FXチャート分析に活用トレンド系のインジケーター

FX基本知識

 

 

FXに挑戦中のタクトです。

 

今回の記事ではテクニカル分析に使われる「トレンド系」のインジケーターについて解説していきます。

 

インジケーターてなに?という方は以下の記事で詳しく解説しています

FXチャート分析の基本『インジケーター」とは

 

インジケーターは、トレードする際に非常に役立つツールです。

 

中でもトレンド系のインジケーターでは、トレンドが出ている時に大きく効果をはっきするツールです。

 

今回の記事では

トレンド系のインジケーターとは

トレンド系インジケーターの種類

について解説していきます.

 

 

相場の格言に「トレンド イズ フレンド」というものがあります。

 

トレンドは最大の友達、トレンドと仲良くすると儲ける事ができるといった意味です。

 

トレンドでは大きく利益をあげるチャンスがあるので、「トレンド系」のインジケーターを活用してしっかりと利益を取れるようになりましょう。

 

トレンド相場ではFXで利益を上げるチャンス!

FXでは未来の価格の値動きを予想し、これから価格が上がるのか?それとも下がるのか?を当てなくては稼ぐ事が出来ません。

 

しかし、ただチャートを見ただけでは価格の予想は出来ません。

 

またトレンド相場では稼ぎやすいとはいっても、

現在はトレンドが発生しているのか?

トレンドは終わりそうなのか?

次にトレンドが発生するタイミングは?

など判断がつかないと言った事が起こります。

そこで、トレンド系のインジケーターを使う事でトレンドの状況を把握できるようになります。

 

これから価格が上がりやすいのか下がりやすいのか?を判断する際の判断材料にする事が出来ます。

 

FXで短期的に稼いでいくにはテクニカル分析を使いこなすことは必須です。

インジケーターの種類はかなり多く、それぞれ使用用途が異なるため、使い方を理解していないと、大きな損失につながります。

今回の記事で「トレンド系」のインジケーターについて学び、トレード活かせるようになりましょう。

トレンド系のインジケーターとは

トレンド系のインジケーターでは、現在の相場が、

トレンドが発生しているのか?

トレンドの勢いはどのくらいあるのか?

押し目や戻り目の反発ポイントはどこか?

を分析する時に使われます。

 

FXではトレンドが発生しているときはトレードで利益を上げやすいので、トレンド系のインジケーターで示される売買サインにそってトレードをすると良いでしょう。

 

トレンドにそって売買する方法を「トレンドフォロー」といいます。

トレンドフォローでは、

上昇トレンドなら「買い」

下降トレンドなら「売り」

でトレードを行います。

トレンド系のインジケーターの特徴とは

トレンド系のインジケーターは以下のような特徴があります。

・トレンド相場と相性が良い

・レンジ相場に弱い

・順張りのトレード向き

トレンドが出ている時にはしっかりとサインが出るのでわかりやすいのですが、レンジ相場のように価格がもみ合っている時には売買サインが頻繁にでてします。

 

そのようなレンジ相場の時に、売買サインにしたがってトレードをしてしまうと、大きな損失につながることもあります。

 

トレンド系のインジケーターの種類には以下のようなツールがあります。

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・一目均衡表

トレンド系インジケーターの代表3つを紹介

次にそれぞれのツールについて紹介していきます。

トレンド系のインジケーター:移動平均線

移動平均線とは、一定期間の終値の平均をつなぎ合わせ線にしたものです。

移動平均線では平均を出す期間によって「短期線」「中期線」「長期戦」と使い分ける事が出来ます。

 

また有名の売買サインに「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」と言われるものがあります。

 

「短期線」「中期線」が交わったところで出る売買サインです。

ゴールデンクロス買いサインデッドクロス売りサインです。

 

移動平均線については以下の記事でもの詳しく解説しているので是非読んでみてください

FXトレード移動平均線の種類と見方『ゴールデンクロスとデッドクロス』について

トレンド系のインジケーター:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは価格の勢いの変化反転の目安方向を見る際に使われます。

 

上昇トレンドや下降トレンドの始まりが分かり、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」の判断もしやすいツールです。

 

価格は「買われ過ぎ」と判断されると「下がり」、「売られ過ぎ」と判断されると「上がる」性質があります。

ボリンジャーバンドは図のように7本の線で表されます。

 

中心の線が、「移動平均線」です。

その隣にある上下の線が±σ(シグマ)、その次の線が±σ、一番外側の線が±σと並んでいます。

 

また、価格の動きは以下のような確率で各ラインの内側に収まると言われています。

±σ 68.27%

±σ /95.45%

±σ/99.73%

±σ の中で95.45%の確率で価格が推移されると予想されています。

 

そのため、±σの線を価格が超えた場合は価格が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」と判断され、価格が戻って行くと予想されます。

 

トレンド系のインジケーター:一目均衡表

一目均衡表とはその名の通り「ひと目で売り手と買い手の均衡値がわかる」と言った表です。

 

相場は「売り手」と「買い手」のバランスが崩れた方向へ動き、その流れは続くといった考え方です。

 

相場の「売り手」と「買い手」のバランス(パワーバランス)を見て、「いつ相場が変化するのか」「いつ目標値が達成されるのか」など、時間軸を重視して相場の動向を予測します。

一目均衡表は5つの線で形成されます

・転換線

・基準線

・遅行スパン

・先行スパン1

・先行スパン2

 

一目均衡表ではこの5つの線ローソク足の動きで総合的に今後の値動きを予測します。

 

一目均衡表の買いサイン

・転換線が基準線を上に抜けたとき

・遅行スパンがローソク足を上に抜けたとき

・ローソク足が転換線を上に抜けた時

 

