FXの3つのトレードスタイル『スキャルピング・デイトレード・スイングトレード』について

FX基本知識

 

 

3つのトレードスタイル『スキャルピング・デイトレード・スイングトレード』

派遣社員をしながらFXに挑戦中のタクトです。

 

本日はFXのトレードスタイルについて

・スキャルピング、デイトレード、スイングトレードとは?

・自分に合ったトレードスタイルを見つける

・スタイルごとの特徴や違い

・スタイルごとに身につけたい知識について

 

以上のようなことを書いていきたいと思います。

 

FXには大きく分けて、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード3種類があります。

 

それぞれの、特徴により取るべき戦略やリスクが異なります。

 

戦略のない、いきあたりばったりのトレードではFXで勝ち続けるのは難しいでしょう。

 

FXをやるからには、しっかりとした戦略の元でトレードは行うべきです。

 

そこで、トレードスタイルについての特徴を学び、自分に合ったトレード方法を選ぶ事で、正しい戦略が取れるようになるでしょう。

 

正しい戦略をとる事でFXの勝率は上がっていくでしょう。

 

トレードスタイルの特徴を知りベストなものを選ぶ

今回の記事を読み、自分に合ったトレードスタイルを見つける事で

・取るべき戦略やスタイルごとのリターンやリスクが把握できる

・優位性のある戦略が取れるようになる

・スタイルごとに合った手法を知る事で必要な知識がわかる

以上のようなメリットがあります。

 

しかし、トレードスタイルが決まらず、曖昧なままだと、

・スタイルごとの戦略やリスクが違う事を理解できないと、エントリーや利確に一貫性がなく利益を出せない

・これからFXを始める際に、自分に合ったトレード方法は何か?

・何を学べば良いのかわからない

などの問題が出てきます。

 

また、自分に合っていないスタイルでFXを初めてしまうと、利益をあげるのは難しいでしょう。

 

それぞれのトレードスタイルの特徴を理解し、あなたに合ったスタイルを見つけてください

 

トレードスタイルによりリスクやリターン、取り組みが異なる

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、3種類のトレードにはそれぞれ特徴があります。

 

トレードスタイルを選ぶ際は、特徴を知り、あなた自身の目的やあなたの性格にあったトレードを身につける事が大切です。

 

トレードスタイルにより、狙う利益や、リスクの範囲が異なります。

 

そのため、あなたの性格や、許容できるリスクについて把握しておかないと、メンタルのコントロールができなくなります

 

FXで勝ち続けるには、メンタルのコントロールが非常に重要になります。

 

その為にも、各トレードスタイルの特徴を理解し、あなたに合ったトレードスタイルでFXを始めるようにしてください。

スキャルピング・デイトレード・スイングトレードの特徴とは

それでは各トレードスタイルの特徴について順番に解説していきます。

 

スキャルピングとは

スキャルピングとは、数秒数分の間にエントリーから決済までを行うトレードスタイルです。

 

1回のトレードでpips~10pipsの幅を狙いトレードを行います。

 

1回あたりのトレードでの損益は少なく、1日に数十回から数百回のトレードを繰り返し行う事で利益を積み上げていくスタイルです。

 

スキャルピングでは、常にチャートを見てチャンスを探してタイミングを見計らい、即決即断できる判断力と決断力が求められます。

 

スキャルピングのメリット・デメリット

メリット

・どんな相場状況でも利益を狙う事ができる

・値幅が狭いので、損失額を抑える事ができる

 

デメリット

・常にチャートを見ていないといけない

・チャートに張り付く

・損失額が抑えられる分得られる利益も少ない

 

スキャルピングでは以上のようなメリット・デメリットがあります。

 

スキャルピングでは1回1回のトレード利益は少ないですが、コツコツと利益を積み上げていく事で稼いでいきます。

 

集中力・判断力・決断力が求められます。

 

デイトレードとは

デイトレードとは、1回のトレードが数十分から数時間のトレードスタイルの事です。

 

1回のトレードで10pips~100pipsを狙い、1日に数回から数十回のトレードを行うスタイルです。

 

デイトレードは多くのトレーダーが行なっているスタイルです。

 

また、デイトレードでは、テクニカル分析が効きやすいという特徴があります。

 

デイトレードのメリット・デメリット

メリット

・チャートに張り付く必要がない

・テクニカル分析が効きやすい

 

デメリット

・狙う利益が大きくなるがリスクも大きくなる

・チャートが気になり集中できない人も

 

スキャルピングよりも狙う値幅が大きいため利益や損失が大きくなります。

 

テクニカル分析が効きやすいので、トレンドが出ている時などは利益を狙いやすいでしょう。

 

スイングトレードとは

スイングトレードとは、1回のトレードが数日から数週間のトレードスタイルの事です。

 

1回のトレードで100pips以上を狙います。

 

