です。

60回の勝ちで得られる利益は600円

40回の負けによる損失は400円

合計100回のトレード損益は+200円

このトレードルールでは、100回のトレードで+200円の利益を得る事ができます。

 

期待値の高いトレードルール:勝率は悪くてもトータルで利益が残るトレード

例えば、1回のトレードでの利益は50円損失は30円勝率が40%のトレードルールで100回トレードした場合

 

勝率40%なので勝ちが40回、負けが60回です。

40回の勝ちで得られる利益は2000円

60回の負けでの損失は1800円

合計100回のトレード損益は+200円

 

このトレードルールでは勝率は悪いものの、1回あたりの勝ちの利益が大きいため、結果+200円の利益を得る事ができるのです。

 

どちらのトレードもトレードを繰り返す事で必ずプラスになるトレードルールです。

 

このように必ずプラスになるようなトレードルールを作る事で、自信を持ってトレードができるようになります。

 

どんなプロの投資家でも負ける事はあります。

 

FXでの負けは、お金を失う(損失)ので誰にとっても嫌なことです。

 

しかし、FXや投資をしている限り負けを避けて通ることはできません

トレードをすると言うことは負ける事も必ずあります。

 

また、負けが続くとお金がどんどん減っていき感情的になってしまい、ギャンブルのよなトレードになってしまう事があります。

 

大きなお金をかけて損失を取り戻そうと感情的にトレードを行ってしまものです。

 

結果、損失はさらに膨らみ大きな額のお金を失うことに繋がりかねません。

 

しかし、勝率の高いトレードルールまたは、トータルで利益が残るトレードルールを作る事ができれば、自信を持ってトレードができるようになります。

 

例え10連敗したとしても、トレードを繰り返していれば回数を重ねれば重ねるほど利益が出ると分かっているので、焦ることはありません。

 

そのトレードルールさへ守っていれば、負ける事があってもトータルで見て利益が残るので感情的になる事もないのです。

 

このように回数を重ねれば重ねるほど利益が残る期待値の高いトレード』を作る事が目標です。

 

しかし、トレードルールも作らず、ただ漠然とトレードしていては、現在おこなっているトレードがはたして期待値の高いトレードなのか分かりません。

 

トレードごとにトレードルールも変わっていては、せっかく勝てたとしても継続して勝てるのかはわかりません。

 

そのようなトレードでは勝ち負けの原因もあやふやなままです。

 

たまたま勝てたのか勝つべくして勝てたのかが分からないままです。

 

また、負けトレードの原因も分からないので同じ過ちを繰り返してしまい、利益が残らない、または損失が増えていくトレードを繰り返してしまう可能性もあります。

 

しかし、トレードルールを作り取引する事で自分のトレードが期待値の高いトレードなのか検証する事ができるようになります。

 

毎回のトレードを検証をする事で勝ち負けの原因を見つける事がきるでしょう。

 

勝ち負けの原因が分かれば改善や対策をすることができます。

改善をして勝率を上げる、もしくはトータルで利益が残るトレードルールを構築していく事ができればFXで稼ぐ事ができるようになるでしょう。

 

FXのトレードルールで必ず決めた方が良い3つのルール

トレードルールでは何を決めれば良いのでしょうか?

トレードルールはトレーダーが100人いれば100種類のルールがあるように、トレーダーごとにルールは異なります。

トレーダー毎に自分にあったマイルールを決めてトレードしています。

例えば、

・トレードする時間帯

・トレードする通貨

・トレードする曜日

・トレード回数

・トレードする前の行動

など様々です。

 

このように多くのトレードルールがありますが必ず決めた方が良い重要なルールは以下の3つだと私は考えます。

エントリーポイント

損切りポイント

利確ポイント

FXの取引では「買い」や「売り」の注文を行う事で取引がスタートし、決済注文を行う事で損益が確定します。

この一連の流れの

・新規注文のタイミング(エントリーポイントとも言う)

・決済注文のタイミング

以上の2つの注文をするタイミングを決める事がトレードルールを作る上で重要になります。

 

FXでは、

・注文を行うことをエントリーまたはポジションを持つといい、

・利益が出ているときに決済することを「利確(利食い)」

・損失が出ているときに決済することを「損切り」と言います。

 