一目均衡表の売りサイン

・換線が基準線を下に抜けたとき

・遅行スパンがローソク足を下に抜けたとき

・ローソク足が転換線を下に抜けた時

 

それぞれ、3つが揃うとさらに強い売買サインとなります。

 

今回は簡単に3つのトレンド系のツールについて紹介しました。

 

今回はツールについて簡単に紹介しただけなので、この通りに売買しただけで勝てるわけではありませんのでご注意ください。

 

ここでは、こんなツールがあるよといった紹介なので、あくまで一例として覚えていただければと思います。

 

今回は3つトレンド系のツールについて紹介しましたが、この3つ以外に多くのトレンド系のツールがあります。

 

それぞれのツールには強みや弱みなどあるので、あなたが使いやすいと思うツールを見つけて活用しただければと思います。

トレンド系のインジケーターを使う際の注意点

次にインジケーターを使う際の注意点について解説していきます。

注意点は以下の3つです

・トレンド系のツールはレンジに弱い

・たくさんのインジケーターを表示させない

・インジケーターを使えば100%勝てるわけではない

それぞれについて解説していきます。

 

トレンド系のツールはレンジに弱い

トレンド系のツールの特徴としてレンジ相場に弱いといった特徴があります。

 

トレンド系のツールでは、レンジ相場の時に頻繁に売買サインが出てしまう事があります。

 

例えば移動平均線の売買サインである「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」はレンジ相場では頻繁に現れます。

このようような時にサインに従い売買していては、利益は伸ばせず稼ぐことは難しいでしょう。

 

このような時には、売買サインが出ても様子を見る事が必要になります。

 

たくさんのインジケーターを表示させない

インジケーターを使うことで売買のタイミングを計ることができます。

 

だからといって多くの種類のインジケーターを同時にチャートに表示させてしまうと、売買のタイミンぐどころか、何がなんだかわかりません。

上の画像のようにあれもこれもインジケーターを表示させていては、チャートが見づらく、何を判断してトレードすれば良いのか分からなくなります。

 

インジケーターには色々の種類があり、それぞれ異なるサインが出ることもあります

 

あのインジケーターでは買いサインが出ているけど、このインジケーターでは様子見のサインが出ているなどなど。

 

そのようなチャートでは、どこでエントリーをするのか迷いが出てしまいます。

 

トレードに迷いが出てしまうとエントリーができなくなってしまいます。

 

また、そのような中でエントリーをしてしまうと、利益確定のタイミングや損切りなどのタイミングもどこで行えば良いのかわかりません。

 

迷った挙句とんでもないトレードをしてしまい。

 

結果何がしたかったのか分からないまま負けトレードを行ってしまう事になります。

 

インジケーターを使う際はどれかに絞り使うようにしましょう。

 

インジケーターを使えば100%勝てるわけではない

インジケーターを100%信じてトレードすれば絶対に勝てる訳ではありません。

 

インジケーターはあくまで、過去の値動きから未来を予測するためのツールであり、100%当てるためのものではありません。

 

誰も分からない未来の相場の中でも、「買い」と「売り」どちらに優位性があるかを見つけるための1つの判断材料として使うものです。

 

優位性があると判断した方向にトレードすることで、1回1回のトレードで負けることはあってもトータルで勝つことができれば利益が出ます。

 

このように相場の中での優位性を見つけ勝率を上げることができれば、FXで稼げるようになるでしょう。

トレンド系インジケーターのまとめ

それでは本日の記事のまとめです。

 

トレンド系のインジケーターとは

・トレンド相場と相性が良い

・レンジ相場に弱い

・順張りのトレード向き

 

トレンド系のツールを使う際の注意点

・トレンド系のツールはレンジに弱い

・たくさんのインジケーターを表示させない

・インジケーターを使えば100%勝てるわけではない

 

FXでは価格の予測をするのに役立つインジケーターが多く用意されています。

 

しかし、それぞれのインジケーターの特徴や使い方を理解できていなければ、せっかくのツールも役に立ちません。

 

FXの難しいところは、ツールの売買サインに従ってれば勝てるわけではないという事です。

 

また、トレーダーによってもツールの使い方や読み取り方が異なります。

 

それに正解不正解はありません。

 

しかし、各ツールの基本や特徴を理解した上で、オリジナルの手法を見つけるのと、何もわからずに解釈するのでは大きく異なります。

 

FXで利益を上げていくには、ツールを活用し自分なりのトレードを確立させていくことが大切です。

今回の記事ではトレンド系のツールにいて解説していきました。

 

トレンド相場には効果を発揮できる反面、レンジ相場では効果が出ない側面があります。

 

次の記事ではレンジ相場に効果を発揮する「オシレーター系」について解説しているので、是非こちらの記事も合わせて読んでみてください。

FXチャート分析で使えるオシレーター系のインジケーターとは

 

FXでは誰もわからない未来の価格を予想しなければなりません。

 

何も判断材料がないままでは、ただのギャンブルと同じです。

 

しかし、インジケーターといった便利なツールを活用する事で、価格が「上がるか」「下がるか」のどちらに優位性があるのかを見つける判断材料になります。

 

何も根拠のないトレードはギャンブルと同じですが、しっかりと根拠を持って優位性の高いトレードができれば投資になります。

 

ギャンブルではなくお金を増やすための投資としてFXに取り組むためにも、ツールを使いこなせるようになりましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見やご感想、FXについて一緒に勉強したい、またはご教授などありましたらこちらからお願いいたします。

一緒に学び成長して行きたいと願っています。

あなたからのメッセージを心からお待ちしております。

タクト

コメント