トレード回数は少ないですが、1回のトレードで大きな利益を狙います。

 

そのため、スイングトレードでは、トレンドに乗ったトレードが必要になります。

 

スイングトレードのメリット・デメリット

メリット

・チャートにはりつく必要がない

 

デメリット

・トレンドが出ていないとトレードできない

 

スイングトレードでは、1回のトレードの損益がスキャルピングや、デイトレード比べ大きくなります。

 

そのため、余剰資金元手が少ないと、1回のトレードの負けでFXができなくなってしまうというリスクもあります

 

スキャルピング・デイトレード・スイングトレード各スタイルの押さえておきたいポイント

次に各スタイルのポイントについて解説していきます。

 

スキャルピングをする際のポイント

FX会社の選び方

スキャルピングでは1回のトレードでの値幅が狭い為、1回1回の取引コストが大切になってきます。

 

FXでの取引コストとは『スプレッド』です。

 

以下の記事の中でもスプレッドについて詳しく解説しています⬇︎

FX口座の選び方と必要な3つの知識

 

スプレッドとは手数料のようなものです。

 

この『スプレッドが高い』とスキャルピングで稼いで行くのは難しくなります

 

スキャルピングを行う際は、スプレッドの低いFX会社を選ぶようにしましょう。

 

また、FX会社によっては「スキャルピング」を禁止しているFX会社もあるので、注意が必要です。

 

狙う通貨ペアドル円・ユーロ円など

 

狙う通貨ペアは、ボラティリティが大きくスプレッドの狭い通貨でトレードするのが良いでしょう。

 

ボラティリティーとは、値幅の動きがあるという事です。

 

また、スプレッドの広さも重要です。

 

1日に全く動かない通貨スプレッドの広い通貨は選ばないようにしましょう。

 

必要な勉強や学び

スキャルピングでは、テクニカル分析が重要になります。

 

スキャルピングでは、数秒から数分でエントリーから決済を行うので、特にローソク足の形は覚えた方が良いでしょう。

 

デイトレードをする際のポイント

FX会社の選び方

スキャルピングと同様、デイトレードもスプレッドの狭いFX会社を選ぶと良いでしょう。

 

デイトレードでも取引コストが大切になってきます。

 

デイトレードではテクニカル分析が効きやすいと言った特徴があるので、他にもチャートが使いやすく見やすいFX会社も選ぶ際のポイントになります。

 

狙う通貨ペア…ドル円・ユーロ円・ポンド円。ユーロドルなど

 

スキャルピング同様、ボラティリティが大きくスプレッドの狭い通貨でトレードするのが良いでしょう。

 

ボラティリティーがあれば、多少はスプレッドが広くても問題ないですが、狭いにこした事はありません。

 

また、通貨によって値動きの特徴が異なります。

 

その為、色々な通貨の動きを見て自分のトレードスタイル(手法)にあった通貨ペアを選ぶと良いでしょう。

 

必要な勉強や学び

デイトレードでは、ファンダメンタルズ分析も大切ですが、特にテクニカル分析が重要になります。

 

その為、テクニカル分析を学び自分の得意なチャートパターンを作れるようになると良いでしょう。

 

また、FXには数種類の注文方法があります。

 

その注文方法を駆使する事で、チャートに張り付かなくてもトレードできるので、注文方法などの基本的な知識も身につけるようにしましょう。

 

スイングトレードをする際のポイント

FX会社の選び方

スプレッドは他のトレードスタイルよりは重要ではありませんが、狭いにい越したことはありません。

 

長期で保有をするのであれば、スプレッドより「スワップポイント」重視で良いでしょう。

 

スワップポイントとは通貨ごとの金利差で得ることができる利益の事です。

 

詳しくはこちらの記事で書いてますので、合わせて読んで見てください。

FXでどうやって稼ぐのか?FXで得られる2種類の利益について

 

狙う通貨ペア…ドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドルなど

トレンドが出ている通貨を狙うことが重要です。

 

逆にトレンドが出ていないときは、トレードできません。

 

必要な勉強や学び

テクニカル分析も重要ですがファンダメンタルズ分析も重要になります。

 

特にスイングトレードではトレンドに乗る事で大きな利益を狙うので、トレンドを見極めれるよう勉強する事が大切です。

 

 

 

 

どのトレードスタイルにも共通する絶対にやってはいけない行動

これまで各スタイルについてお伝えしてきましたが、絶対にやっては行けない行動があります。

 

それは、スタイルを崩す事です。

 

スタイルを崩すとは、

例えば、

スキャルピングで1pips~10pipsを狙ってエントリーしたにも関わらず、損失方向に行ったからといって、決済を送らせてデイトレードに切り替える

と言った行動です。

 

損失方向に行ったからもっと利益を伸ばせそうだからなどの理由で、損切りや利確を遅らせては行けません。

 