FXの期待値の高いトレードルールを作るには

期待値の高いトレードルールの作り方とは

トレードルールで決める事は

エントリーポイント

損切りポイント

利益確定ポイント

 

最低でもこの3つを決める事がトレードルールでは重要です。

それでは各ポイントについて解説していきます。

 

ルール作り:エントリーポイント

エントリーポイントとは、「買い」や「売り」で注文をするタイミングのことです。

エントリーポイントのルールとは

エントリーの根拠になるものを決める

と言うことです。

 

相場を分析して、チャートの形が『こうなったから「買い」もしくは「売り」』と言ったことを決めます。

 

エントリーポイントはトレードをする上でとても重要です。

 

このエントリーポイントが決まらないことには良いトレードができません。

 

根拠のないトレードでも勝てる事があるかもしれませんが勝ち続ける事はできないでしょう。

 

なぜこの場面でエントリーをしたのか、きちんと説明できるようなエントリーポインをルールとして決めましょう。

 

例えば、

・移動平均線を下に抜けたらエントリー

・トレンドラインを根拠にエントリー

などなど、テクニカル分析を根拠にエントリーポイントを決めるなどです。

 

実際には移動平均線やトレンドライン単体でエントリーポイントを決めるのではなく、複数の根拠を元にルールを作ると良いでしょう。

 

例えば、

『ローソク足がトレンドラインを上に抜け、かつローソク足が移動平均線より上にあるときにエントリーする』

などより具体的に決めれると良いでしょう。

 

このようにエントリーポイントを決めるには、チャート分析ができないことには始まりません。

このブログでもチャートの見方はお伝えしているので是非読んで頂き、あなたのトレードルール作りに活かしてください。

 

ルール作り:損切りポイント

損切りポイントとはとても重要なルールです。

 

損切りとは、それ以上損失を拡大させないために損失の状態で決済をする事です。

 

この損切りルールを守れない事で多くのトレーダーがFXで稼ぐ事が出来ていません。

 

損切りのポイントはエントリーと同時にあらかじめ決める事が大切です。

 

あらかじめ決めておかないと、なかなか損切りができないと言った事が起こります。

損切りができない理由については以下の記事で書いてあるので気になる方はこちらも読んでみてください。

FXでは「損小利大」のトレードが重要。多くの人が「損切り」ができない原因と対処法

 

損切りはエントリーの根拠とセットで決めましょう。

例えば、

移動平均線をローソク足が上に抜いたときににエントリーをしたのなら、損切りは移動平均線より下に戻ってきたときなどです。

このようにトレードの根拠をもとに設定をする事が大切です。

 

損切りの重要性や損切りの仕方については以下の記事でも解説しています。

FXで必須の損切りの考え方と損切りの重要性

 

損切りルールを徹底して守る事がFXで勝つ為には非常に重要です。

 

このルールがブレてしまうと、期待値の高いルールが作れたとしても、損切りができないが為に残るはずの利益が残らないと言った事が起きてしまいます。

 

そのような事にならない為にも損切りのルールは徹底して守るようにしましょう。

 

ルール作り:利益確定ポイント

利益確定ポイントは、利益がどこまで伸びたら決済するのかを決めるポイントです。

 

利益確定ポイントの設定は

・損切りと1対1や1対2(例えば、損失10円に対して利益は20円)のように設定

・エントリーの根拠をもとにここまで伸びるだろうと予測し設定

する人もいます。

 

利益確定のポイントに正解不正解はありません。

 

中にはトレードルールで利益確定のポイントを決めていない人も多くいるようです。

 

トレードをしていると、含み益の状態の時に、まだ伸びるだろうと欲をかき利益確定を先のばす事で、含み益から一転含み損になる事があります。

 

このようなことは多くあります。

そのようなトレードにならない為にもあらかじめ、トレードルールでここまで利益が伸びたら決済すると決めることをオススメします。

 

期待値の高いトレードルールを作るには検証が必要

トレードルールを作ったらそのトレードが期待値の高いトレードルールか検証をする必要があります。

 

FXで稼ぐ為には作ったトレードルールが期待値が高い必要があります。

 

トレードルールを検証する過程でルールを調整したり、改善する必要が出てくる事もあるでしょう。

 

誰でも初めから完璧なルールを作ることはできません。

 

作ったトレードルールを実際のトレードで試して、改善が必要なところは改善する事で、トレードの精度を高めていく事が大切です。

次に、トレードルールを作って実際に稼げるようになるまでのステップについてお伝えしていきます。

 

ここでは、実際にトレードを初めて稼げるようになるまでの一例をイメージしていただければと思います。

1.トレードルールを作る

トレードルールを作る際は、先程お伝えしたように

エントリーポイント

損切りポイント

利確ポイント

を決めるようにしましょう。

 

また、そのほかにも必要があれば追加し、自分オリジナルのマイルールを作成すると良いでしょう。

 

例えば、

・トレードする際はテレビを消し集中する

・お気に入りの音楽をかける

・決まった時間にトレードする

などなど

自分の性格や生活にあった自分オリジナルのマイルールを作ってみましょう。

 

2.作ったトレードルールを実際のトレードで試す・検証する

トレードルールが作れたら実際にトレードをして検証してみましょう。

 

検証する際は以下のような事を意識して行っていてください

・作ったマイルールで利益が残せているのか

・実際にトレードして感じた事

・エントリーして決済するまでの感情の変化

など気づいたことをノートに書くと良いでしょう。

 

例えば、

・含み損を抱えてドキドキしてしまい損切りができなかった

・利益がなくなるのが怖くて早めに利確してしまった

 

など反省点や感情を記録に残しておくと、そのトレードが自分にあっているのかが見えてきます。

 

そうすることで改善や追加が必要なルールが見えてくるでしょう。

 

3.検証結果を元にトレードルールの見直しや改善

実際にトレードを繰り返した結果を見返してみましょう。

利益が出ているのか

それとも損失になっているのか

その原因はなんなのか

エントリーポイントが悪いのか

利確が早いのか

損切りができていないのか

 

などなど色々と原因を探り、改善やルールの追加を行う事でトレードの質をあげ精度を高めていく事が大切です。

 

そのように改善を繰り返していく事で期待値の高いトレードルールが出来上がってくるでしょう。

 

トレードルールについてのまとめ

それでは今回の記事のまとめです。

 

トレードルールの必要性とは

自信を持ったトレードができるようになる

勝ち負けの原因を分析する事ができる

 

トレードルールを決める際に重要な3つのポイント

エントリーポイント

損切りポイント

利確ポイント

 

トレードルールを作って稼げるようになるまでのステップ

1トレードルールを作る

2作ったトレードルールを実際のトレードで試す(検証)

3検証結果を元にトレードルールの見直しや改善

 

今回の記事ではトレードルールについてお伝えしてきました。

 

FXで稼ぐ上でトレードルールを作ることは重要で、FXで稼いでいるトレーダーは必ず自分なりのトレードルールがあります。

 

回数を重ねれば重ねるほど利益が残るトレードルールを『期待値の高いトレード』と言い、そのような「期待値の高いトレードルール」を作ることを目標に日々検証していきましょう。

良いトレードルールは一朝一夕では作れない。日々勉強や検証する事が必要

トレードルールを作るには、チャート分析などのFXについての知識が不可欠です。

 

また、トレードルールを作った後は、そのトレードで本当に利益が出るのか実際にトレードして検証が必要です。

次の記事ではトレードの検証方法について解説しています。

【記事準備中】

実際にトレードをしての検証以外にも方法はいくつかあるので、是非こちらの記事も読みトレードを検証する際の参考にしてください。

FXで稼ぐためには様々な勉強が必要です。

 

一つ一つ学び勉強していく事で、オリジナルのトレードルールを作り上る事ができれば、FXで稼げるようになるでしょう。

FXでは簡単に稼げると言ったイメージを持って始める方もいますが、簡単に稼げるほどFXは甘くありません。

しかし、勉強や実践そして検証を繰り返す事で確実に成長していけるでしょう。

 

途中で諦める事なく地道な努力をする事がFXで稼げるようになるためには必要です。

是非このブログを通じて一緒に成長していけたらと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

 

コメント