エントリーの判断スキャルピング。しかし、決済はデイトレード

 

など、値動きの方向によって「エントリーと決済」を都合よく変えては絶対に行けません。

 

そのようなブレたトレードでは、一次的には利益が上がったとしても、FXで勝ち続ける事は絶対にできません。

 

FXではいかに決めたルール通りにトレードを行うかが大切です。

 

自分の決めたルールを守れないようでは絶対にFXで勝ち続けることはできません。

 

重要なのは、トレードスタイルを決め自分の勝ちパターンを作り上げることです。

 

目先の損益で、トレードがブレていては自分の得意な勝ちパターンを作る事は出来ません。

 

トレードスタイルを決めたら、自分の勝ちパターンを作れるよう何度も検証することが大切です。

 

ブレたトレードでは何の検証にもなりません。

 

FXを始める際は、長期的な目線で、勝てるような手法を作り上げる気持ちで始めると良いでしょう。

 

3つのトレードスタイルのまとめ

それでは、本日の記事のまとめです。

 

トレードスタイルには大きく分けて以下の3種類があります。

・スキャルピング

・デイトレード

・スイングトレード

 

スキャルピングとは、

・数秒や数分の間にでエントリーから決済までを行うトレードスタイル

・1日に数十回から数百回のトレードを行う

・1回のトレードで狙う幅は1pips~10pips

・取引コストが重要の為、スプレッドの低いFX会社を選ぶとよい

・決断力が大事で少しでも決断が遅れると利益を逃し損失になる

・テクニカル分析重視。特にローソク足の形が重要

 

デイトレードとは、

・1回のトレードが数十分から数時間のトレード

・1日に数回から数十回トレードを行う

・1回のトレードで狙う幅は10pips~100pips

・スプレットが狭く、チャートが見やすく使いやすいFX会社が良い

・ファンダメンタルズ分析も大切だが特にテクニカル分析が重要

・テクニカル分析を学び自分の得意なチャートパターンを作れるようになると良い

 

スイングトレードとは

・1回のトレードが数日から数週間のトレード

・1回あたりのトレードで狙う幅は100pips以上

・トレード回数が少ない分1回あたりのトレードで大きな利益を狙うのが特徴

・テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析共に重要

・トレンドに乗る事が重要なので、トレンドを見極めれるよう勉強する

 

 

各トレードスタイルの特徴を理解して、自分に合うトレードスタイルを見つけていくことが大切です。

 

また、エントリーと決済トレードスタイルを変えるのは絶対ダメです。

 

都合よく利確と損切りを先延ばしにしたりはやめたりしていては、一次的に利益が上がっても、長期的に見て勝ち続ける事はできません。

 

エントリーから決済まで一貫する事が大切。

 

その為にも、トレードスタイルに合わせ、自分なりの勝ちパターンを作る事が大切です。

 

各トレードを実際のトレードで試してみる事で向き不向きを見極める

トレードスタイルは、自分の性格や取れるリスクを考え決めると良いでしょう。

 

また、スタイルが決まったら、必要な知識を学んでいき、実際のトレードで試し分析しましょう。

 

分析を繰り返し行う事で、自分なりの勝てるパターンを作り上げる事が大切です。

次の記事では、テクニカル分析の基本でもある「移動平均線」について書いています。

 

移動平均線はどのトレードスタイルでも重要です。

 

是非次の記事も読んでください。

FXトレード移動平均線の種類と見方『ゴールデンクロスとデッドクロス』について

 

FXは10人いれば10通りの取り組み方がある

FXにはスタイルにより特徴が異なります。

 

チャートをじっくり見て短い時間の間にトレードを繰り返しコツコツ利益を積み上げるのか、

 

また、1日の中で自分の勝てるパターンの時だけトレードをして利益を狙うのか

 

または、長い時間をかけ大きな利益を狙うのか

 

どのパターンでも、自分に合ったスタイルや勝ちパターンを見つける事ができれば、FXで稼ぐ事ができます。

自分に合ったスタイルを見つけるには実際にチャレンジするのが一番の近道です。

 

ただ、ブログや本を読むだけではFXで稼げるようにはなりません。

実際に、ブログや本で得た知識を実践する事で、学んだ事が身につきます。

 

トレードスタイルを選ぶ際は、実際に3種類のトレードを3つとも試してもいいですし、自分が挑戦したいものを試すのもいいでしょう。

 

実際に試した中で自分に合ったスタイルを見つけていく事が大切だと思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

少しでも、副業やFXに興味があり、また私の考えに共感できる部分などあれば是非このブログをブックマークし覗きに来て下さい。

 

また、ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

 

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

 

タクト

 

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

FX基本知識
スポンサーリンク
yuta.1525をフォローする
知識もお金もない派遣社員が副業で投資をやってみた

コメント